生活雑感

《酵素ダイエット》ベルタこうじ生酵素vsクレンジング酵素0:同窓会があるから痩せよう!っと思って実現できている人はいるだろうか?

【激太り解決】痩せたい!でも食べたい!食いしん坊がダイエットするならこの方法が一番!

【定番の想い】同窓会を機会に本気のダイエット

ふと郵便ポストに舞い降りた、同窓会のお知らせ。
同窓会

久々に、昔の友人や憧れだった人に会える絶好のチャンスです。
昔の友人や憧れだった人に会える絶好のチャンス

さて、洋服は何を着ていこうかなと色々と準備するのも楽しいはず・・・。
洋服は何を着ていこうかなと色々と準備するのも楽しい

しかし、学生時代よりも大分とお肉がお腹まわりについていたり、昔に買っていたオシャレなワンピースも入らないとなると、テンションも下がってしまいます。

それに、久々に会う友人たちに、 「太ったね~」と言われるのも恥ずかしいし、悔しいものです。 

オシャレなワンピースも入らない

同窓会やクラス会などは、思い出を語り合うのはもちろんですが、今の自分の状況も伝える場でもあるので、できるだけ綺麗にしていきたいと思うのは当然のことです。
同窓会やクラス会

そこで同窓会の日までに、 本気で美しくなるダイエット を始めてみましょう。

普段の忙しさや不摂生から、太ってしまった自分の体を一から見直す良いチャンスかもしれません。

本気で美しくなるダイエットを始めてみましょう

ダイエットをして昔の自分を思わせるスレンダーな体を取り戻し、決戦の日に備えましょう!

スレンダーな体を取り戻し、決戦の日に備えましょう

年をとってのダイエットはハードルが高い

学生時代の頃とは違って、 年齢を重ねるごとに基礎代謝は下がります。 

ですので、自発的にカロリーを消費したり食事を控えることも大切です。

年齢を重ねるごとに基礎代謝は下がります

しかし、日頃の忙しさやストレスから、 暴飲暴食が原因で内臓機能が弱ってしまうと、代謝が悪くなり毒素を体内にため込む体質になってしまいます。 

代謝が悪くなり毒素を体内にため込む体質

そうすると、夜は寝つきが悪くなり、深夜の食事をしてしまうなど悪循環につながります。

深夜の食事

特にオフィスワークなどパソコンを使って仕事をしている場合は、同じ姿勢を繰り返しているので、筋肉が凝り固まり血流も悪くなってしまいます。
筋肉が凝り固まり血流も悪く

こういった状態では、 ダイエットをしても効果がなかなか現れず継続しにくくなります。 

ダイエットをしても効果がなかなか現れず継続しにくくなります

ちまたでも、たくさんのダイエット商品が溢れていますが、どれを試してもしっくりこないと思うことも多いのではないでしょうか。

ダイエット商品

「太った」と思っていても、それは体内にたまった毒素から体がむくんでいることもあります。

体内にたまった毒素から体がむくんでいる

 ダイエットの商品を試す前に、まず太った原因をしっかりと究明し、体を一から改善することが重要です。 

美しく痩せる:そして短期ダイエットには

女性にとって理想的な体型を維持するのは大変なこと。

日々の仕事や家事の忙しさやストレスなどから食べ過ぎたり運動不足がたたって、ついつい太り気味になってしまうケースも多いもの。
日々の仕事や家事の忙しさやストレスなどから食べ過ぎたり運動不足がたたって、ついつい太り気味

そんな時に限って同窓会やクラス会のお知らせが入るなどして慌ててしまうこともあるでしょう。

そんな時に限って同窓会やクラス会のお知らせが

そんな時には手軽に着手できる短期間ダイエットに挑戦してみると良いでしょう。

短期間ダイエット

特に代表的なのは酵素ダイエットです。酵素は基本的に人間の体内からも分泌され、主に消化や代謝に大きな働きをするもの。

酵素ダイエット

通常だとこの大部分が消化に使われるので代謝分の使用分が少なくなってしまいます。

酵素ダイエット

特に酵素ダイエットでは常日頃の 食事を制限して、1日3食を1食、あるいは全く食べない状態にして、代わりに酵素ドリンクを摂取する ことで必要な栄養分をきちんと摂取し、なおかつ不足しがちな酵素をしっかりと吸収して、消化ではなく代謝へと回します。

消化ではなく代謝へ

そうすることで胃腸を休ませると同時に、体の新陳代謝が進むので老廃物を排出して各部位の脂肪分なども燃焼しやすい状態にすることができます。

酵素をしっかりと吸収して、消化ではなく代謝へ

この状態を3日ほど続けるだけでも体がすっきりとしてスリムな体型をもたらすことができるでしょう。

《健康的なカラダ作り》
酵素ダイエットするなら膣トレを一緒にどうですか?
膣トレーニングで得られる6つ効果

生野菜350gを1日で採るのは無理だから

こうじ酵素×生酵素で内側からキレイをサポート【ベルタこうじ生酵素】

ベルタこうじ生酵素
生きた酵素を1粒に凝縮

  • 7種の雑穀30種こうじ菌
  • 622種の野菜・フルーツ
  • 500億個の乳酸菌
  • コンブチャ
  • スーパーフード

こだわり抜いた素材で、体内環境をよりよくして、ため込まない体に!!

