生活雑感

黒ずみがあると光脱毛できないって本当なの?

光脱毛と黒ずみ

「黒ずみがあると脱毛することができない。」脱毛サロンに通うことを考えている人であれば真相が気になる問題ではないでしょうか。

とくに多くの人が脱毛をしたいと思う部位である脇は黒ずみができやすいところ。

黒ずみのせいで、脱毛を断られることがあると嫌ですよね。

光脱毛と黒ずみ

黒ずみがあると実際に脱毛できないケースがある

残念ながら黒ずみの症状がある部位に脱毛施術をできない場合が事実あります。

とはいえ、症状には個人差もあり度合いも違ってきますよね。

実際に脇に黒ずみがある人でも脱毛サロンで施術を受けているケースも多いです。

そのため、自己判断はせずにサロンに足を運びカウンセリングで相談して確認してみることが大事になってきます。

どうして黒ずみがあると脱毛できない?

脱毛サロン、医療脱毛で使用される脱毛機の仕組みが関係しています。

それぞれのレーザーの出力には違いこそはあれメラニン色素に反応し脱毛するという仕組みは一緒です。

レーザーはメラニン色素(黒いもの)に反応してしまう特性があるんです。

黒ずみの原因もメラニン色素が過剰に分泌されてしまった結果の色素沈着です。

つまり、黒ずんでる箇所にはたくさんのメラニンが存在しているわけです。

そうなってくると、脱毛する際に照射される光が『毛』『毛根』部分のメラニン色素だけに反応するのではなく、黒ずみの色素にまで反応してしまいますよね。

結果、照射した光のパワーが分散されてしまうので脱毛効果が弱まってしまい思うような施術ができないことが考えられるんです。

そのため、黒ずみがある部位は脱毛できない場合があるということです。

また熱をもつ光をあてるため、黒ずみのある部位にあててしまうとやけどの原因になってしまう可能性もあることも考えられます。

そういった肌トラブルを避けるためにも、黒ずみの症状によっては施術を断られることもあるわけです。

光脱毛 黒ずみ

日焼けした肌でも断られる場合もある

黒ずみと同じ理由で、日焼けしてしまったお肌だと脱毛を断られるケースがあります。

日焼けは紫外線の影響でお肌がメラニン色素を分泌することで起きる症状です。

本来なら黒い色素が存在する場所が毛や毛根部分だけであるのに、日焼けをしてしまうと皮膚にメラニン色素が分泌されてしまい光が反応してしまいますよね。

黒ずみと同じく、毛だけではなく皮膚にも光のダメージを与えてしまうことになります。

日焼けの怖いところは、肌への大きなダメージです。

日に焼けてしまったお肌って赤くなり、衣類がこすれるだけでヒリヒリしたりしますよね。

それだけ、皮膚がダメージを受けてるわけなんです。

そのように敏感になってしまっているお肌に脱毛機の光を当ててしまうとどうなるでしょうか?
レーザー照射の際の痛みを感じやすいのはもちろん肌荒れにもつながるのが想像できますね。

あくまでも黒ずみの症状の度合いによる

繰り返しになりますが、あくまでも黒ずみの度合いによります。

具体的に言えば、メラニン色素の密度、どれだけたくさんの色素が存在しているかです。

そのため色味のうすい黒ずみであれば、それだけメラニン色素の密度も少ないことが分かります。

そのようなケースであれば、光を当てても脱毛効果を弱めてしまうほど反応してしまうことも少ないと考えられます。

しかしその反対に、遠目からでも黒ずんでるのが分かるレベルであればそれだけメラニン色素の密度が濃いことが分かりますよね。

この場合であれば、毛根部分のみならず皮膚のメラニン色素にも反応してしまい効果を分散させてしまうケースもあるため施術を受けれないことも可能性としては出てくるでしょう。

脱毛 黒ずみ

≪まとめ≫
『黒ずみがあるから、絶対に光脱毛を受けることができない!』というわけではありません。

もしかしたら、あなたが思う黒ずみと脱毛サロン側で考えている黒ずみでは大きな差があることも十分考えられます。

カミソリなどを使用した自己処理は、皮膚に刺激を与えメラニン色素が分泌してしまいます。

自己処理を繰り返すことはそれだけ黒ずみを悪化させることにつながるため、黒ずみをより色濃くさせないためにも光脱毛を施術することは大きなメリットであると考えられるでしょう。

まずは脱毛サロンに行き実際に黒ずみを見てもらい、施術が可能なのかどうかを判断してもらうのが一番です。


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top