生活雑感

年齢とともに現れる身体の不調(肩こり、腰痛、関節炎)

肩こり

肩こりストレッチ

肩甲骨を動かすストレッチです。
仕事合間など気が付いたとき、ストレッチでかたくなった筋肉をほぐすようにすると、肩こりはずいぶん楽になります。

肩こりストレッチ

呼吸は止めず、自然に口から「吐く」鼻から「吸う」を繰り返す
最初は鏡を見て姿勢をチェックしながら行う

四十肩・五十肩

50歳前後に起こる肩の痛みは、「五十肩」の場合があります。
「肩関節周囲炎」という病名が使われることもあります。
腕を体の後ろに回すこと、例えば腰の後ろでエプロンのひもを結ぶ動作がしづらくなるなどが特徴で、腕を上げようとするときに痛みを感じます。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は放っておけば治る?

期間はおおむね半年から1年、個人差はあるものの自然に治っていきます。
ただし、「放っておけば治る」と軽く考えられては困ります。
確かに自然に痛みはとれますが、肩の動きは元通りにはなりません。
長い間放置しておくと、治ったあとで運動障害が残るので、適切な治療が必要です。

腰痛/ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

日常生活での注意と腰痛体操は、そのまま腰痛症の予防にもなります。特に腰痛体操は、腰回りの筋肉の柔軟性を保つ、正しい姿勢を身につける、腹筋、背筋を強化するなどの効果があり、腰痛症の予防には有効です。
  
腰痛症は、腰椎の異常だけではなく、内臓疾患やがんなどの病気が隠れている場合もあるため、正しい診断を受けることが大事です。

椅子でストレッチ1

椅子でストレッチ1

[1] 膝の上に手を置き、息をゆっくりと吐きながら上体を前に倒します。
[2] 無理をしない程度まで前に倒し、その姿勢を5秒保ちます。
[3] ゆっくりと元に戻しましょう。

足を抱えるストレッチ

足を抱えるストレッチ

[1]片足を椅子にあげ、息を吸いながら足を抱えその姿勢を5秒間保ちます。
[2]息を吐きながら足をゆっくりと戻します。左右交互にやってみましょう。

節々の痛み(関節炎)

関節痛

腰痛もひざ痛も、その多くが関節のクッションである椎間板や軟骨が老化のためにすり減ってくることが原因。

クッションの材料となる成分を補給することと、クッション成分を応援することが大切です。
グルコサミン・ヒアルロン酸・コンドロイチン・コラーゲンなどクッション成分を応援するサプリもおすすめです。

中年以降の膝の痛みで最も多い「変形性膝関節症」

 “関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生、増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患”です。簡単に言えば、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。

関節痛サプリメントランキングはこちら

節々の痛み(関節炎)

疲れが抜けない

疲労感には運動不足や運動のしすぎの他、様々な病気が隠れている場合がありますので、注意が必要です。

水分不足

水分量が減ると、脳の視床下部は生命を守るために、体温調整を優先しなければいけないので、他の部分に影響が出て疲労感を感じるようになります。

水分不足

野菜だけの生活

赤血球を作るビタミンB12が不足していると、血液の量が減るため、全身に酸素が運ばれなくなってしまいます。酸素量が減ると、疲労や痺れ、物忘れという症状がでてきます。

野菜だけの生活

心臓病がある

心臓に問題があると、全身に血液を送る力がないため、酸素が全身へ運ばれずに疲労感がでてきます。

心臓病

鉄分不足、鉄分過剰

鉄分が不足すると、貧血になります。貧血はビタミンB12が不足した時と同様に、血液が減り、酸素が体内を巡回しくなるため、疲労に繋がります。しかし、逆に鉄分が多すぎても、それを調節するために、体内のミネラル、ビタミンを使用してしまい、疲労の原因になるので要注意です。

関連記事
養命酒のタブレット(幸健生彩)知ってる?
養命酒の歴史から紐解いてみました

鉄分不足、鉄分過剰

便秘

腸を動かすには食事による刺激も必要で、「食物繊維の不足」も便秘の原因といわれています。食生活の変化などによって、現在の日本人の便の量は、第二次世界大戦前の半分以下といわれています。腸の内容物の減少によって、便が腸に停滞しやすい状態にあるのです。

便秘

ダイエットに役立つ呼吸法

深呼吸は思いついた時にいつでも、何回行ってもOK。忙しい女性は常に緊張を強いられることもあり自律神経が乱れやすいため、副交感神経を優位にする時間を定期的に設けることが何よりも大切なんだそう。自律神経のバランスを整えればストレスによる暴飲暴食も減らせるほか、副交感神経の働きが高まることで腸のぜん動運動が活発に。便秘が解消すれば下腹部のラインがスッキリするほか、便秘が原因で起こっていた肌荒れも改善されるメリットも…。

ダイエットに役立つ呼吸法 

深呼吸は思いついた時にいつでも、何回行ってもOK。忙しい女性は常に緊張を強いられることもあり自律神経が乱れやすいため、副交感神経を優位にする時間を定期的に設けることが何よりも大切なんだそう。自律神経のバランスを整えればストレスによる暴飲暴食も減らせるほか、副交感神経の働きが高まることで腸のぜん動運動が活発に。便秘が解消すれば下腹部のラインがスッキリするほか、便秘が原因で起こっていた肌荒れも改善されるメリットも…。

156731216

ただ寝るだけ!ごろごろ体操

①10分程度うつぶせで寝ます。
②10分後、寝返りを打つようにして、左右に5回ほどごろごろと体を転がします。

ただ寝るだけ!ごろごろ体操

出典
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/06_katakori/index1.html#point2

http://www.bitowa.jp/blog/2013/09/
http://www.1thing.info/50kata/2005/11/post.html
http://news.livedoor.com/article/detail/9200842/
http://hadalove.jp/constipation-exercise-15714
https://doctors-me.com/doctor/motor/47
http://www.youtsuufirmly.com/taisaku/stretch.html
https://www.naigai-ph.co.jp/health/itami/youtsuu/02.html
http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/040201-hizakansetusyo.html
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/131.html


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top