生活雑感




ヨーグルトを食べても、善玉菌の量が増えるわけではないってホント?



乳酸菌って何?

乳酸菌は、腸内環境を正常化するなどの多様な効果を期待できるので、サプリメントなどの健康食品に配合されているケースも少なくはありません。

具体的な種類としては、ビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェカーリス菌などで、善玉菌やプロバイオティクスとも呼ばれています。

腸内細菌

なお、腸内には多様な種類の細菌が生息しており、環境を改善する善玉菌、悪影響を及ぼす悪玉菌、いずれにも属していない日和見菌の3種類に分類することができます。

日和見菌は名前が示している様に優勢な方の味方になるので、善玉菌が優勢であれば問題はありませんが、悪玉菌が優勢になった場合は不調に拍車をかけることになります。

乳酸菌の選び方:乳酸菌サプリメントランキング
人気サイトはこちら:乳酸菌サプリメントランキング

善玉菌と悪玉菌

ちなみに、腸内環境が悪化すると下痢や便秘などの排出時のトラブルに見舞われやすくなるので、心身ともに不愉快な状態となります。

また、近年増加の一途をたどっている大腸がんは、腸内の状態と関係していると推測されています。

この様な状態を改善する効果を期待できる乳酸菌は、腸内で生息できるのは1週間程度です。

それは、乳酸菌が熱に弱いという特徴によるものであり、腸内で増殖と死滅を繰り返し、最終的にには体外に排泄されます。

よって、たまに大量にヨーグルトを食べる等による乳酸菌の補給よりも、少しずつでも良いから毎日摂取した方が適当です。

これにより、腸内の乳酸菌の増殖に関与できるので、熱に弱くすぐに死滅するという特徴の問題点を改善することができます。

腸内環境

乳酸菌サプリメントの選び方

日本人の死因のナンバーワンの疾患のがんは、様々な原因により発症するのですが、根本的には遺伝子の突然変異によるものです。

ただし、研究が進められた結果、不治の病ではなくなりつつあり、部位によっては発症数自体が減少に転じているものもあります。

大腸がん

その中で増加の一途をたどっているのが大腸がんで、近い将来罹患率でナンバーワンになることが推測されています。

欧米化した食生活やストレスなどにより、腸内環境が悪化した事が関係していると推測されています。

このために、腸内環境を整えるということは健康状態をキープするために非常に重要なポイントとなります。

腸内環境

ちなみに、腸内環境を良化するために必要不可欠なのが善玉菌と呼ばれる存在で、これが大勢を占めることにより、日和見菌と呼ばれるどっちつかずの細菌群が正常化に寄与することになります。

逆に、悪玉菌が優勢になった場合は腸内環境は悪化の一途をたどることになります。

腸内環境

この善玉菌が優勢な状態を実現するために非常に有効なのが、乳酸菌サプリメントの利用です。様々な種類の乳酸菌サプリメントが提供されており、状況に合わせた選び方が可能です。

ちなみに、腸内環境の正常化を目的としている場合は、相乗効果が期待できる成分が加えられている乳酸菌サプリメントが特にオススメです。

これは、腸内の菌の増殖や活性化を視野に入れた選び方となります。

乳酸菌サプリメント

乳酸菌の取り方

乳酸菌がたくさん含まれている食品には、ヨーグルトやチーズといった乳製品が有名です。

これらの食品を食べれば乳酸菌を増やす効果があるわけですが、たまに食べるくらいでは実はあまり効果がありません。

ヨーグルトを食べたからといって腸の中で善玉菌の量がいきなり増えるわけではないので、毎日補給してあげることで、善玉菌である乳酸菌を増やして行き、腸内の環境を時間をかけて整えていくのです。

乳酸菌がたくさん含まれている食品

また乳酸菌を増やす効果のある取り方としては、同じヨーグルトを食べ続ける必要があります。

ヨーグルトにはたくさんの種類があります。

それぞれ含まれているものが違いますから、ヨーグルトを毎日食べていても、種類が違うものを補給してあげても善玉菌をなかなか増やすことができないのです。

ヨーグルトもいろいろ

上手に善玉菌を増やすための取り方としては、まずは2週間ぐらい同じものを食べ続けるようにしましょう。

それでもしも便秘の解消など腸内環境の変化が感じられないのであれば、違うヨーグルトを試してみるのもいいでしょう。

なぜなら人のそれぞれに腸の中にいる菌が違うからです。

自分の腸にあった乳酸菌を見つけるにはいろいろと試してみる必要があります。しかしすぐには増えるわけではないので、一定期間試してみることが大切なのです。

ヨーグルトの効率良い食べ方とは

乳酸菌の効果

乳酸菌というのは胃や腸など身体の中に住んでいる善玉菌のことです。ビフィズス菌をはじめとしてたくさんの種類があり、今でも新しい菌がどんどん見つかっています。

善玉菌は腸内で良い働きをしてくれる良い菌を増やしてくれたり、腸にとって良くない菌が増えてしまうのを抑えてくれるといった働きがあります。

乳酸菌は腸内の環境をよい方向へ持っていってくれる効果があり、お腹の調子を整えてくれます。。

乳酸菌

具体的に乳酸菌にはどんな効果があるのかといえば、善玉菌を抑えて腸内の環境をよくしてくれるので、便秘の予防や解消といったことが期待できるわけです。

腸内の環境がよくなれば、免疫細胞の働きも活発になります。

この免疫細胞をより活発にしてあげるためにも乳酸菌は効果があり、自然治癒力がアップしていくので、免疫力の強化につながります。

自然治癒力アップ

免疫力がアップすれば、花粉症であったりアトピー皮膚炎などアレルギーからくるいろいろな症状を予防したり改善することも期待できるのです。

その他にも高血圧を予防したり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことも期待でき、乳酸菌を定期的に補給してあげることで、動脈硬化などの生活習慣病の予防にもつながります




生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top