生活雑感

女性ホルモンを整えたい!エストロゲン、プロゲステロン、自律神経など女性ホルモンの乱れの原因・改善策

ホルモンバランスの乱れが起こすさまざまな症状について紹介します。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは性ホルモンです

性ホルモンとは、女性であれば女性の性機能や女性らしさを
男性であれば男性の性機能や男性らしさを司る役割を担っているホルモンです。

女性には月経があり、そして妊娠、出産が可能なのも、この女性ホルモンが分泌されているお陰だと言うことができます。
ちなみに男性の体にも、ごく微量ながら女性ホルモンは分泌されています。

女性ホルモンは、エストロゲンプロゲステロンのふたつの種類に分類することができます。

【更年期障害サプリメントの選び方】
イライラ・ホットフラッシュ・肩こり・頭痛など
更年期障害の症状・原因と口コミで人気の更年期サプリを紹介
公式サイトで口コミを確認する

2つのホルモン:エストロゲンとプロゲステロン

エストロゲンは、女性の美と健康、精神の安定を司ることに大きな作用を持っている女性ホルモンです。

子宮内膜を分厚くして妊娠に備える機能を果たしたり、卵子を育てると言った機能も持っています。
また肌の潤いやハリをアップさせたり、骨や血管を丈夫にすると言う役割も持っています。

プロゲステロンは、主に妊娠やその準備に対して働きかける作用が大きい女性ホルモンです。

エストロゲンの影響によって厚みが増した子宮内膜を更に分厚くする作用や、体の肉付きを良くする作用、体の中に水分をためこむ作用などに優れています。

2つのホルモン:エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンのリズムとは

このふたつの女性ホルモンは、ある一定のリズムでその分泌量に変化するのが基本です。

その中心にあるのが月経です。

月経は、受精卵に対してベッドの役割をする、分厚くなった子宮内膜が血液と共に剥がれ落ち、排出される現象のことです。

月経前には、プロゲステロンの分泌量が多くなります。
そして月経が開始してから、次の月経が始まる直前まではエストロゲンの分泌量が多くなります。

ところが、こうした基本的な周期を無視して、女性ホルモンの分泌が乱れることがあります。

その理由として、ひとつは自律神経の乱れが挙げられます。

女性ホルモンのリズム

自律神経とは?

自律神経とは、人間の意思ではどうすることもできない部分の体の働き、たとえば血流や脈拍、発汗、各臓器の働きなどを調節している神経のことです。

この自律神経は、大脳の視床下部と呼ばれる部分で調節されていますが、この視床下部は女性ホルモンの分泌を調節している部分の非常に近くにあります。

自律神経に乱れが発生すると、その影響を受けて女性ホルモンの分泌にも乱れが発生しやすくなると言う具合です。

それにより自律神経の働きも乱れ、それがますます女性ホルモンの乱れを引き起こすと言う悪循環につながることもあります。

自律神経が乱れる原因

自律神経を乱れさせる原因としては、睡眠不足や昼夜逆転などの生活リズムの乱れ、強いストレス、運動不足、食生活の乱れなどが挙げられます。

特に朝と夜と言った時間概念や、明と暗と言った光の刺激に対しては、自律神経はとても敏感です。

夜、寝る前にスマホを見る習慣など、自律神経の乱れ、女性ホルモンの乱れが引き起こされることもあります。

ストレスも自律神経に対して与えるダメージは大きいので、上手にそれを解消することが求められます。

さらに女性機能に発生した問題や、機能自体の低下も原因のひとつとなります。

たとえば月経不順や無月経、あるいは子宮などに対して疾患があるなど、女性ホルモンが分泌されなくなったり、そのバランスが崩れやすくなります。

また加齢によって女性機能が低下していくことも原因のひとつです。
それにより女性ホルモンを調整している部分が、その分泌は不要だと判断してしまうためです。

自律神経とは

ホルモンバランスが乱れるとどうなる?

