生活雑感



DV夫と戦うための準備、方法、弁護士・探偵の活用

【探偵調査】DV夫と戦うための準備、方法、弁護士・探偵の活用

DV(ドメスティックバイオレンス)は精神的負担も大きく、暴力や暴言が日常化すれば抵抗する気持ちさえ失せます。最終的には「どうしようもない」と諦めてしまいがちですが、子供や親、ペットにまで危害が及んだらどうしますか?

少しでもDV被害を終わらせたいと思ったなら、解決策の1つとして「法律」に守ってもらうべきです。

逮捕や損害賠償請求など、法的制裁も辞さない覚悟でDV被害と向き合いましょう。



DV夫と戦うための準備

まずは「目標」を決めてください。一時的に別居できれば良いのか、離婚を考えているのか、裁判で争うつもりなのか、罪を償ってほしいのかなど。そして、今頭の中に描いた目標を達成するため、次のような準備をしましょう。

DV夫と戦うための準備

1、相談センターに問い合わせる

民間団体や市区町村が運営しており、ネット上で「地域名 DV相談」と検索すれば簡単に見つけられます。
担当者に悩みを打ち明けると、被害状況やDV期間、生活環境、金銭的事情などからアドバイスを貰えます。

問い合わせた内容は記録に残るため、裁判時には証拠として活用できます。
また、DVに関する専門機関ですので、相談後に担当者が夫と接触するような心配もありません。

誰かに悩みを打ち明ければ、それだけで気分は晴れるはずです。問い合わせるだけなので、今すぐ連絡してみるべきです。

2、危機的状況であれば警察に110番通報をする

DV夫と戦おうと思っている時点で、被害は深刻かもしれません。
そのため、身の危険を感じたらすぐに警察に通報してください。
最寄りの交番に助けを求めたり、生活安全課のDV担当者に頼っても良いです。

この段階では積極的に助けてはくれないでしょうが、警察と接触した場合も記録が残ります。
DVの証拠にも使えますし、過去の記録から被害届が受理されやすくなるでしょう。

昨今、DV関係の事件が増えているので、別居中の夫が自宅周辺をうろついていれば事情を説明してください。状況次第では、警察官が近隣パトロールを実施してくれます。

危機的状況であれば警察に110番通報をする

3、客観的証拠を探偵に集めてもらう

証拠が無ければ、警察や裁判所も解決に向けて動いてはくれません。
口頭説明では、どうしても信憑性が低いからです。

つまり、DV夫と戦うためには「証拠」が絶対的に必要となります。
ご自身で証拠を集めることもできますが、客観的証拠と呼べる資料を作るには苦労するでしょう。

そこで、探偵事務所の内偵サービス(DV調査)がおすすめです。
DV調査が始まると、自宅に録音・撮影機材が設置されます。

調査終了後には記録をまとめた報告書が作られるので、探偵に任せておけば客観的証拠が手に入ります。

客観的証拠を探偵に集めてもらう

※注意点

基本的には、友人や知人、親族といった周囲を巻き込まないよう準備を進めてください。
相手のためではなく、自分のためにです。

なぜなら、事実確認のため夫と話をしたり、DV被害を周囲にバラしたり、義理の親が出てきてしまったり、仲介役を務めて問題を複雑化するなどが考えられるからです。

DV夫と戦う方法

客観的証拠を保有していれば、行政機関を動かすことも弁護士に依頼も可能です。状況に応じて、DV夫と戦っていきましょう。

逮捕してもらう

まずは警察に被害届を出します。
被害届とは、犯罪被害を受けたことを知らせる書類です。

告訴状と呼ばれるものもありますが、こちらは捜査開始だけでなく処罰まで求める書類なので、証拠が揃っていても受理されないケースが多いです。

さて、警察署に行けば被害届の書類が置いてありますので、被害届を提出する予定なら身分証と印鑑、証拠を持っていきましょう。

被害届が受理されると捜査が始まります。
誰が加害者かは判明しているので、受理されたら夫はすぐに警察から呼び出しを受け、身柄拘束(取り調べ)となります。

その後、検察への送検、勾留、基礎、起訴後拘留、刑事裁判と進んでいき、裁判で有罪・無罪の判決が下ります。

DV夫と戦う方法

弁護士に法的手続きを依頼する

離婚や損害賠償請求を考えているなら、法律のプロ・弁護士に頼りましょう。
離婚したいと夫に伝えても拒否される可能性が高いため、DV被害者の離婚は「協議離婚(話し合いで決定)」「調停離婚(家庭裁判所の仲介)」「裁判離婚(裁判所からの判決)」となりがちです。

