生活雑感

痛風には【しじみ】痛風改善はプリン体を分解する肝臓の働き!!しじみの貝殻粉末が肝臓に抜群の効果【しじみん】

痛風には【しじみ】痛風改善はプリン体を分解する肝臓の働き!!しじみの貝殻粉末が肝臓に抜群の効果【しじみん】

贅沢病とも呼ばれる痛風はどんな病気なのか、それに伴う痛みや症状、改善法などについて考えてみましょう。


通風予防・改善ならしじみんがオススメ

しじみんの口コミ詳細はコチラ




痛風とは

まず、痛風とはどんなものなのかというと、
体内に尿酸が溜まり過ぎることによってそれが体内で結晶となり関節などが傷む病気のことを指します。



痛風とは

痛風の痛み・症状

痛風の痛みは、ある日突然に足の親指の付け根が猛烈な激痛に襲われて1~2時間経過すると足の甲がパンパンに膨れ上がりこの状態となると風が吹く程度のわずかな感触でも傷むとされています。

痛風の症状としては大きく分けて3段階で進むとされており、痛風が起こる前の無症候性高尿酸血症期を経て急性痛風発作期慢性結節性痛風期へと進んでいくとされています。



痛風の原因

では、痛風の原因としては具体的にどんなことが考えられるのでしょうか。

痛風の原因となる尿酸は、体内の新陳代謝によって生成される産生物であり、通常は産生された尿酸はほぼ同量が体外へと排出されていくのですが何らかの理由でその排泄がスムーズにいかないと高尿酸血症となることで血液中で溶けきれなくなった尿酸が関節で結晶化して、痛みを発することにつながるとされています。

尿酸値が高くなる原因としては、前述したような不規則な生活や食生活、アルコールの摂取やストレスが関係しているとされており、一昔前まではプリン体が多い食べ物を食べ過ぎることで尿酸値が高くなり痛風となると言われていましたが最近では食べ物に左右されることは少ないとされているようです。


痛風の原因

痛風と肝臓の働きの関係

痛風に大きく関係がある臓器として肝臓の働きが挙げられますが、どのような関係があるかご存知でしょうか。

肝臓は人間の体の中でも非常に大きな臓器であり、消化や代謝、排出や解毒など様々な働きをしていますが、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事をしている分には肝臓の正常に働いているとされています。

しかし、暴飲暴食やアルコールの多量摂取など肝臓に負担のかかることばかりをしていることで代謝や消化、解毒など様々な働きをしている肝臓が疲弊してしまい、体の環境を一定のリズムに保つことができなくなり結果的に尿酸が上手に排出できなくなり、結果的に痛風の発症へとつながることが考えられます。




プリン体を分解する肝臓

そもそも痛風の原因となる尿酸は何なのかというと、肝臓がプリン体を分解したときに出る物質です。

基本的には尿酸は尿と一緒に体外に排出されるのですが、肝臓の働きが弱まったり分解したところで尿酸が体外に排出されずに血液中に溜まってしまうことになると、身体はできるだけ体内の尿酸を減らそうとして今度は腎臓が尿と一緒に尿酸を排出しようと働くようになります。

しかし、腎臓の主な働きは血液をろ過して老廃物や有害物質だけを尿と一緒に体外に排出する役目をしているために、「尿酸を排出する」という他の仕事ができてしまうことで本来の働きがおろそかになり腎臓に負担がかかってしまうことになるのです。

腎臓に負担がかかり過ぎてしまうと本来の尿を排出するという働きがうまくコントロールできなくなり、慢性腎臓病を引き起こしてそれが悪化すると人工透析が必要となる可能性が出てくるのです。

つまり、尿酸が体外に上手に排出できないということは痛風になるだけでなく腎臓の働きまでおかしくしてしまうことにもつながるのです。



肝臓の働きをよくすること

痛風にならないようにするためには、肝臓の働きを良くすることが大切と言えますが、どんなことが肝臓の働きを良くすることにつながるのかというと、肝臓の働きを妨げないような生活習慣をすることも重要です。

アルコールの摂取を控えて暴飲暴食をせずに適度な運動をするように心がける他に、肝臓の働きを良くする食べ物を摂取していくことも大事だと言えます。

肝臓の働きを良くするのに必要な栄養素と言えばアミノ酸を摂取していくのが良いとされており理想的な食べ物としてはしじみが良いとされています。




肝臓にはしじみ+貝殻

肝臓にはしじみが良いとはよく言われていますが、それにはしじみが肝臓の働きをサポートしてくれることが関係しています。


肝臓にはしじみ

肝臓としじみの関係

肝臓は体内にアルコールが入るとそれをアセトアルデヒドという有害物質に分解しますが、しじみにはそのアセトアルデヒドの分解を助けて肝臓細胞のダメージを防ぐ効果があるとされています。

