生活♡雑間

花粉と頭皮のかゆみ・フケの関係を大研究!花粉症からくる頭皮のかゆみ・フケ・抜け毛の原因・改善策

花粉と頭皮のかゆみ・フケの関係を大研究!花粉症からくる頭皮のかゆみ・フケ・抜け毛の原因・改善策

花粉症とは?
現在、日本人の約25パーセントは花粉症にかかっているといわれています。

それでは花粉症とはいったいどのような病気なのでしょうか。

花粉症とは、杉やヒノキなどの植物の花粉が原因となり、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎ともよばれています。




花粉の頭皮の悩みなら育毛剤選びがポイント

男性・女性用の育毛剤の口コミ詳細はコチラ




花粉症とは

花粉症の原因と症状

それでは花粉症の原因はどのようなことなのでしょうか。

人間の体には、体内に侵入しようとした外敵を取り除こうとする働きが備わっています。

例えをあげてみると、鼻水で洗い流そうとしたり、くしゃみや咳によって外に吹き飛ばそうとしたりする働きが該当します。

花粉症の原因としては、花粉が体内に侵入すると、これらの働きが過剰な反応を引き起こします。

花粉症の原因は、体内に侵入した花粉を外敵と判断し、過敏に反応するために引き起こされるのです。

主な症状としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの三大症状に加え、目のかゆみなどの症状もあげられます。

これらの症状は風邪と症状が似ているため、判断しにくい部分でもあります。

風邪と大きく異なる症状としては、くしゃみが連続して出たり、透明で水のような鼻水、頑固な鼻づまり、目のかゆみなどがあげられます。

これらの症状が同時に出た場合には、花粉症の可能性が高いと言えるでしょう。





花粉と頭皮の関係

花粉と聞くと鼻水やくしゃみなどの症状をイメージしますが、実は花粉によって頭皮のかゆみが発生する場合もあります。

これは体内でアレルギー症状を引き起こす抗体が生成されることにより、血液の流れで全身を巡ることから、体内の調子が変わることが原因となっています。

アレルゲンが体内に存在していると、様々な場所でかゆみを引き起こしやすくなり、頭皮にもその影響が出てくるのです。




花粉 フケ

花粉症によって頭皮に及ぼす影響

花粉症によって頭皮に及ぼす影響としては、まずは頭皮のかゆみ、そして頭皮の炎症が考えられます。

頭皮は雑菌が繁殖しやすい環境にあるため、皮膚表面に湿疹が出やすくなります。

この湿疹がかゆみとして認識されることがあるのです。

頭皮が炎症を起こすと、もちろん毛根にも影響があらわれ、薄毛や抜け毛の原因にもつながる可能性も十分にあります。

もしもかゆみを感じた場合に、かいて炎症はNGです。

爪などでかくことで頭皮が傷つき、炎症を起こしてしまうと、その炎症を修復するためにフケが大量に発生してしまいます。

さらに傷口に雑菌が繁殖する原因となってしまいます。





頭皮の花粉予防策

花粉症からくる頭皮のかゆみや炎症を改善、予防するためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。





帰宅後花粉を落とす

外出後の帰宅は花粉が全身についている状態です。

帰宅後花粉を落とすことを忘れずに行いましょう。

花粉が飛散する時期には、帰宅後に洋服の花粉を取り除くために、手で花粉を払ったり、ブラシをかける人も多いでしょう。

洋服と同様に、帰宅したら頭皮についた花粉を取り除くために、ブラッシングをすることが重要です。




髪を優しく洗う

そして髪の毛を洗う時には、花粉が付いているかもしれないと、シャンプーをしっかり行う人もいるでしょう。

しかしあまり念入りにやる必要はありません。

花粉を取り除こうと、髪の毛を洗い過ぎてしまうと、頭皮の皮脂を落とし過ぎて逆効果になる場合もあります。

洗い過ぎによって皮脂を落とし過ぎてしまうと、頭皮は乾燥した状態になってしまいます。

普段通り、優しく洗う程度で大丈夫なので、すすぎ残しがないように、しっかりとすすぎを行うようにしましょう。

仕事から帰宅した際に、疲れてそのまま寝てしまい、朝シャンをしているという人もいるかもしれませんが、花粉がついた頭や体でそのまま寝てしまうということは、避けるようにしましょう。




