生活雑感

【赤ら顔には”白漢 しろ彩”】赤ら顔の治し方・原因(肌トラブル・酒さ・アトピー)から分かった化粧水の選び方

赤ら顔で悩んでいる人は少なくありません。

赤ら顔の方の多くは、ニキビや肌の乾燥など多く肌トラブルを抱えている人が多く、その改善方法は簡単ではありあません。

赤ら顔

そこで、赤ら顔にもいろんなタイプに合わせ、私の意見だけでなくネットからのリサーチも含め、赤ら顔治し方を紹介します

赤ら顔ケアなら和漢化粧水「白漢 しろ彩」がオススメ

赤ら顔専用化粧水:しろ彩詳細はコチラ

赤ら顔の悩み

赤ら顔の悩み

赤ちゃん、子供のほっぺた(ほっぺ)が赤いのは可愛く思います。

しかし、大の大人が頬が真っ赤なのは非常に恥ずかしいでしょう。

チークの塗りすぎ?
なんて言われたくないですよね。

赤ら顔を隠すために、メイクで隠すことも可能ですが、
メイク下地・コンシーラー、、ファンデーション、チークでごまかそうとしてもそう簡単にはいきません。

ここでは、赤ら顔の治し方
原因や症状をはじめ化粧水の選び方・メイク方法・赤ら顔に効くツボ・漢方での改善方法を紹介します。

赤ら顔 チーク

赤ら顔とは

赤ら顔とは、皮膚が薄く、血管が膨張してうっ血状態になることです。

簡単に説明すると、顔中にめぐられた毛細血管の血液がなんらかの状況で過剰に透けて見えることです。

  • 緊張したり、人前に出ると赤くなる人
  • 鼻や頬が赤くなる”酒さ”の症状
  • 寒くによる血管の収縮・肌の代謝の狂いから来る赤ら顔

などがあります。

赤ら顔:皮膚の薄さが原因の赤ら顔:皮膚の厚さ・薄さ

身体を巡る血管、とりわけ皮膚には毛細血管が張り巡っていますが、通常、皮膚の表面からは見えません。
しかし、表皮が薄い人は透けて見えてしまうため赤く見え、赤ら顔は鼻や頬はとりわけ皮膚が薄いため目立つことがあります。

赤ら顔:気温の変化

急に寒くなったり、寒いところから暖かいところに移動したりすると、毛細血管の拡張・伸縮が急激に働きます。
生活習慣、遺伝、肌ケアなどにより、その拡張・伸縮、血流のコントロールの乱れが赤ら顔の原因です。

赤ら顔:ニキビが原因の赤ら顔:ニキビ・肌トラブル

炎症に伴う肌トラブル、特にニキビは、ニキビ箇所とその周りが赤くなります。
トラブルがちな肌、アトピーの人は、そのニキビの数や完治までの時間がかかり赤ら顔がより一層引き立ちます。

赤ら顔:毛穴の開き・ほてり

毛穴トラブルも赤ら顔の原因です。
黒いポツポツや赤い毛穴など、毛穴のつまり、毛穴に菌が入り炎症を起こすことでニキビができやすく、また、血流が悪くなり”ほてり”の原因にもなります。

赤ら顔:アレルギーやアトピーが原因

アトピーやアレルギーが原因の赤ら顔は、アトピーが良くならない限り炎症が続きます。
炎症が続けば赤ら顔が治らないという悪循環になります。
アトピー肌の方の場合、皮膚のバリア機能が低下していることが多く、皮膚のバリア機能・清潔感を保つ・正常にするようにしましょう。
皮膚のバリア機能を正常化することをメインにケアをしていくことで、乾燥肌や肌トラブルも予防できます

赤ら顔:酒さ

酒さは、皮脂腺が増殖することで毛細血管が拡張することで皮膚が赤みを帯びてしまう症状です。
その名前の通り、お酒を飲んでような顔が赤くなるような状況がそれです。
酒さによる赤ら顔は、紫外線やスキンケアによる肌に刺激を与えないようにすることがポイントです。

赤ら顔改善方法

赤ら顔が気になっている人、悩んでいる人、また、深刻な症状の人のために改善方法を紹介します。

赤ら顔改善の食事改善・成分

赤ら顔を治す・改善する食事
食事改善の基本は、

      暴飲暴食をしない
  • たばこ・アルコール・香辛料(刺激物)を控えること

と 

      積極的に肌にいい食材・成分を摂取する
  • ビタミンC、コラーゲン、乳酸菌、セラミド、コエンザイムQ10

ということです。

たばこの吸いすぎ、アルコールの過剰摂取、刺激物は肌には大敵です。

ビタミンCには皮脂を抑える効果がありますし、
美肌にはコラーゲンといいますし、
乳酸菌なら善玉菌がいいですし、
セラミドを多く含む食品としてはこんにゃく芋、
コエンザイムQ10なら、いわしやサバなどの青魚
が有名です。