【初回限定100円のキャンペーン中】

ベルタこうじ生酵素をより効果的にする飲み方と飲むタイミング

発売から爆発的に話題になっているベルタこうじ生酵素。手軽に利用できることからも、多くの女性に支持されていますよね。

ぜひとも、美容やダイエットのために使ってみたいものですが、気になるのがその飲み方とタイミングではないでしょうか。

今回は、そんなベルタこうじ生酵素をより効果的にするための飲み方とタイミングについて、調べてみました。

ベルタこうじ生酵素の飲み方とタイミング

ベルタこうじ生酵素は、サプリメントなので、どの時間帯とタイミングで飲まなくてはいけないという決まりはありません。要するに一日いつのタイミングで飲んでも、問題ないということなんですね。

一日の摂取量として目安は、2粒となっています。これも、健康食品ですので、自分の体調に合わせて調節することは可能ですが、たくさん飲んだからといって、効果がはやく現れるというものではありません。

摂取量を守り、毎日継続することが一番大切な飲み方でしょう。

ダイエット目的におすすめなタイミング

ダイエットを目的とするのであれば、食前にベルタこうじ生酵素を飲むことがおすすめです。

空腹時に使用することで、生酵素がすんなりと吸収され、胃腸の負担を軽くすることにつながります。

また運動を行う際は、運動前に飲むのもおすすめ。体の代謝が上がれば、カロリー消費効率を高めることができますね。

健康目的におすすめなタイミング

健康面が気になる方は、食前に服用することで、その豊富な成分をしっかり吸収することができます。

朝食をとる習慣がない方は、朝ごはんの代わりにベルタこうじ生酵素を飲むというのもいいかもしれません。

また、食後や飲み過ぎた後にベルタこうじ生酵素を飲むようにしている、という口コミもありました。

美容目的におすすめなタイミング

美容目的のため利用するなら、就寝前に飲むのもよいでしょう。

夜の10時から2時は「お肌のゴールデンタイム」といわれていますよね。その時間にしっかりと熟睡することが大切ですが、その前にベルタこうじ生酵素を摂れば、お肌も喜びそうです。

さらに、ベルタこうじ生酵素は、毎日なかなかスッキリできない人にも愛飲されています。お肌に要らないものを「ため込まない」ことが、肌荒れやニキビ予防には大切ですね。

ベルタこうじ生酵素は飲みやすいタイミングで

1日2粒ですが、まとめて飲まずに分けて飲む方も多いようです。朝に1錠、夕方に1錠と分けて飲むことで、効果が1日持続するのかもしれません。

でも、何よりも大切なことは、毎日続けることでしょう。ですので、自分の生活習慣の中で、飲み忘れしにくいタイミングで飲む、それを習慣づけることが一番効果的なのかもしれませんね。

https://belta-shop.jp/

クレンジング酵素0

朝食 クレンジング酵素0
昼食 クレンジング酵素0
夕食 クレンジング酵素0

【初回限定100円のキャンペーン中】
賞味期限が1年半だから、酵素ドリンク(賞味期限1ヶ月)よりおすすめ。

クレンジング酵素0の口コミ

クレンジング酵素0でダイエット

クレンジング酵素0で便秘も解消
元々野菜を食べるのが苦手でした。
ダイエットを意識して生野菜を摂るように心掛けましたが、なかなか目標量まではたどり着きません。
そんな私がネットの口コミを参考にして取り寄せたのがクレンジング酵素0です。
64種類の野菜を30倍に濃縮したドリンクで、朝食や昼食に置き換えるとその分カロリーが抑えられます。
続けるには飲みやすさが重要ですが、私の大好きなグレープ味なので、全く苦になりませんでした。
続けていくとこれまで悩んでいた便秘も解消され、体重が減っただけではなく、肌も綺麗になってきました。
クレンジング酵素0でダイエット
美容のために今まで何度か酵素は買って飲んでいましたが、私には飲みにくくて長続きしたことがありませんでした。
でもクレンジング酵素0は、ほろ苦い感じのグレープ味で飲みやすいと感じたので続けることが出来ました。
以前と比べると肌トラブルもほとんどなくなって肌もしっとりしてきたし、ウエスト周りもすっきりと細くなってきた気がします。
クレンジング酵素0を飲み始めてから身体の調子も良くなってきました。酵素の力はすごいと感じました。


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top