生活雑感

疲労回復?疲れの原因が判れば対処する方法も見つけられる

  • 20代、疲れていても一晩寝ればなんとかなる。
  • 30歳を過ぎると、2~3日は疲れが残るようになる。
  • 40歳過ぎでは、週末を目標になんとか頑張る。
  • 50歳過ぎでは、疲れが抜けない、いつも疲れている。

加齢とともにおさらばできない「疲れ」。
この悪友ともいえる「疲れ」がいつまでも消えないことには原因があります。
自分にあった改善法を探してみましょう。

疲れ

疲れがとれない原因

まずは原因を知ることです。
疲れの原因が判れば対処する方法も見つけられるというものです、

質の良い睡眠をしてない

睡眠という「リセット機能」
人間は眠ることによって脳と心身の疲れを取り除くようにできています。

良い睡眠はストレスを改善し、睡眠中にいろいろなホルモン分泌されます。

個人的な話ですが私はヨコネの枕を使っています。

疲れ 睡眠

目覚めが悪い

あの嫌な目覚まし時計の音。
何も使わずに時間通りにスッキリと目覚めることができれば理想的。
何時に寝ても目覚まし時計が鳴る前に目が覚めるという方もおられます。
でもこれ「頑張り屋さんに多い「過緊張」というケースもあるようです。

目覚めが悪い

シャワーですませる

とくに夏場などシャワーだけですませて入浴しないこともあると思います。
でもこれ、汗を流してすっきりするだけ。
シャワーだけでは血行促進にはならず、お風呂ほどの疲労回復効果はありません。

シャワーですませる

肩こり・腰痛で眠れない

睡眠時には副交感神経が優位になりリラックスした状態になるのが自然。
ところが、肩こりによって首肩が緊張しリラックスできず、交感神経が優位になり、覚醒している状態になり眠りが浅くなります。
眠れないことによる疲労蓄積の悪循環になります。

肩こり・腰痛で眠れない

実は貧血だった

疲れやすい原因は血液検査をしたら貧血が原因だったなんてことも。
疲れ以外では、だるい、肩こり、首こり、顔色が悪い、肌の調子が悪い、寝起きが悪い、など。

実は貧血だった

肝機能が弱っている

なにしろ肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、知らず知らず肝臓を酷使させる生活をしている方も多いようです。
肝臓が悪くなっても痛みなどはありません、程度によっていろいろ症状がありますが、その中に「倦怠感」があります。
お酒を飲む方はもちろん、肝機能は乱れた食生活や肥満など、様々な原因がありますので気を付けましょう

肝機能が弱っている

疲れ改善には

疲れの改善に役立つ方法はいくつかあります。
これらを試してみて、それでも疲れが取れないという方。
疲れというものは病気が原因の場合がありますので病院で相談してみましょう。

ストレッチ

デスクワークの合間に気分転換も兼ねてストレッチしましょう。
寝る前にあまり張り切らない程度にするストレッチは効果的です。
ヨガもOK。ただし何事も「しすぎ」は禁物です。

疲れにはストレッチ

有酸素運動をする

ウォーキングや水泳はおすすめですが、あくまでも疲れすぎないように。
仕事の行き帰りに一駅歩く、隣町のスーパーに行く、階段の上り下り、掃除など。
こんな程度でも積み重ねで運動になります。

有酸素運動をする

眠りの質を改善する

光は睡眠に密接に関係しています。
テレビや電気をつけっぱなしで寝ると、脳が起きている状態で混乱が起こります。
そして寝る30分前にはテレビ・PC・スマホなどは、脳を覚醒させますので使わないことです。

眠りの質を改善する

シャワーではなく入浴を

シャワーですませず夜寝る前に湯船に使った入浴をしましょう。
できれば寝る30分前に入浴を済ませます。
なぜなら人は体温が冷めるときに眠くなる性質があるからです。
入浴は質の良い睡眠に繋がります。

シャワーではなく入浴を

甘い物やジャンクフードを控える

栄養ドリンクや、甘い物が疲れに良いというのは一時的に血糖値を上げるだけなので根本的な改善にはなりません。
昔ながらの素朴なお惣菜、ごはんとおかずの食事で腹八分目を心ががける。
できれば3食粗食を続けると、体調が良くなるのを実感できますよ。

178817918

サプリを飲んでみる

バランス良い食事が理想なのはわかってても、忙しい現代人、時間がなくて難しいという方はサプリを試してみましょう。
お酒も好きな私には「オルニチンサプリ」は確かに良かったです。
しじみのチカラ「オルニチンサプリ」は個人的におすすめです。
疲れて何もするきになれないときや、お酒を飲むことがある方は、オルニチンサプリを飲んでおくと安心です。

サプリを飲んでみる


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top