生活雑感

冷え性には鉄分とアミノ酸!!冷え性改善による嬉しい効果:冷え性を根本から考えてみる。

寒い!寒い!

昔から冷え性の私。

夏場でもエアコンの設定温度で上司と喧嘩することも・・・。

そこで、冷え性について、冷え性を改善する方法、冷え性改善で得られる効果を紹介します。

冷え性改善

冷え性の原因

血行不良

冷え性の原因は血行不良が挙げられます。

細胞は血液を通し栄養や酸素を受け取ることで活性化します。

よって血行不良になることで活性化しにくくなるめ、それが体が冷えの原因となります。

締め付けがきつい衣服を着用していると、その影響で血管が狭まり血行不良が起こりやすくなりますから、この点にも気をつけるといいですね。

筋肉

また、冷え性の方の多くは、
体内で作られる熱量が少ない、基礎体温が低い人など、身体の熱を作り出す筋肉が影響している場合があります。

人間の生活に必要な1日分の熱は、筋肉が6割作っていると言われています。

身体を動かすと熱くなるのは、筋肉が動くことによって熱が発生し、発生した熱が血液を温められるとそれが全身に巡るため身体中が温かくなるのです。

しかし、冷え性の人は筋肉量が不足しているため、多くの熱を作り出すことができません。

筋肉は使わないとだんだんと衰えてしまいますし、仕事で1日中デスクに座っていたり、休みの日にも家でゴロゴロしている生活をしていると、必然的に筋肉量は減ってしまいます。

また、加齢によっても筋肉量は減ってしまいますので、冷え性の人は、特にまずは簡単なところから運動を始めてみると良いでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや栄養過多により、現代人はホルモンバランスが崩れも1つの原因です。

ストレスが続くと自律神経が乱れます。

自律神経の働きを簡単に説明すると

昼間にアクティブに活動するための交感神経

夜間にリラックスして身体を休めるための副交感神経

がバランスよく働いているのですが、ストレスが理由で交感神経と副交感神経の乱れ、自律神経の乱れが生じます。

自律神経は、心臓や呼吸、消化などに関係する筋肉を動かす働きもありますので自律神経が乱れることによって、血行が悪くなること、体温調節の乱れが原因で冷え性になってしまうとも言われています。

なぜ冷え性は女性に多いの?

冬の冷え性だけでなく、夏もエアコンの効いたオフィスなどでブランケットをかけて冷え性対策をしている方が多いですね。

夏の冷え性は、女性に多く、全体から見ても冷え性は女性と言えます。

それは男と女の生体恒常性の違いになります。

女性の場合、そもそもの機能として子宮や卵巣などが腹部に血液集中しやすいのです。

血液が腹部に集中することによって、腹部から離れた顔面、手、足はどうしても血液の流れが後回しになります。

血流が悪いつま先の冷えやかかとがガチゴチかかとになるものこのためです。

一方男性は筋肉量も血液量も多いことから、血の巡りが良いため冷え性になりにくいのです。

参考サイト:https://www.bottegaio.biz//
冷え性サプリメントおすすめ比較ランキング:冷え性の原因・改善方法

ホルモンバランスの乱れ

冷え性の改善で得られる効果

冷え性の原因はいろいろありますが、大きなくくりで言えば、体質改善です。

体質が変わることでうれしい効果を実感することができるでしょう。

首・肩こり・頭痛

首や肩のこりの原因は、血流の悪さ

です。
筋肉が堅くなり、血流が悪くなり、血行が悪くなるわけですから、良質な筋肉量も血液量になることで冷え性を改善とともに、首や肩こり、また、肩こりからくる頭痛改善も期待できます。

冷え性 肩こり・頭痛

肌荒れ

血流が悪くなれば血管がつまります。
血管のつまりから代謝が悪くなりターンオーバーが乱れたり老廃物がたまりやすくなります。
このサイクルが肌荒れの原因の1つです。
冷え性改善と肌荒れ改善は意外とかもしれませんが、深いつながりがあるのです。

冷え性 肌荒れ

足のむくみ

冷えによる血流の悪化は、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなります。
これが足のむくみを引き起こしているため、血流と適度な筋肉をつけることで改善が期待できます。

