生活雑感

【排卵痛の症状かも】月経から13日から15日ほどにやって来る傷みは排卵痛にはサプリと膣トレで改善!

排卵痛とは

一般的な女性の生理の周期は28日と言われています。
そして、28日のサイクルの中にも月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの期間があります。
このうち、排卵期は、月経から13日から15日ほど経ってからやって来ます。
排卵期は、卵胞ホルモンの分泌量が最も盛んになります。

人気記事:排卵痛と妊娠の確率?
排卵痛と妊娠の関係||排卵痛の日は妊娠する確率が高い?
http://xn—-tx8aw0qfraw19arw0a.top/

月経周期

排卵期に生じる下腹部の痛み

そして、黄体化ホルモンが急激に分泌されることで、卵胞から卵子が飛び出します。
この時期に、下腹部が張ったり、痛みを感じるというような症状が起こることがあります。
このように、排卵期に生じる下腹部の痛みを排卵痛と呼びます。
排卵痛の症状の程度には個人差がありますが、人によっては出血を伴うこともあります。
排卵 痛み

排卵痛の原因

排卵痛の主な原因は以下のことが考えられます。
排卵した後の卵胞は、黄体として卵巣に残り、卵巣が腫れたようになります。
すると、それが原因となり、下腹部が張ったり、痛くなったりする症状が起こります。
また、黄体化ホルモンが急激に分泌されると、便秘になりやすく、お腹が張るように感じる人もいます。
それから、排卵期に卵子が卵胞から飛び出す際、卵巣へダメージが与えられます。
それによって、卵巣から多量に出血すると、下腹部の痛みや張りを引き起すことがあります。
卵巣

また、卵子が飛び出す時に排卵痛を感じる人もいます。
以上のように、排卵痛が起こる原因はいくつか考えられますが、日常生活に影響が出るほど痛みがひどい場合は、婦人科を受診するようにしましょう。

排卵痛の改善方法

生理と生理のちょうど中間あたりに、人によっては腹痛を感じることがあります。
子宮の辺りや左右の卵巣の辺り、チクチクしたり、差し込むように痛んだり、人によっては生理痛より辛いという人もいて、生理痛と同様に個人差が大きいです。
排卵痛の改善方法

低用量ピル

排卵痛の改善方法はその人の症状の強さや頻度によって違いますが、
主な改善方法として毎月悩まされているような場合は、婦人科に行き低用量ピルを処方してもらうと良いです。
低用量ピルを飲むと、排卵が起こらなくなるので、排卵痛もなくなります。
低用量ピル

適度な運動

また血流が悪いと生理痛も重く、そのような女性は排卵痛もあることが多いです。
日頃の運動不足やストレスが血流を悪化させてしまうので、こまめにウォーキングをするなど、適度に体を動かすと良いです。

ウォーキング

漢方

知らず知らずのうちに、薄着やミニスカートで体が冷えてしまっている場合があるので、根本から体質改善を希望するなら、漢方を飲んでみるのも良いです。
漢方はその人の証に合ったものを飲んで初めて効果が期待できるものなので、自分で選んで購入するのではなく、漢方を扱っている病院を受診し、自分に合った漢方薬を処方してもらうことが大切です。
合わない漢方を飲んでいても、効果が得られませんし、逆に体にとっても良くないです。
冷え

>>排卵痛と生理痛と生理前症候群(PMS)<<

ピルで排卵痛が解消される?

ピルは現在、全世界で幅広い年齢層の女性に利用されています。

避妊目的だけじゃない

避妊目的が主ですが、ピルは女性にとって様々なメリットをもたらしてくれることが知られています。
生理中の出血量が減り、生理周期が安定する。
女性特有の子宮体がん、卵巣がんになりにくくなる。
肌荒れ、ニキビなどが改善する。
ピル

月経前症候群にも効果

そして、多くの女性を悩ませる、月経前症候群を軽くする効果もあるのです。

生理前になると、どうしても情緒不安定になってしまったり、身体がむくんでしまったりしまいますよね。
中でも、一番辛いのが排卵痛だと思います。
お腹が痛いと何をするにしても全力を出し切ることができませんよね。
排卵痛が重く、立ち上がることも出来なくなってしまう方もいらっしゃいます。
その痛みを解消してくれるのが、ピルなんです。
ピル

出来ることなら、生理中でも痛みを気にすることなく、いつもの様に生活したいですよね。
飲むだけでこの煩わしい痛みから解放されるなら、服用したいものですね。
ピルは排卵痛を軽くしてくれますが、医者、薬剤師の指示をしっかり守り服用しないと、これらの効果は表れません。
また、自分に合った薬に出会うためにも、医療機関を受診してから買い求めるようにしましょう。
医者、薬剤師の指示をしっかり守り服用

漢方で排卵痛を解消

生理前の排卵痛は辛いものですが、解消するには婦人科を受診すると良いです。
特に日常生活に支障がある場合には婦人科を受診すべきです。
生理前の排卵痛の原因は排卵後の女性ホルモンの急激な変化です。
排卵痛

ホルモンバランスの調整

そのため症状をなくすにはピルでホルモンバランスを調整する方法があります。
ピルは病院へ通院することで処方してもらえ、約3ヶ月は通院が必要になります。
漢方を処方する婦人科もあります。
ピルに抵抗がある場合などは漢方薬を処方する病院を選ぶことも良い選択です。
漢方は昔から女性の味方で、女性ならではの辛い排卵痛などの症状に有効です。
漢方は昔から女性の味方

気、血、水

気、血、水という考え方があり、月経前症候群は気、血、水のバランスが乱れいてる状態で、気の異常が頭痛などの症状が起こる要因となります。
漢方では気、血、水のどこに問題が生じているかを診て処方します。
毎月の排卵痛を改善する以外にもイライラや憂鬱な気分など、心の症状までも改善することが期待できるのです。
漢方

煎じ薬がより良く、鍋に煮出す必要があり毎日煮出すことを考えると手間になることはあります。
即効性はないのですが、長い期間摂取することで体質改善が可能で効果を得ることができます。
効果がでるまでの期間、痛みを抑えたい場合には医師に相談して的確に診断してもらうことも大切です。
漢方

排卵痛と生理痛の違い

排卵痛と生理痛は非常によく似ています。
基礎体温を測っていなかったり、生理日の記録をつけていないなら、何が原因で痛みが生じているのかわからないかもしれません。
排卵痛と生理痛

では排卵痛と生理痛の違いはどこにあるのでしょうか。

生理痛

生理痛は、子宮内膜がはがれる際に腹部の痛みを感じます。
子宮内膜を排出しようとして、子宮が収縮し痛みを引き起こします。
これにはあるホルモンが過剰に分泌されることで起き、激痛になることも少なくありません。

排卵痛と生理痛

排卵痛は卵子が排出される際に粘膜を刺激することで引き起こされます。
生理一日目から数えて、約二週間後に起こります。
排卵痛には少量に出血が伴うこともあります。

個人差がありますが、排卵痛は生理痛に比べて軽いことも特徴です。
またどちらも腰痛や頭痛を伴うこともあります。
ではつらい痛みにはどのように対処すればよいのでしょうか。
下半身を冷やさないように気をつけます。
体をあたためる食品を摂り、軽いストレッチなどで血行を良くするように気をつけましょう。
生理や排卵の前は、冷たい飲み物や刺激物は避けるようにします。

もしサプリメントや鎮痛剤を服用する際は、決められた量を痛みが激しくなる前に飲むことで、痛みを速く抑えることができます。


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top