生活雑感

逆流性食道炎に悩んでいる人必見!改善の3つのポイント:唾液の分泌・睡眠・ストレッチ

逆流性食道炎に悩んでいる人必見!改善の3つのポイント:唾液の分泌・睡眠・ストレッチ

新ライター”ヒロシ”が逆流性食道炎の改善方法を紹介します!

逆流性食道炎を改善する難しさ

この記事を読んでいる人は逆流性食道炎(逆食)患者でしょう。

私も、以前は、逆食に悩まされていました。

実際の胃カメラの写真は↓です
逆流性食道炎(逆食)

その体験談をもとに、自宅で簡単に逆流性食道炎を改善する方法・メンタルトレーニングを紹介します。

逆流性食道炎を体験した人であれば分かると思いますが、

簡単に改善しません。

もう少し踏み込むと、少し良くなったかと思うと、またぶり返します。

治りそうで治らない

・・・・かなり焦らされます。

ただ、人によっては知らないうちに治っているということもあるかもしれません。

そこにも、改善した理由がありますので、細かく紹介していきます。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎は、食道下部の噴門障害とも言われます。
1日2リットル以上分泌されている胃酸が、胃と食道の境目が何らかの原因で開いてしまい胃液が食道に逆流してしまうこと。

逆流性食道炎とは

これによって、生じる食道の炎症のことです。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎は、いろいろな症状がでます。

私の場合は、背中の痛みからはじまりました。

なぜか、背中が痛い・・・。腰から20cmくらい上のポジション。

当初、筋肉がツッタのかと思っていましたが、人間ドックで胃カメラで逆流性食道炎を診断されたときに、初めてその症状と一致しました。

逆流性食道炎の症状

一般的には、

  • 胸焼け、焼ける感じの症状
  • ちりちりとした胸の痛むの症状
  • 呑酸(どんさん)
  • むかつきを感じる。
  • 食べ物がしみる、痛む。
  • 食道部の痛み・違和感
  • 胃が重い、痛い。
  • のどがつかえる、圧迫される、異物感。
  • 胸の痛みの症状
  • 食欲がない
  • 口が酸っぱくなる感じ。
  • 口の中に苦い水が上がってくる
  • 起床時に胸焼けがする

などなどさまざまです。

逆流性食道炎の原因

原因も、また、これ様々です。

逆流性食道炎の原因

  • 過度のストレス
  • 肥満
  • 食生活:暴飲暴食
  • 運動不足
  • 加齢
  • 季節要因

といわれていますが、個人的な感想は、複合的な原因が重なり、症状を起こしていると考えています。

”ヒロシ”が教える逆食改善方法

逆流性食道炎の原因を突き詰めると、胃酸過多と胃酸の逆流です。

胃酸過多を押さえる

胃酸の逆流を押さえる

この2つをケアできるば、改善に近づくのです。

胃酸過多を回避方法

胃酸過多は精神的(メンタル)と肉体的な面の両面が原因です。

ストレスを貯めないとか、規則正しい生活を送る・・・・・・

ということになるのですが、ここでは、そんな結論は出しません。

逆説的に考えると、胃酸過多というカラダの機能を自身でコントロールするのは難しいので、

胃酸過多以上に、唾液を分泌し中和させるのです。

私は、5年ほど逆流性食道炎に悩まされました。

その間、毎月、胃酸を押さえる薬を処方してもらい続けましたが、薬を飲んでいる時は安定しましたが、止めるとまた、痛みが発症します。

1回3000円くらいの金額になりますから、その金額もそれなりの金額になりました。

そこで気づいたのが、この方法です。

胃酸の逆流を押さえる方法

逆流性食道炎が、胃酸の逆流で胃の入り口が炎症することは先に紹介しましたが、胃酸の逆流って何?って感じです。

そもそも、胃酸自体を見たこともないし・・・・。

胃を強くすれば、改善するのか?

胃の入り口を強くするって何?

こんな感じです。

その気持ちは今も感じています。

自分のカラダだからといって、そう簡単にコントロールできる部分ではありません。

そこで、私が、逆流性食道炎で気をつけたことは睡眠です。

カラダを休ませることで、カラダの再生を促す。

それまで、徹夜が多かったり、大酒飲みで、生活習慣や食習慣はかなり乱れていました。

多くの人は、消化の良いものを食べたり、お酒を控えたり、ストレスのたまるような摂生をしようとします。

それなら、今までと同じ生活をしながら、その代わりに睡眠時間を増やす

こちらの方が、カラダにメリットが多いと考えたわけです。

ちなみに、横向きに寝る(ヨコネ)と睡眠の質が上がるみたいです。

運動は必要ないけど、体操くらいは

ダイエットでもそうですが、運動不足を改善しようとする多くの人は、続きにくい運動を始めがちです。

マラソン(ジョギング)、ジム通い・・・・・・。

でも、続かないでダイエット失敗!