冷え性 足のむくみ

頻尿

寒くなるとトイレが近くなるといわれています。
冷え性の人の場合、特に

  • 汗をかかない
  • 血流の悪さから膀胱が収縮し尿を溜められない

という体質的なものと

  • 身体を温めようとして、過剰に温かい飲み物を摂取する

という心理的な要因から、頻尿を引き起こします。
下半身の血流が改善することで、頻尿改善も望めます。

生理痛・排卵痛

冷え性から血流が悪くなると子宮の機能が低下し、ホルモンバランスも崩れがちになり、生理不順を引き起こします。
基礎代謝をアップさせることで血行促進にもつながるため、基礎体温アップが生理痛・排卵痛の改善にもつながります。

冷え性 生理不順

更年期障害

更年期障害と冷えは大きなかかわりがあります。
更年期障害の症状は様々なので、冷え解消が更年期障害改善とはいきませんが、
更年期の方は、冷えを感じることが多く、ホルモンバランスの乱れ、血流の流れを改善することで、症状を和らげる効果もあります。

冷え性の改善方法

寒い季節になってくると冷え性で悩まされ、酷いときには体が冷えて眠れないこともあるほどですので、あまり軽視もできません。

外気温の変化によって体温が低下しないよう、冬場などは暖かい服装を心がけることが重要です。

特に首、ふくらはぎを温めるようにすると効果的です。

また、いつも冷たいドリンクばかり飲んでいる方はなるべく温かい飲み物を、また、常温のドリンクを飲んでいくのがお勧めです。

いつもシャワーで済ませている方はお風呂に入って冷え症対策するのも効果的です。

お風呂ならすぐに体を温められますし、手足が冷えて眠れないといった悩みも解決できます。

これらの改善を総合的にケアしていくことで、体質改善、良い血流の流れを作ることができます。

体温が1度下がると免疫力や代謝が低下するといわれます。

体温が下がると血行が悪くなり、老廃物が溜まって栄養などの必要な物が運べなくなることが冷えの症状を生んでいます。

代謝アップ、血行促進、基礎体温アップを連動させていくことで期待できますが、即効性はなく、時間をかけて徐々に体質改善をしていくことで冷え性改善に近づきます。

免疫力の強い体、風邪を引きにくくする、病気になりにくくする、重ね着をしなくても大丈夫な体質を目指したいですね。

冷え性改善方法:白湯を飲む

冷え性の改善には、朝起きたらまず白湯を飲むことです。

朝は、1日の中で最も水分が失われている状態です。

体温が最も低い朝は、吸収しやすい白湯を飲むことで身体が温まりやすくなります。

また、胃や腸があたたまるため、腸管が活発に働き出し、代謝が上がり、熱が作られるようになるため、冷え性改善につながります。

白湯はいったん沸騰させた湯をぬるく冷ましたものなのでカロリーもなく、食事前に飲むことで食べ過ぎや飲み過ぎを防ぐことができます。

紅茶やコーヒーにはカフェインが含まれているため、頻尿の原因であったり、交感神経が刺激され、血管が収縮し血流が悪くなってしまうため、冷え性の人は、日中の紅茶やコーヒーも白湯に変えてみることをおすすめします。

冷え性改善方法:体を温める食べ物を摂る

冷え性の改善法で試したいと思うのが、食の改善ではないでしょうか?