また損害賠償を請求する時には、進め方や手続き、適正金額の算出方法も分からないと思います。
弁護士に依頼すると、各々の仲介作業を請け負ってくれるので、慰謝料や離婚後の生活費についても解決できます。

そして、被害届を提出する時は弁護士に1度相談しましょう。
なぜなら身柄拘束は72時間以内と決められており、証拠不足だと夫はすぐに帰ってきてしまうからです。

事前に弁護士と話し合っておけば、釈放によるトラブルも回避できるでしょう。

弁護士に法的手続きを依頼する

新たに被害を受けたら即通報

被害届を出そう、弁護士を雇おうと決めた直後に暴力を振るわれるケースもあります。
この時は、すぐ警察に通報してください。

自宅に駆け付けた警察官が、怪我を負った姿や室内の様子を見て、その場で夫を緊急逮捕してくれるかもしれません。

ただし、家庭内の問題を積極的に解決しようとする警察官は少ないため、期待のし過ぎは禁物です。

DV夫に内緒で弁護士を雇う

必要書類の入手や記入、手続きの流れ把握など、不慣れな作業には膨大な時間がかかります。
弁護士を雇えば、目標に向けて担当者が動いてくれますので、夫にバレることなく手続きを進められます。

そして、弁護士を雇う最大のメリットが「代理交渉」です。

例えば、DV夫と離婚について話し合える女性はどれくらいいるでしょうか?怖くて目を合わせられない、提案したら暴力を振るわれたでは一向に離婚できません。

協議離婚や慰謝料請求、裁判など、弁護士を雇うと「あなたの代わり」に夫との交渉を進めてくれます。

夫と会わずに済めば、あなたも意見や要求を訴えやすいはずです。
弁護士によって得意分野があるため、目標を決めてから専門の弁護士に相談してください。

初回相談無料の弁護士事務所なら、お金の心配をせず問い合わせが出来るでしょう。

DV夫に内緒で弁護士を雇う

DV夫と戦うために探偵を雇う

探偵を雇えば、客観的証拠が集めることができます。
素人では何が証拠となり得るのか分かりづらいですし、重要な証拠を破棄・見落としてしまう可能性もあります。

事前に雇った理由を探偵に伝えておけば、弁護士や裁判所などに提出できる調査報告書を作成してくれので、その後の手続きもスムーズに行えるでしょう。

またDV調査に申し込むと、探偵事務所ごとのオプションサービスを利用できます。
女性スタッフが対応してくれたり、精神的負担を取り除くためのカウンセリングが受けられたり、緊急時の避難先を用意してくれたりします。

弁護士在中、弁護士事務所と提携、弁護士が運営している探偵事務所では、法的措置のサポートまでDV調査に含まれているのです。

探偵事務所の相談料は、契約を結ばなければ基本無料です。
電話相談が難しければメール相談も受け付けており、24時間365日対応の営業所が多いです。DV問題を解決するには、まずは「証拠」が必要となります。

弁護士に頼る時も同じことを言われますので、不安に思うことがあれば1度相談してみてください。

DV夫と戦うために探偵を雇う

DV問題 DV夫 まとめ

DV問題で悩んでいるなら、今日から証拠集めを始めてください。怪我の写真や通院記録、日付記載の日記を書き始めるなどが有効です。

DVが悪化しており緊急性が高ければ、DV問題に強い探偵事務所や弁護士事務所に頼るべきです。暴力や暴言の頻度によっては、1週間で探偵の調査は終わります。

その後は、警察に被害届を出すべきか、弁護士に法的手続きを依頼するか選びましょう。

目標すら決められない人は、探偵や弁護士に悩みを打ち明けると解決の糸口が見えるかもしれません。




生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top