赤ら顔改善化粧水

赤ら顔改善のスキンケア・化粧水

一番手っ取り早く、効果を実感できるのが、肌ケア、スキンケアです。

  • 肌にダメージ(刺激)を与えない
  • 皮膚の炎症をを抑える
  • 毛細血管のひろがりを抑える
  • 肌を再生を促す

肌へのダメージに関しては
過剰な洗顔を避ける、アルコール・パラベン、鉱物油、フェノキシエタノールなどの添加物のはいった化粧品を使用しない。

肌を再生に関しては
ビタミンCを肌に浸透させやすくする成分、美白効果に優れた成分でもあるビタミンC誘導体を含む化粧品を使用する。

赤ら顔専用の和漢化粧水「白漢 しろ彩」

「赤ら顔」や「酒さ」でお悩みの方に「しろ彩」をおすすめします。
しろ彩

  • 頬や鼻、顎がいつも赤い
  • 赤みがひどくてメイクでも隠せない
  • 皮膚が薄くて毛細血管が透けて見える
  • ニキビ跡の赤みがひかない
  • 首から下は白いのに顔だけ赤い
  • 敏感肌で肌に合うものがなかなかない・・・。

などのお悩みの方へ、赤ら顔専用の化粧水です!!

白漢 しろ彩

赤ら顔に効果抜群!しろ彩の効果・実感

広がった血管にアプローチ!
たった28日間で、赤みのあった肌が、赤みの少ない肌に。

アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油などは一切していないためデリケートな肌の方でも安心して使えます!

しろ彩口コミ

気になるのは、自分の肌に合うか?効果を実感できるか?
ということでしょう。
今なら、30日の返金保証付きだから安心です!

30日の返金保証付き
しろ彩公式サイト http://b-shiki.jp/
和漢化粧水「白漢 しろ彩」

しろ彩 の口コミ
口コミ・評判通りのしろ彩でした

口コミ・評判通りのしろ彩女優やモデルのような透明感のある白い肌に憧れていたのですが、もともと赤ら顔なので、高級な化粧品を使っても、頬や鼻の赤みを消せないことで悩んでいました。
それをケアできる化粧品はないかとネットで探していて見つけたのが、しろ彩でした。
口コミの評判が良かったため、早速取り寄せて使ってみたところ、肌への浸透力がよく、新しい化粧品を使ったときに感じることが多かった、ピリピリ感もなかったので、これなら敏感肌の私でも使えると思いましたね。
冬の乾燥しやすい季節に外出しても、一日中お肌がかさつかず、うるおいが長く続くようになりましたし、顔の赤みも少しずつ薄くなり、2週間もすれば目立たなくなりました。
ファンデーションを厚塗りして赤ら顔を隠す必要がなくなりメイクの時間も短くなったので、購入して本当に良かったです。

ニキビ跡にしろ彩を使用しました

ニキビ跡が気になっていたので何か効果的なものはないかと探していたところ、しろ彩が効果が高いと聞いたので口コミを見てみました。
3ヶ月ほどで効果を感じる方が多いようですし、お肌の弱い私にも大丈夫そうだったので試してみようと思いました。
使い始めてみると、乾燥している時期だったせいかピリピリとしましたが2日ほどでそれもなくなりました。
少し白くてとろみがあるので、使用感はお肌にピタッとのってグングン浸透していく感じがします。
その後のお肌は、ふっくらモチモチするのですがベタつきがなくお化粧のりが使うほどによくなりました。
この時期は乾燥すると、粉をふいたようにカサカサしてニキビも出やすかったのですがうるおいが長続きするので、ニキビも少なくなりお肌のキメも整ってきました。
ニキビ跡も薄くなってきましたので、このまま使い続けようと思っています。

しろ彩公式サイト http://b-shiki.jp/
和漢化粧水「白漢 しろ彩」

鼻まわり赤みにしろ彩を使ってよかったです

私は以前から顔の赤み、特に鼻まわり赤みに悩まされてきました。
人と話をしていても、その人が赤みを見ているのではないかと気になってしまいました。
思い悩んで皮膚科へ相談したこともありましたが、満足のいくような効果を得ることができませんでした。
ネットで赤みケアの情報収集を行っていた時、偶然に見つけたのがしろ彩でした。
口コミを確認すると高評価が多く、しろ彩を使うことを決めました。現在は使用開始から3ヶ月が経っていますが、顔の赤みが改善されたことに驚いています。
特に気になっていた鼻まわり赤みも、ほとんど気にならなくなりました。長年の悩みがこんなに簡単に解消されたことに、心から驚くと同時に感激でいっぱいです。

使用感が抜群のしろ彩でした

鼻まわり赤みにしろ彩普段と違った化粧水や洗顔を使うとすぐに顔が赤くなってしまい、常に顔の赤みが気になっていました。
今までいろんな化粧水を試してきたのですが、肌がヒリヒリとして自分には合わないものばかりだったので、特に効果を得ることができなかったのです。
そんな時、インターネットでしろ彩のことを知ったのです。
口コミをじっくり読んで検証してみたのですが、肌に優しいという点が決め手となり、これなら私でも使えそうだと思ったので試してみることにしました。
使用感はとても優しく、肌に浸透させたあともヒリヒリしたり、痒みなども出ることがありませんでした。
また、しっかり潤うので一年中使うことができますし、使い続けて三週間ほどで気になっていた顔の赤みも引いて驚いています。