体質とあきらめず、食生活や生活習慣を少しずつ改善して体を温めていくのもいいでしょう。

そこで、体を温める食べ物を積極的に摂取するというのも効果的です。

寒い時に取れるものや寒い地方でとれるもの、色や味の濃いもの、地中に向かって伸びるものは身体を温める食材とされています。

冷え性にきく体を温める食べ物は、小松菜やみかん、かぼちゃ、生姜、人参、玉ねぎ、ごぼうやカボチャといった野菜です。

例えば人参にはビタミンAやビタミンEを含んでおり、血液を作ったり血管の拡張、血流促進などの効果があります。

また玉ねぎにも血流促進の効果、発汗作用があります。

人参と玉ねぎと聞いて多くの人が思いつく料理といえばカレーライスや肉じゃがではないでしょうか。

実は日頃から食べているような一般的な料理が冷え性に効果があるということです。

他にも生姜のポカポカ効果は有名です。

生姜は炒め物や鍋、煮物など幅広い料理に使えます。

いつも飲んでいるホットドリンクに粉末の生姜を入れるだけで冷え性対策になります。

また、
改善法を逆手にとって、逆に体を冷やす食べ物を避けることも効果的と言えるのではないでしょうか。

例えばバナナや白砂糖、コーヒーといったものです。

バナナ自体は栄養豊富で朝から朝食としても好まれますが体を冷やしてしまうので、温かいスープと一緒に摂取すると良いでしょう。

白砂糖とコーヒーというのは日常的に多くの人が摂取しています。

ちょっとしたブレイクタイムには良いかもしれませんが、できるだけ控える方が良いでしょう。

発酵食品で冷え性対策

冷え性を放置していると血液や代謝の流れも悪くなり、ダイエットしても痩せにくいですし、便秘体質になる原因にもなってしまいます。

ですから、食生活にも気をつけて体を温める発酵食品など、積極的に食べていくといいでしょう。

発酵食品というと味噌や納豆、ヨーグルトなどが有名です。

唐辛子やスパイス系も体を温めることは出来ますが、毎日食べるなら発酵食品の方が続けやすいといえます。

栄養価も高く、バランスのいい食事がとれますし、体を温めて血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。

冷え性改善方法:足湯

夜になると末端が冷えてしまって眠れない、という冷え性の人が多くでしょう。

即効性という意味でおすすめなのが足湯です。

足湯と言えば温泉地などにあるものを想像しがちですが、自宅でも簡単に行うことができるのです。

毛布を何枚も重ねたり、靴下を履いて眠るという冷え性の人も多いですが、外側からだけではなく身体の内側から温める方が効率よく身体を温めることが可能です。

やり方は簡単です。

膝まで入るバケツや浴槽に熱めたお湯を入れて、膝まで浸かるだけです。

そのまま10分~15分すれば、膝から下しかお湯につかっていないのに、身体の内側から温まり、じんわりと汗をかいてきます。

これはお湯によって温まった血液が身体中を巡り、身体の芯から温まったからです。

この時にお湯にアロマを垂らすのもリラックスできて冷え性の改善には効果的です。

気に入っている香りのものや、冷えを解消してくれるものならばさらに相乗効果が期待できるでしょう。

膝まで入るバケツがなかったり、お湯をためるのが面倒な場合には、足首が隠れる程度のお湯でも構いません。

この時、お風呂場などでは身体が冷えてしまうこともあるため、上半身は1枚多く着込んだり、ひざ掛けを使うことにより、効率的に身体を温めることができます。

冷え性改善方法:成分&サプリメント

過度なダイエットや偏った栄養摂取の影響から血流が悪くなる冷え性対策との一つにサプリメントがあります。

サプリメントは不足している栄養素を簡単に摂取することで便利ですし、偏った栄養状態でもサプリメントを利用することで補うことが可能となります。

冷え性には鉄分補給

まさしくは、全身に酸素を運ぶ大切な役割を持っています。

鉄不足になることで、酸素が体に行き届かなくなり、その血流の鈍化が代謝を弱めますので冷え性につながるのです。

貧血気味の人が冷え性を抱えているというものうなづけますし、月経による出血、過度のダイエットで食生活が乱れると鉄分不足に陥ることも多く鉄分補給は冷え性の改善にはかかせません。

冷え性改善サプリメント鉄分+生姜の美めぐり習慣

美めぐり習慣」は、普段の食生活では足りない鉄分を補ってくれるので、体の内部の血流をよくしてくれます。
鉄分だけではなく、国産のオーガニック生姜も配合されているので、万能サプリとも言えます。

国産のオーガニック生姜

飲み始めることで、自然と冷え性が解消されていくのを実感します。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

美めぐり習慣
鉄分サプリメント
>> 公式サイトはこちら

冷え性にはアミノ酸

アミノ酸が冷え性改善に欠かせない!ということをご存知でしょうか?