女性ホルモン、そのバランスの乱れによってどのような症状が引き起こされるかと言うと、これは実に多岐にわたります。

精神面においては、精神安定に対して作用を持つエストロゲンが不足することで、

  • 精神の不安定
  • イライラ
  • 憂鬱
  • 悲壮感
  • 絶望感

などを感じることがあります。

また集中力や気力の低下、意欲の欠如と言った症状が出てくることもあります。
酷い場合には、これを引き金としてうつ病が出てきてしまう場合もあります。

身体面においては、

  • めまい
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 手足の冷え
  • 顔ののぼせ
  • 動悸
  • 不眠

などが出やすくなります。

こうした症状は、自律神経失調症の症状としても知られている内容です。
このことからも、女性ホルモンと自律神経の間には深い関係があることが理解できます。

またこれ以外にも、たとえば生理前に起こる、エストロゲンとプロゲステロンの逆転によって引き起こされる不調症状はPMS(生理前症候群)と呼ばれており、閉経前後の年齢に起こりやすい女性機能の低下、それを原因とする女性ホルモンのバランスによって引き起こされる不調は、更年期障害と呼ばれています。

これ以外にも、エストロゲンの減少によって血管の健康維持が難しくなり、高血圧や高コレステロール、骨粗鬆症、肌荒れ、肌の乾燥が出てくることもあります。
更に妊娠、出産に対しても症状が出てくる可能性も否定はできません。

関連:
妊活にはイソフラボンという新常識
高齢妊活にはマカと葉酸

ホルモンバランスが乱れるとどうなるか

女性は、できるだけ女性ホルモンのバランスが崩れないような生活を送ることが望ましく、もしそこに異変が感じられた場合には、速やかに医療機関に相談をすることが求められます。

そしてある程度、年齢を重ねたら、サプリや食品などでその分泌やバランスを整えるのも効果的なことです。

更年期障害と抜け毛の関係、改善方法について

女性が年齢を重ねると起こりやすい症状のひとつに更年期障害がありますが、更年期障害の特徴として「ほてり、動悸、めまい、倦怠感」などがあり、同様に薄毛、抜け毛も更年期障害の特徴として代表的な例として挙げられます。

では、なぜ更年期障害になると髪の毛が抜けやすく薄毛が増えるのかについて説明していきます。

● 更年期障害の特徴と抜け毛について
更年期障害がおきる最大の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減退と言われます、まず更年期迎えると月経が閉経に向かいます。女性として卵巣から分泌されていた女性ホルモンの分量量が減少します。

女性ホルモンが減少するのに比例して男性ホルモンの比率が増しますが、これは男性ホルモンの量は女性ホルモンと違い減ることがないためです。

では、男性ホルモンが強くなるとどのような症状が起きるのかについてですが最も顕著なのは、AGA(男性型脱毛症)が女性にも発症しやすくなるということです。女性が発症するAGAなのでFAGA(女性男性型脱毛症)と別名で呼ばれます。

AGAの特徴は男性ならM字型に薄毛が進行する、女性の場合では髪の毛全体の量が減っていきボリュームのない髪となります。男性は頭頂部を中心に薄毛が進行するのですが女性は髪の毛の量が減る症状となります。

この状態を「びまん性脱毛症」と呼びます。

では、「びまん性脱毛症」は治療が無理かと言えば実は生活習慣の見直しなどで体質改善することである程度、回復または進行を遅らせることができます。

更年期障害は加齢と共に訪れる症状ですが顕著なのは肉体の衰え、新陣代謝の低下です、新陣代謝は定期的な運動とバランスのよい食事である程度のレベルを維持することが可能です。

具体的には有酸素運動を生活の中に取り入れることです、手軽に始めることが出来る運動として人気のウォーキングなどおすすめです。

なぜ、有酸素運動が良いのかというと有酸素運動が体全体の血行をよくする、血行がよくなると言うことは髪の毛の成長に必要な毛母細胞にも血液が行き渡り衰えがちな活動を戻す効果が期待できます。

有酸素運動運動と共に改善するべき食生活は、血行を良くするビタミンEの摂取を定期的に行う、そして「イソフラボン」を積極的に摂取することです。イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きを行うので衰えた女性ホルモンを補う効果があります。


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top