生活雑感

関西地方で子宝祈願や妊活にご利益のある神社まとめ



関西地方で子宝祈願や妊活にご利益のある神社まとめ

全国には子宝スポットと言われる、神社やお寺が数多くあることをご存知でしょうか。

子宝スポットは、妊活中の女性にとってとてもご利益があると言われています。

実際に赤ちゃんがほしいけどなかなか妊娠に至らないという女性たちが、子宝スポットで祈願したことで、赤ちゃんを授かることができたという方も数多くいます。

妊活に疲れたら、子宝ジンクスを試しに夫婦で子宝スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ここでは、関西地方で子宝祈願に有名な神社やお寺をご紹介します。

京都府で人気の子宝神社

梅宮大社

所在地:京都市右京区梅津フケノ川町30

梅宮大社は酒造や子授け、安産にご利益があり、梅の名所としても有名な神社で猫がたくさんいることから猫神社としても知られています。

ご祭神には大山祗神(おおやまずみのかみ)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)、彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の4柱が祀られており、ご祭神の1柱である木花咲耶姫命は一夜にしてご懐妊されたことから子授けの神とされています。

また神域の奥、本殿の横には子宝祈祷したご夫婦しか入ることの出来ない『またげ石』という不思議なパワーを持った石があり、嵯峨天皇の皇后である橘嘉智子がこの石をまたいで子授けの祈願をしたところ、子供を授かったことから、またげ石をまたぐと子宝に恵まれると言われています。

またげ石』

梅宮大社では毎年3月の第一日曜日に梅・産(うめうめ)祭が開催されていて、『梅』と『産め』の響きが同じであることから子授け繁栄などを祈願するお祭りとされています。

この日に合わせて夫婦一緒に参拝してみてはいかがでしょうか。

梅・産(うめうめ)祭

奈良県で人気の子宝神社

飛鳥坐神社

所在地:奈良県高市郡明日香村飛鳥707-1飛鳥坐神社飛鳥坐神社には男女のシンボルを形象した陰陽石という石が数多くあり、子授けの神として信仰される石であることから子宝にご利益があるとして有名な神社で、ご祭神には八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)、飛鳥神奈備三日女神(あすかのかんなびみひめのかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)4柱が祀られています。

また境内には力石となるものがあり、男性は左手、女性は右手で持ち上げられると願いが叶うとされているので参拝した際には夫婦で試してみてください。

飛鳥坐神社では毎年2月の第一日曜日に奇祭として知られている子孫繁栄を願った「おんだ祭」が開催されています。

おんだ祭

この祭りの中にはお多福と天狗の子孫繁栄をモチーフにした和合と言われる種つけの儀式があり、この儀式の後に2人の股間を拭いた紙が福の紙と呼ばれていて、この福の紙を手にすると子宝に恵まれると言われています。

飛鳥坐神社にある男女ペアの子宝お守りにも天狗とお多福の刺繍が入っていて、中にはミニチュアの陰陽石も入っているので夫婦で手に入れて携帯してみてください。

飛鳥坐神社にある男女ペアの子宝お守り

大阪府で人気の子宝神社

住吉大社

所在地:大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

住吉大社

住吉大社の境内の末社には倉稲魂命(うかのみたまのみこと)という縁結びで有名なご祭神が祀られている種貸社という神社があります。

種貸社は繁栄の種を貸してくれる神社であることから通称”たねかしさん”と呼ばれていて、昔は稲種を授かって豊作を祈るという信仰がり稲には色々なものを繁殖させる穀霊が宿っているとされたことから、子授にご利益があるとされています。

種貸社の祭壇には芽生、子宝、鈴生りの3つの願いを祈るご神体と神鏡があり子宝の神鏡は真ん中に置かれています。

子宝の神鏡

また住吉大社は一寸法師発祥の地としても有名で、子供がいない老夫婦が子宝祈願したことで一寸法師を授かったとされています。

住吉大社では初めて子宝祈願する方には「お守」「絵馬」「種貸人形」の3つがセットになったものを授与しています。

特にふくよかな女性が優しい顔で赤ちゃんを抱っこしている姿の種貸人形は子授けの神としてご利益があるのでとても人気があります。

「お守」「絵馬」「種貸人形」の3つがセットになったものを授与

本殿の裏側には種貸人形と同じデザインの大きな女神像が置かれていて、子授けを願う数多くの絵馬が置かれているので、子宝祈願に来た際には願いを書いた絵馬を奉納してみてください。

兵庫県で人気の子宝神社

久々比神社

所在地:兵庫県豊岡市下宮171

久々比神社

久々比神社がある兵庫県豊岡市はコウノトリで有名な町で、全国で唯一コウノトリにゆかりがある神社として有名です。

赤ちゃんはコウノトリが運んでくれるという言い伝えから久々比神社は子宝にご利益があるとして知られています。

また神社の名前である久々比とはコウノトリの古称であるとされていて、ご祭神には木の神である久久能智神(くくのちのかみ)が祀られています。

秋篠宮殿下がコウノトリ自然放鳥式典に出席され、翌年にご懐妊

2005年には秋篠宮殿下がコウノトリ自然放鳥式典に出席され、翌年にご懐妊されたことでも知られています。

子宝のお守りにはコウノトリ親子のイラストが入ったものが赤・緑・紫の3色あり、絵馬もお守りと同じくコウノトリがデザインされています。

久々比神社は宮司が常駐していないので、お守りや絵馬は隣にあるAVIANTOT(アビアントット)という喫茶店で購入することができます。

久々比神社は宮司が常駐していないので、お守りや絵馬は隣にあるAVIANTOT(アビアントット)という喫茶店で購入

神社となりの湿地には本物のコウノトリを見ることができる日もあるので、コウノトリの恩恵にあやかりたいという方は久々比神社に足を運んでみてください。

子宝神社 まとめ

  • 子宝にご利益のある神社やお寺巡りをすることで気持ちを前向きにする。
  • 子宝スポットに行く前に下調べをして余すことなくご利益を得る。

妊活中はなかなか妊娠できなかったり不妊に悩むことでストレスが溜まりやすい時期です。

子宝神社やお寺に行くことは気分転換にもなるので、夫婦で旅行がてら子宝パワースポットに足を運んで心と体を癒しながら一度リフレッシュしてみてください。

気持ちを入れ替えることで良い結果に繋がることもあります。




生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top