アミノ酸は、疲労回復や運動効果が倍増させるというイメージがありますが、アミノ酸の一種であるアルギニン不足になると筋肉などタンパク質から構成されているものをうまく作れなくなります。

ホルモンの分泌を促進させる作用があり、これが血管拡張作用となり冷え性改善につながるということなのです。

アミノ酸サプリメントのポイントはスッポン

身体が冷えて困っているときは、燃焼力が低下している可能性があります。

冷えは肥満の原因と昔から言われますが、これは燃焼力が低下して脂肪がうまく燃えなくなるからです。

燃焼体質に変えていくためにはアミノ酸が大切であり、一番よいのはアミノ酸サプリを利用する方法です。

バランスよく必須アミノ酸が含まれていますから、食生活が乱れている方におすすめします。

冷え性を解消することは免疫力を向上させることにもなりますので、病気を遠ざけることもできるのです。

そこで、アミノ酸を豊富に含む食材を挙げるとスッポンです。

スッポンには、ダイエット効果もありますが、それはアミノ酸が基礎代謝を促してくれるからです。

また、筋肉はタンパク質からできていますが、そのたんぱく質はアミノ酸から作られますので、良質な筋肉を作ることで冷え性を改善にもつながるのです。

アミノ酸サプリメントならすっぽんスリム酵素
  • ダイエットもしたい!
  • 冷え性も改善したい!

という人におすすめなのが、スッポンサプリでもあるすっぽんスリム酵素です。

すっぽんスリム酵素

すっぽんのアミノ酸が冷え性改善を促し、合わせて代謝環境を整え脂肪を燃焼しやすくする酵素も配合!

アミノ酸サプリメント

今なら、毎月300名限定
通常4,266円が実質無料(送料540円のみ)

>> すっぽんスリム酵素:公式サイトはこちら

冷え性にはカプサイシン

冷え性に効くサプリメントとしてカプサイシンがあります。

カプサイシンは唐辛子の様な辛みを含む食物に含まれており、発汗・発熱作用を持ちます。

そのためカプサイシンを含むものを使用することで体温を上げることが可能となります。

また継続して服用することで体温がその状態を維持することにも繋がり、自然と以前よりも高い体温になることが可能です。

体温が上がるとそれに伴い冷え性も改善するため、自身に合った対策をとることがより良いとされます。

冷え性改善方法:漢方

基本的に西洋医学では「冷え」という病名はありません、ですから「冷え性」と診断されることはないのです。

しかし漢方医学では「冷え性」と「冷え症」の2通りの表現があり、

体が冷えやすい「体質」のことを総して「冷え性」と言います。

そして、

その中の「症状」として「冷え症」があります。

具体的症状には手足が冷える、足が冷えてよく眠れなかったり、冷房にあたるとお腹を壊したりというものがあります。

主な原因には自律神経の乱れが考えられます。

自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかなくなり、結果、冷え性を引き起こします。

では、なぜ冷えはいけないのか?

それはただ身体が冷えてつらいというだけでなく、冷えがさまざまな症状、腰痛や低血圧などを引き起こし、それゆえ、また大きな病いの原因にもなりかねないからなのです。

漢方医学は身体の中のはたらきをよくして、症状を改善していくことを目的としているので、冷え性の治療は得意分野に入ります。

ひとくちに冷えといってもひとそれぞれの体質や原因によって、薬の内容も変わってきます。

それゆえに、しっかりした漢方医に問診を受けることをおすすめします。自分の食生活や日常生活も見直す必要があるかもしれません。
冷え性 漢方

病院で漢方を処方してもらう

東洋医学では、体を冷やすことは血の巡りを悪くし、内臓を冷やすことになるので臓器の働きが悪くなったり、風邪を引きやすくなったり、妊娠しにくくなったりと非常に基礎体温を重視します。