しろ彩で一ヶ月ほどで顔の赤みが引きました

しろ彩で顔の赤みが引きました長年、赤ら顔に悩んでいました。
これまでいろんな化粧品を使ったのですが、肌に合わなくてピリピリしたり、痒みが出たりすることがあったので長く使用することができなかったのです。
そんな悩みを友達に相談すると、しろ彩が良いらしいと聞いたので、インターネットで検索して口コミを読んでみると評判が上々だったので、これなら私でも使用できそうだと思って試してみることにしたのです。
さっそく使用してみたのですが、今まで使っていた化粧品の中でも一番優しいつけ心地だと感じました。
また、しっかり保湿してくれるので季節を問わず使用することができそうです。
一ヶ月ほどで顔の赤みも確実に引いてきたし、冬でもしっかり潤うので乾燥知らずになりました。

しろ彩公式サイト http://b-shiki.jp/
和漢化粧水「白漢 しろ彩」

酒さの症状かいぜんに”しろ彩”を使いました

たまに暑くなると顔がほてってしまい、他の人よりも赤ら顔が治るのに時間がかかるので、ひょっとしたらこれは酒さという症状なのではないかと気にしていました。
しろ彩は真っ白なボトルと清潔感のある雰囲気に惹かれ、美白のコスメかなと思いましたが、赤ら顔にもこうかがあるとあったので使ってみることにしました。
無添加だというのも安心でしたし、毛細血管に働きかけるという浸透力の良さも今までにないテクスチャでそのしっとりとした手触りに驚きました。
人前でも赤ら顔が気にならなくなり、気分よくいられるようになったのでリピートしています。

しろ彩は、敏感肌の私でも大丈夫でした

敏感肌以前から赤ら顔に悩んでいて、ありとあらゆる方法を試して改善を試みてきました。
皮膚科にもいきましたがこれといった効果も見られず、洗顔料やクリーム、美容液や民間療法なども試してみましたがあまり効果は見られませんでした。
しろ彩はネットの口コミを参考に購入しましたが、今まで一番効果が見られました。
しっとりするのに肌はべたつかず、きになっていた頬の赤みが改善されました。
敏感肌の私にも刺激を感じることなく使えています。

しろ彩は無添加の和漢化粧品がうれしい

幼い頃から赤ら顔で、成人しても治らなくて困っていました。
メイクでカバ-しても隠し切れず、チ-クが使えずずっとこの赤ら顔と付き合って行くしかないのかと悩んでいた時にしろ彩を見つけました。
原因も分からず治し様がないと思っていたので、もしかしたらとの思いから使ってみる事にしました。
しろ彩は無添加の和漢化粧品なので敏感肌の私でも安心して使えましたし、実際に一カ月間使ってみて赤みが引いているのが分かりました。
これからもしろ彩を使って赤ら顔をもっと目立ちにくくして行きたいです。

しろ彩公式サイトはこちら

赤ら顔改善 漢方

赤ら顔改善に良いとされる漢方薬の基本は、血流を改善する、脂性を解消するなどを期待するものです。

桂枝茯苓丸、知柏地黄丸、天王補心丹、滋陰降火湯、温経湯、桃核承気湯、半夏瀉心湯などが代表的です。

赤ら顔改善のツボ

赤ら顔を改善するツボですが、基本的に

  • 血流を安定させるツボ
  • 皮脂の分泌を抑えるツボ

を抑えたいところです。

肩こりなど血流をよくする天柱
後ろの髪の生え際の2本の太い筋の外側にあるくぼみの部分
天柱
出典:http://jiritsuguide.com/improvement/tsubo_tentyu.html

上腕の血液の流れをよくする臂臑
臂臑は片手を腰にあてて腕をVの字に曲げると、腕の付け根の三角筋が浮き出てきますが、その三角筋の先と骨との境目(前側)
臂臑(ひじゅ)

肩髃
肩の先端で、腕を真横に動かすとできるクボミ
肩髃(けんぐう)
出典:http://www.tsubomaster.com/%E8%82%A9%E9%AB%83_%E3%81%A4%E3%81%BC

冷え改善などにもよい湧泉
土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所
湧泉
出典:http://www.tubodojo.com/ashimomi/hiro.htm

皮脂を抑制してくれる完骨
耳の後ろ、出っ張った骨(乳様突起)の下端、後ろ側のくぼみ
完骨
出典:http://ourage.jp/column/mainichi_yojo/33764/

皮脂には皮脂の分泌をコントロール合谷も
手の人差し指と親指の間にあるツボ。

血流をよくし、身体の下に血をいきわたらせる肝経のツボも押さえておきたいです
太衝(たいしょう)
の親指と人差し指の骨の合わせ目あたり
太衝(たいしょう)

血海(けっかい)
膝のお皿の上、内側の角から指3本分上がったところ
血海(けっかい)
出典:http://ourage.jp/

【注目記事】
イチゴ鼻ならD.U.Oザクレンジングバームがおすすめです


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top