加えて、肝臓のアミノ酸の働きをより良くすることから肝臓の働きを良くすることにもつながるのです。

その他にも、しじみにはオルチニンというアミノ酸の一種も含まれていることから肝臓の働きを良くして通風を発症させないようにするためにはしじみを積極的に食べていくのが良いと言えます。



しじみの貝殻粉末がいい訳

ただ、しじみの身だけを食べているよりも貝殻粉末もプラスするのが良いとされていますが、その理由はどんなことなのかご存知でしょうか。

しじみの貝殻の成分は炭酸カルシウムであり、シジミの貝殻を焼いたものは昔から肝臓に良いと言われているため、しじみの身だけでなく貝殻も一緒に摂取していくのが良いとされているのです。
貝殻粉末には

  • 傷んだ肝細胞を修復し、肝機能の低下を判断するγ-GTPやAST、ALTなどの数値を正常化する
  • 脂質の代謝能力を上げ、脂肪肝、中性脂肪、コレステロールを改善
  • 尿酸を排出し、尿酸値改善
  • 血圧中のナトリウムを排出し高血圧を予防・改善する
にも効果があるといわれています。




しじみの摂取は、貝殻ごとサプリにした”しじみん”がおすすめ!

現在しじみ系のサプリメントの中で注目されているのがはつらつ堂のしじみんです。

しじみ系のサプリメントは肝臓を強化、維持向上させるオルニチンが有名ですが、しじみんは貝殻までまるまる摂取することができるので大変おすすめとなります。


しじみん >>しじみん公式サイトへ
https://www.hatsuratsudo.co.jp


しじみんとは

3つに分けて説明すると
しじみんとは
青森県の十三湖でとれたしじみをエキスにしたもので、アミノ酸やカルシウム、亜鉛など栄養豊富なサプリメントであり、特に注目すべき点はしじみの貝の栄養まで摂取できるということです。

しじみ貝殻を410度から580度で焼くと、カルサイトになります。



カルサイトとは

カルサイトとはしじみの貝殻をそうして燃焼させて粉末にしたもので、近年の研究結果により、健康維持と肝臓のサポートにとても役立つと考えられています。

このカルサイトはカルシウムも豊富に含まれています。

カルサイト
骨は加齢により弱くなっていきますので、肝臓だけでなく骨の健康を気にしている人にもおすすめとなります。

カルサイトが含まれているしじみ系のサプリメントははつらつ堂だけになります。

そしてカルサイトだけではなく有名なオルニチンも含まれていますので、より健康維持の期待ができます。

カルサイト+オルニチンの組み合わせは注目するべき点であり、健康についての強力なサポートや効果が期待できます。

それにプラス、しじみんには海藻であるツルアラメが含まれています。

ツルアラメはヨードやアルギン酸を豊富に含んでいるので、他の健康が気になるかたにもおすすめとなります。

なにより青森の厳しい海で獲れたしじみですので栄養は抜群で安全性にもこだわっていますので、安心して続けることができます。肝臓や健康が気になるかたは一度試してみることをおすすめします。


>>>> しじみん公式サイトへ


”しじみん”の口コミ

”しじみん”の口コミ

疲れなくなった、二日酔いがなくなった

私はお酒、特にビールが大好きで肝臓が気になっていました。

また、そのせいで痛風の気もあったのでサプリメント「しじみん」を飲み始めました

しじみんを続けてしばらくすると、なんとなく体が疲れにくくなったように感じました。
また、たくさんお酒を飲んだ翌朝もスッキリ目覚めることができ、二日酔いとは無縁になりました。
肝臓の健康をサポートできる上に毎日元気に過ごせるなんてとても嬉しいです。これからも続けたいと思います。
口コミの続きを読む



肝機能の数値が痛風改善の近道

痛風になってしまい肝機能の低下も気になってしじみんを飲み始めたのですが、飲み始めてすぐに朝すっきりと起きられるようになり、体の痛みも幾分楽になったように感じました。
それからも3ヵ月ほど飲み続けていると、あんなに痛くて動けないほどだった体が嘘のように動き回れるようになり、気になっていた肝機能の数値も改善されていました。
これからも食生活に気をつけるとともに、しじみんを飲み続けていつまでも元気でいたいと思います