漢方の場合、体を外側から温めるのではなく、内側から改善を目指すものですね。

ドラッグストアなどにも漢方が入っている薬が売られていますし、

漢方専門の病院などでも冷え性に効くものを処方してくれます。

病院だと保険が利いて安い値段で手に入れることが出来るので、良いかもしれません。

しかしながら、漢方は飲んだからといってすぐに効果があるものではなく、継続的に服用することで効果が期待できます。

内側から体を改善していくものなので、徐々に体質を変えていきます。

粉薬などは多少、飲みにくい香りや感触があるものもありますが、錠剤などはそれほどくせもなく、飲みやすいものもあるので、医師に相談してみると良いでしょう。

冷え性改善方法:ツボとお灸

冷え性に効くツボ

で知られているのが、足の裏側、つま先とかかとの3分の1くらいにある、くぼみの部分です。

湧泉(ゆうせん)というツボです。

この部分を息を吐きながら3秒押して離します。5回から10回程度繰り返し、左右行います。

できれば、朝と入浴後に続けると効果的で、血行がよくなっていくのが実感できます。

血液は心臓に向かって流れています。

足の裏は、第二の心臓ともいわれているので、足の裏のツボを刺激することで血行がよくなり、その際、お腹の中からゆっくり息を吐きながらリラックスした状態でゆっくり行うのがポイントです。

お灸も続けることで、冷え性に効果があります。

昔からお灸が使われているように、お灸には自然に自分の体を治す力・病気にならない体を整えていく働きます。

おへそから指4本分下にある、関元というツボに冷え性改善の効果があります。

虚弱体質を改善するとも言われ、食事後や入浴前後は、やけどになりやすいので注意が必要です。

今はラベンダーの香りなど女性向けのものもあり、リラックスできると人気も集まっています。

体質をかえて冷え性改善につとめることが大切です。

冷え性改善方法:アロマ

冷え性を改善できるアロマは何種類かあります。

まずオレンジスイートです。

数あるアロマオイルの中でも人気があり、馴染みのある香りが初心者にも心地よく、オレンジの皮から抽出され、果実をそのまま絞ったような甘酸っぱくてフレッシュな香りです。

使われるオレンジにはスイート種とビター種があり、ビター種は少し苦味があり大人向けです。

発汗作用があるので血行が促進されて冷え性に適し、老廃物除去も期待でき美肌効果があります。

次にローズマリー・シオネールです。
ローズマリーはヨーロッパを中心にハーブとして使われています。

栽培された場所によって種類があり、冷え性に良いのはモロッコ産のローズマリー・シオネールです。

うっ血除去作用によって血液の循環が改善されるので、体を温めたり筋肉疲労を癒したりします。

高濃度で使うと刺激があるので、敏感肌の人は必ずパッチテストをして安全性を確認します。

さらにマジョラム・スイートは血行促進と体温調節の効果があります。

ギリシャでは薬草として利用されたこともあり、幸福の象徴でもあります。

このアロマは副交感神経に働きかけてリラックスさせるので、筋肉の緊張がほぐれて全身に血液が巡ります。

汗と冷え性について

冷え性の人は汗をかくのが苦手といわれていますが、あまりかかないという方は運動をしたりお風呂で高温反復でつかったりと汗腺をトレーニングすると身体の巡りがよくなりだんだんと身体が熱を発するようになるといわれています。

ただ普段から身体はすぐに温まるのにもかかわらず冷え性だという場合には、身体に熱をためられないため、せっかくあったまったからだがすぐに冷めてしまいあっというまに身体が冷えてしまうことで冷え性をさらに悪化させてしまいます。

特に足の場合は、他の部位より汗をかきやすいということがいえます。

冷え性だからと言って 靴下を履いて、さらに靴も履いて、一日を生活している方も多いとおもいます。

汗と冷え性

そんな足は通気性が悪く、汗の水分で蒸れてしまいますので逆効果となってしまいます。

こういう方は足浴をして身体をじんわりと温めることをまずはおすすめします。

お風呂上りに足元に冷水をかけるだけでも効果があります。

また膝下から足指の先までを入念にマッサージするといいです。

マッサージをすると血行が促進し、身体全体が温まります。

乾燥するこの時期は保湿クリームを一緒に使うと肌にも効果があります。

毎日自分にできることを少しずつ取り入れていけば冷え性も改善されていくはずです。

冷え性改善には鉄分

鉄分+生姜の”美めぐり習慣”詳細はコチラ

冷え性改善にはアミノ酸

冷え性改善とダイエットの共通点をも発見!
すっぽんスリム酵素詳細はコチラ


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top