生活雑感




シングルマザーのための忙しくてもできる食費節約のための5つ工夫

シングルマザーのための忙しくてもできる食費節約のための5つ工夫

私の友人のシングルマザーは、家事と仕事を両立していて、毎日とても忙しいと言っています。仕事を終えて、子どもの世話をして、眠りに就く頃には、もうへとへと…。

寝るのは大抵12時を過ぎ、朝は5時起きだし…と大忙しの毎日を過ごしています。
そんな毎日忙しいシングルマザーの方こそ知ってほしい、忙しくてもできる食費節約術を紹介します!!



忙しいシングルマザーでもできる5つの工夫

忙しいシングルマザーでもできる食費節約の工夫をご紹介します。
この節約の工夫になれてしまえば、いつの間にか節約になっていること間違いなしですよ!!

きっちりでなくてもいいから家計簿をつける

細かく家計簿をつけなくても大丈夫です。今日、スーパーでいくら使ったか程度でよいので家計簿につけていきましょう。 一日に使った食費、1週間に使った食費と使った金額さえ分かれば、家計を管理することができます。使いすぎにも気をつけることができます。 きっちりでなくてもいいので、家計簿をつける習慣をつけましょう。

<div class="su-note" style="border-color:#000000;border-radius:3px;-moz-border-radius:3px;-webkit-border-radius:3px;"><div class="su-note-inner su-clearfix" style="background-color:"#fcdcef";border-color:#cccccc;color:#333333;border-radius:3px;-moz-border-radius:3px;-webkit-border-radius:3px;"></div></div>  きっちりでなくてもいいから家計簿をつける

1日に使うお金を決める

1日に使うお金を決めておくことも節約につながります。
お金を管理することができるからです。使いすぎに気をつけることができますよね。
忙しい日が続くと、どうしても出来合いのものなどを購入して予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。
1日に使えるお金を決めて、できるだけお金を使わないように心がけましょう。

ネットスーパーを利用する

ネットスーパーは、忙しいママの大きな味方です。毎日の必要なものが、インターネットで注文でき、家まで届けてくれます。買い物の手間が省けることはいいことです。
また、節約のメリットもあります。それは、無駄な買い物を防げるからです。
ネットスーパーは、常に商品の合計金額がパソコンの画面上に表示されているので、お金意識して買い物ができます。金額が表示されていると、使うお金を意識するので、「これいらないな」と必要なものだけ買うことができますね。
また、子どもに「これ買って」とせがまれることもないので、必要な分だけを買うことができます。
このように、時間的にも金銭的にも優しいのがネットスーパーです。

ネットスーパーを利用する

まとめて作って冷凍しておく

忙しさの中にも少し余裕があるのならば、仕事がお休みのときに、おかずをまとめて作って冷凍しておくことも節約につながります。
忙しかったり、疲れていたりするとご飯作りがとても面倒になります。けれど、コンビニやスーパーでお惣菜やお弁当を買うと、高くつきます。
そんな疲れている日こそ、仕事が忙しい日こそ、常備おかずがあると重宝します。
温めるだけで食べられるなんて、幸せですよね。
「帰ったらごはんの用意しなきゃ」と思わなくて済むので、心のゆとりも少し、生まれそうですね。子どもたちも優しく接することができそうです。

まとめて作って冷凍しておく

忙しくても時短料理で外食を減らす

食費の節約をする中で、一番避けたいのは外食です。
いくら安いお店の料理でも家族分の代金を払うとすぐに5000円近くの出費になってしまいますよね…。
外食を避けるためにも、忙しくても時短料理で乗り越えたいところです。
私の友人は、かなりのしっかり者で、「朝、まとめて夕飯の準備までしてしまう」と言っていました。朝の時間がない中、うまく時短の料理を組み合わせて作っているんだと思います。
また、家電もうまく利用したいですよね。今は、電子レンジやオーブンが進化していて、簡単にいろんな料理をすることができますね。自分は、野菜などを切っていても、家電が調理していてくれたら、とても楽ですよね。そういう家電に頼ることも、時短料理がうまくなるコツだろうなと思います。

忙しくても時短料理で外食を減らす

シングルマザーが食費を節約する2つのコツ

食費を節約するコツを紹介します。ちょっとしたコツなので、ぜひ実践してみてください。

きっちりでなくてもいいから家計簿をつける

細かく家計簿をつけなくても大丈夫です。今日、スーパーでいくら使ったか程度でよいので家計簿につけていきましょう。 一日に使った食費、1週間に使った食費と使った金額さえ分かれば、家計を管理することができます。使いすぎにも気をつけることができます。 きっちりでなくてもいいので、家計簿をつける習慣をつけましょう。食べる量を考えて食材を買う

食費を節約するために、食べる量を考えて食材を買いたいですね。
食材が余ってしまい腐ったり、捨ててしまったりするのは、お金の無駄になります。
冷凍できる食材は保管ができるので大丈夫ですが、あったら誰かが食べたり飲んだりするかもしれないと思って買った、牛乳などの飲み物類やプリンやヨーグルトなどのデザート系など気をつけましょう。

きっちりでなくてもいいから家計簿をつける

ランチをお弁当にする

ランチをお弁当にすると、かなりの節約につながります。
1か月に1万円くらいの節約にはなるのではないでしょうか。
夕飯を少し多めに作っておいて、お弁当のおかずにしてしまえば、朝の手間もあまりかかりませんよ。

ランチをお弁当にする

シングルマザーの食費節約のまとめ

  • [きっちりでなくてもいいから家計簿をつけたり、1日に使うお金を決めたりしてお金の管理をしよう
  • ネットスーパーを利用しよう
  • おかずはまとめて作って冷凍したり、時短料理を作ったりして、外食を減らそう
  • 食べる量を考えて食材を買ったり、お弁当を作ったりして食費節約につなげよう

忙しくても、少し生活の習慣を変えることで節約をすることができます。
いろいろ紹介しましたが、自分のできそうなところから、ぜひ、取り組んでみてください。




生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top