痛み止めが不必要になりました

若いころは健康なんて気にもせずに、食べたいだけ食べて、飲みたいだけ飲んできました。
そのせいか、ある日足に激痛が走り、病院に行ったところ痛風とのこと。
痛みで動けないし、好きなものも食べられないと悩んでいたときにみつけたのが、しじみんです
しじみが体にいいことは知っていましたが、そのしじみを殻ごと使っているのならきっと効果があると思い、すぐに注文しました。
思った通り、飲み始めてからは痛風の発作もなくなり、元気な毎日を過ごせています。
しじみん公式サイトはこちら



疲れが取れやすくなった

若い頃からお酒を浴びるほど飲んでいたので、年齢を重ねるごとに痛風の症状が気になり始め、早めの対策をしておこうと友人にすすめられたしじみんを飲み始めることにしました
意外とまったくくせがなく飲みやすいサプリメントで飲み始めた1週間後くらいには、疲れが取れやすくなって体が軽くなったように感じました。
また、心配していた痛風の症状も予防することができているようなので、これからも飲み続けていきたいと思います。



しじみんで二日酔いが減りました

普段からお酒を良く飲むため、しじみんを試しに飲んでみました
効果は飲んだ翌日の朝に実感できました
いつも沢山お酒を飲んだ翌日はなかなかすっきり目覚められず、布団から起き上がることも辛かったのですが、しじみんを飲んで寝た翌日目が覚めた瞬間から何だか気分が晴れやかで、布団からすっと出ることができました。
しじみんを飲み始めてから二日酔いすることも減りました

痛風対策にもなるようなので、これからも続けていきたいです



お酒が好きにはしじみん!

しじみが健康に良いというのは知っていましたが、その反面痛風にならないように尿酸値をなるべく上げないようにしたくて積極的には貝類を摂るのは控えていました。

でも、尿酸値を上げるプリン体を含まないサプリメントのしじみんは痛風を心配することが不要という事を知ったのです
そうなったら何の躊躇もなく、しじみんが摂ることができました
お酒が好きなこともあり翌朝の目覚めもすっきりと自分でも活動的になって、その上、痛風の不安もありません。
他の体験談はこちら



血糖値の数値も改善

血糖値が高く、医者からは痛風になる可能性もあると言われてしまいました。
食事改善とともに、私が試したのはしじみんです
普段はしじみを食べる機会がほとんどないのですが、サプリメントの場合は毎日無理なく続けられるのが良いと思いました。
少しだけしじみの味がしますが、飲みにくさなどは全くありません。
食生活の見直しとしじみんを続けた結果、次に受けた健康診断では血糖値の数値が改善されていたのです。
まだ正常値よりも高めではありますが、その効果の高さには驚かされました



しじみんで毎朝の目覚めがよくなった

仕事上のお付き合いで、贅沢な物を飲んだり食べたりする事が多く、中年になって気がついたら痛風になっていました。
痛風には、「しじみ」のエキスがいいと聞き、しじみ汁を毎日飲もうとしましたが、作るのが手間で仕方ありません。
そこで、会社の上司に「しじみん」を紹介してもらいました
粒状になっているじじみエキスのサプリメントで、毎日簡単に飲むことができます。

その結果、痛風の症状が和らぎました。
妻も一緒に飲んでいるのですが、毎朝の目覚めがよくなったそうです。
続きはこちら



疲労感がなくなったのは肝臓がよくなったからかも

突然痛風になったのがきっかけで、しじみんを飲み始めました

しじみが体に良い事は知っていましたが、普段の食事ではなかなか食べる機会がないので、サプリメントで毎日摂取出来るのは便利だと感じました。

最初はあまり変化が感じられなかったのですが、続けていくと、だんだん体が軽くなってきたように感じます。

前日の疲労感を残す事なく、朝からテキパキと動けるようになりました。妻からも「顔色が良くなってきた」と言われ、今後も健康のためにずっと飲み続けていきたいサプリメントです。



しじみんと食生活で

私は尿酸値の数値が高く、足の指が腫れて痛みが強いので、病院に行くと痛風だと診断されました。

普段の生活では、プリン体を多く含んでいるえびやかに、ビールなどのアルコールを控えています。
病院での治療では、内服薬による治療が中心になっており、毎日服用を続けていると、少しずつ改善してきました。
食生活を見直して、和食中心の食生活を心掛けたり、禁煙をするようにしています。痛風の症状は大変辛いので、再発を防ぐために、薬は飲み忘れを防ぐようにしています。







ダイエット・美容・健康・レシピ・節約術など、快適な暮らしに役立つ情報満載!


生活に役立つ情報マガジン

Return Top