帽子をかぶる

花粉症の人は、鼻水やくしゃみの対策としてマスクをかけるなどして、花粉を吸い込まないようにしています。

それと同様に逃避の花粉対策として、頭皮に花粉が付着しないようにすることが大切です。

これには帽子をかぶるといった対策が有効になるでしょう。



花粉症 帽子

頭皮のかゆみやフケには育毛剤がおすすめ


頭皮がかかずにはいられないくらい痒くなってしまえば、思わずかいてしまうこともあるかもしれません。

しかしその姿は他人にはどううつっているでしょうか。

頭をぼりぼり搔いている姿というのは、見ていていい気がすることではありませんし、不快な印象を与えてしまうこともあります。

食事中などに頭を掻いている姿を見ると、フケが落ちてくるのではないかと不快な思いをさせることになるでしょう。

そういった思いをされないためには、なぜ頭皮がかゆくなるのか、頭皮のかゆみの原因を探っていかなくてはなりません。

一度不潔な人だと思われてしまえば、その印象はなかなか抜けるものではありませんので、頭を掻いている姿を見られなうようにするた目にも早く原因を知ることです。





頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの原因は、乾燥が原因になっていることがあります。

長時間エアコンのきいた部屋にいたりすると頭皮が乾燥することになり、痒みを引き起こしてしまうことになります。

それだけではなく、フケの原因になることもありますので、そのまま放置しておくわけにはいきません。





フケの原因は頭皮の異常反応

かゆみが酷くなってくると、頭を掻いてしまうことになりますので、頭皮を傷つけることになります。

頭皮が傷つけば、炎症が起こるようになり、そこからさらにかゆみが増していく事になり、悪循環になってしまうのです。

頭皮のかゆみの原因は根本的なところから治していくようにしなければ、どんどんひどくなっていきますので、早めに対処をする必要があるでしょう。

気づけば肩にたくさんのフケが落ちているようであれば、不潔と思われてしまいます。

フケが目立たないようにするために淡い色の服を着ていたとしても、スーツを着る場合には、どうしてもダーク系のスーツを着なくてはなりません。

社会人ともなればスーツを着る機会はたくさんあります。

清潔感が求められる社会人ですので、フケがたくさん落ちていれば、まったく清潔感がなくなりますので、改善していく必要があります。



花粉症 育毛剤



フケで悩んでいるなら育毛剤で対処

かゆみ・フケ対策は育毛剤で対処していく事もできます。

育毛剤は、毛生え薬だと思っていませんか?

育毛剤は、頭皮環境を整えることで毛根の働きに働きかけ育毛・増毛を促すのです。

その意味で、頭皮を乾燥させないための対策としては、育毛剤に頼るのが手っ取り早いですので育毛剤を使用してみるといいでしょう。

頭皮の血行促進や頭皮のアンチエイジングは、育毛剤によって改善をさせていくことが出来ますので、乾燥対策アイテムとして使用してみることです。




女性用育毛剤ならマイナチュレがオススメ
今ならお試し980円詳細はコチラ


男性用育毛剤ならチャップアップがオススメ
抜け毛予防にも絶大の支持!詳細はコチラ




育毛剤で得られること

育毛剤には、保湿成分がたっぷりと含まれていますので、頭皮の乾燥を防ぐのに大きな役割をしてくれるようになります。

医薬部外品の育毛剤の効能として、フケやかゆみの予防も期待できるだけではなく、血行促進や保湿効果が期待できる成分も配合されているので、発毛効果があるだけではないのです。