という人、多くいるでしょう。

逆流性食道炎を改善するために、私が行った運動はストレッチです。

私の場合、冬になると逆流性食道炎の症状が激しくなる傾向がありました。

その原因は、寒くなることで血流が悪くなり、冷え性などを引き起こしていました。

そこで、血流を良くするために、時間があるときに背伸びをしたり、

冬は、起きても布団の中から出るのが億くうなので、そこで、足を上げたり、前屈ストレッチしたり・・・・・。

逆流性食道炎 ストレッチ

逆流性食道炎改善の要点まとめ

改善方法を紹介いましたが、
要するに

  • 唾液をたくさん出す
  • 睡眠時間を多く取る
  • ストレッチをする

この3つに気をつければ万全です。
私も、たまにヤンチャな生活をすると、逆流性食道炎の初期症状を感じる時があります。

その際は、唾液に注意し、睡眠時間を多くし、ストレッチに気をつけています。

このページで私が一番逆流性食道炎ついて知ってもらいたいこと

逆流性食道炎の治し方は、人それぞれ体質によって違います。

また、一度改善したとしても再発は必至です。
しかし、初期の段階でケアするノウハウを自分の中で持っていれば、重度の逆食に陥ることはありません。

わたしが、このページで伝えたいことは、
逆食になるたびに、無駄に病院に行き、都度、診断と薬で何となく安堵してもらいたくありません。

自分の治し方を見つけ、上手に逆食と付き合ってもらいたいのです。

私が逆食を改善したのは、細川式逆流性食道炎プログラムに出会ったことです。

逆流性食道炎を今すぐ改善するプログラムなら

細川式 逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法~は、
動画を駆使し体質改善を促すことで逆流性食道炎の改善し、逆流性食道炎になりにくい身体を作るものです。

これを実践することで、自分にあった逆食改善方法、再発防止法、また、初期段階のケアを身につけることができるでしょう。

DVD版もありますが高いので、ダウンロード版は12,800円で十分です。
これを持つことで一生役に立つことでしょう。
ナイトブラ導
>>http://gyakuryu.karada-kaiteki.com/

加齢も逆流性食道炎の原因の1つです

加齢、年を取ると唾液の分泌が落ちます。

余談ですが、
お正月に、餅をのどに詰まらせて亡くなる方がいますが、あれは明らかに唾液の分泌の低下が原因です。

逆流性食道炎の場合、
20代から発症する人も多々いますが、40代の発症も非常に多く、これも加齢が要因の1つです。

逆流性食道炎 加齢

体力が落ち、代謝も落ちます。
併せて唾液の分泌も落ちます。
さらに、仕事のストレスでさらに、胃酸過多にも陥りやすく、重度症状にもつながります。

実践してみよう!!Youtube動画を参考に

唾液腺のマッサージ

「カチカチ・ベロベロ体操」

その原因Xにあり 口臭痔尿もれSP 12月9日でも紹介されていました。

口臭予防(膿栓:臭い玉を取る方法)としても唾液の分泌は必須で、そこで紹介されていたカチカチ・ベロベロ体操はかなり唾液がでます。

やり方は

  • 歯を上下に動かし、カチカチ36回鳴らす。
  • 舌を外にだし回す (右に12回、左に12回)

これで、唾液がたくさん出たでしょう・・・。 

【追記】

精神を安定させる ストレス改善

逆流性食道炎がここまで、最近広まった理由は、精神的なストレスが原因ではないかと考えます。

では、昔より今の方がストレス社会のか?
個人的な見解として NO! だと思います。

ストレスは昔からありましたし、日々、人は悩んでいます。
悩みに悩んで、逃げ出したいこともたくさんあるでしょうが、1年後それを思い出すことすらできない、要するにそれほど大きなことではなかった・・・ということの積み重ねではないか?と思います。

しかし、では、なぜ、逆流性食道炎の原因がストレスと考えるのか?

それは、社会環境、情報です。
昔は、悩んでもいても、我慢することは大和魂でした。
しかし、今は、それぞれ病状として確立しています。

うつ病が増えたのも、うつ病という病名があるため、みんなそちらに逃げたくなるのです。

要するし、ストレスをストレスと感じ、それが体に悪く胃に来る。
これを病院では薬で治そうとして、胃の本来の回復機能を弱られせる。

このサイクルが、原因ではないか?っと考えています。

自然治療とは言いませんが、自分の身体のメンテナンスを自分で行うことができるのが逆流性食道炎です。

薬は治すものではなく、悪化させないものです。
症状を浴るためのノウハウを見つけていくのです。

精神が不安定になることは多々あるでしょう。
それに過敏になってはいけないのです。
不安を少しでも楽しむのです。
このあと、どうなるのか?良いも悪いも想像するだけで、そのストレスはやわらぎます。

悪いことばかり考えているようであれば、俺はリスク管理がしっかりできてるな!っと褒めてあげてれば、多少なりともストレス軽減です。

スポーツをしてストレス解消!これは間違いです。
過敏にストレスを感じている時は、スポーツどころではありまんから・・・。

症状を少しでもよくしたいのであれば、まず、自分と向き合いましょう。


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top