育毛剤で得られることは、皮脂の分泌量を抑える効果もあったり、毛母細胞の活性・再生や薄毛・抜け毛の予防があります。

育毛剤と聞けば、薄毛や抜け毛の人が使用するものというイメージが多いですが、それだけではないのです。




女性用育毛剤ならマイナチュレがオススメ
今ならお試し980円詳細はコチラ


男性用育毛剤ならチャップアップがオススメ
抜け毛予防にも絶大の支持!詳細はコチラ



湿っぽいタイプのフケ

フケは、乾燥したタイプだと思われがちですが湿っぽいタイプのものもあります。

しめっぽいということは、皮脂の分泌量が多いということになるでしょう。

皮脂の分泌量が多いということは、頭皮環境が整っていないことになります。

乾燥とは逆に、皮脂が詰まっている状況が多く、抜け毛・薄毛の原因の多くが、脂ぎっている薄毛の人この症状が多いとも言えます。






抜け毛・薄毛は皮脂の分泌量に問題かも?

皮脂の分泌量の以上から、湿っぽいフケ、また抜け毛・薄毛で悩んでいる人の多くの原因は

自分の肌に合っていないシャンプーを使用していたり、洗浄力が強すぎるタイプを使用していてもそういった状況にあります。

脂っぽい・しめっぽいということはきれいに洗えていないのかと思い、シャンプーの回数を増やしてしまうのは逆効果で、無駄に回数を増やすことによって、さらに頭皮環境を悪化させてしまいます。

綺麗に洗っているつもりでも、髪ばかりを洗って頭皮が洗えていなければ、頭皮の皮脂汚れは綺麗になることはないのでそれも原因になります。




頭皮環境は食事にも関係あり

食事の仕方にも原因があり、偏食ばかりをしていれば、食事のバランスが悪くなります。

糖分や脂肪分のお鋳物、コーヒーやアルコールを頻繁に摂取するのもよくありません。

これらはすべて皮脂量が多くなる原因ですので、気をつける必要があります。

皮脂量を減らすためには、自分の努力も必要になりますが、育毛剤によって皮脂の分泌量を抑えるようにすれば、症状は改善されていきます。



育毛 食事


頭皮環境を整える育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶときは、上記で紹介した通り、皮脂の分泌量を抑える成分、頭皮環境を整えることを前提に選びましょう。

育毛や発毛、増毛は、その先に得られる効果ですので、そこをしっかり知っておくことが大前提です。

花粉が原因で頭皮のかゆみから、かきすぎてフケが出たり・頭皮環境を悪くしている場合も同じです。

もちろん、中に含まれている成分が自分の症状に合うものでなければ、期待するほどの効果を得られなくなりますが、基本的に頭皮への潤いを前提としているので、育毛剤がその原因を改善してくれることでしょう。

育毛剤によって頭皮環境が整えば、無意識に頭を掻くこともなくなります。

起きている間は意識してかかないようにできたとしても、寝ている間というのはなかなか我慢することが出来ないものです。

寝ている間に頭皮環境を悪化させないためにも、根本的に改善させて、かかずにすむようにしなくてはなりません。





女性用育毛剤ならマイナチュレがオススメ
今ならお試し980円詳細はコチラ


男性用育毛剤ならチャップアップがオススメ
抜け毛予防にも絶大の支持!詳細はコチラ




花粉による頭皮環境改善 まとめ

花粉が飛散する時期は、空気が非常に乾燥していて、肌はもちろんのこと頭皮の潤いも失われがちになっています。

乾燥した頭皮はより敏感に反応しやすい状態になっているので、この状態のときに花粉が付着すると、アレルギー反応を引き起こしてしまいます。

この時期には育毛剤だけではなく、保湿成分の高いシャンプーを使ったり、頭皮専用の化粧水や美容液などを使用して、頭皮に水分を直接補うことも大切です。

花粉の飛散がピークに達するこの時期は、環境の変化も多く、知らない間に精神的なストレスがたまっていることも多く見られます。

ストレスがたまることで免疫力が低下し、体調不良も起こしやすくなります。

これが頭皮のかゆみや炎症を引き起こすこともあるのです。

忙しい年度末や年度初めと花粉症の時期は重なるため、花粉対策とともに自分自身のケアもしっかりと行うようにしましょう。




花粉が嫌い


ダイエット・美容・健康・レシピ・節約術など、快適な暮らしに役立つ情報満載!


生活に役立つ情報マガジン

Return Top