生活雑感

飛蚊症には活性酸素が原因!?飛蚊症改善にはルテインとゼアキサンチンがポイント!

目と飛蚊症について

突如として、視界になにか違和感を感じる・・・。

ゴミのような・蚊のような・ミミズのような・・・・ものが浮かんでいる。

これが飛蚊症で、目をこすっても、目薬を差しても消えることはありません。

その飛蚊症について、症状・原因・改善法を紹介します。

飛蚊症とは

飛蚊症は、老化がその要因のひとつとして中高年層に多いとされ、

視界に黒い点や虫のようなものが飛んでいる、何気なく視界に蚊が横切ったように見える症状です。

黒い影やミミズのようなもの、薄い雲のようなものが見えるなど人それぞれです。

また、目を動かした時、その黒い影は同じ方向に動いたり揺れ動きます。

基本的に、深刻な目の病気というわけではありませんので、別段、気にする必要はありませんが、視界に違和感を感じるものですので、煩わしい症状であることは間違いありません。

また、加齢によって生じてしまう人以外にも、生まれつきなってしまう人もおり、目の疲れや精神的なものなどで治療という治療はなく、「慣れるしかない」とも言われています。

飛蚊症とは

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は、活性酸素の発生です。

活性酸素が発生すると、たんぱく質や脂質が酸化されてしまいます。
硝子体は眼球を構成している組織ですが、これらが原因となって硝子体が濁り、これが影となっておこるのが飛蚊症です。

加齢による飛蚊症、ストレスによる飛蚊症。

最近では、スマホやパソコンを長時間利用する若い世代にも飛蚊症の患者が増えてきています。

紫外線や目の使い過ぎ、目の疲労も活性酸素が原因で目の老化を進行させ飛蚊症を引き起こしているとも言われています。

ちなみに、
糖尿病や網膜裂孔、網膜剥離などによって引き起こされる飛蚊症もありますが、こちらの場合は早急に対応をする必要がありますので別途紹介します。

飛蚊症 原因 スマホ

飛蚊症の改善方法

生理的飛蚊症に関して、これをすれば、これを飲めば治るなどの特効薬はありません。

病院の診断でも、
一般的の症状であれば、手術を勧められるわけでもなく、飛蚊症改善の薬を渡されるわけでもありません。

最近ではレーザーによって生理的飛蚊症の症状を軽減させることもできますが、費用が掛かるわりに、ゴミや濁りを分散させる手術なので完全に無くなるわけではなく、一般化していないのが事実です。

そのため、飛蚊症の原因から改善方法を紐解くと、
活性酸素と大きなかかわりがありますので、目への負担・ストレスを軽減し、必要となる栄養を補給することで、緩和していくことが基本となります。

飛蚊症に効く食べ物・食事

硝子体に濁りの原因の1つとして活性酸素を紹介しました。

抗酸化作用の低下によって活性酸素は増えます。

そこで、活性酸素を体の中から取り除いてくれる抗酸化作用のある食べ物(成分)は以下になります。(スキンケア大学より

    フィトケミカル

  • リコピン:トマト、すいか、さくらんぼなど
  • ポリフェノール:カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなど
  • イソフラボン:大豆、豆乳、豆腐など
  • ペクチン:りんご、みかん、あんずなど
    ビタミン類

  • β-カロテン(ビタミンA):緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなど)
  • ビタミンC:じゃがいも、いちご、レモン、キウイフルーツなど
  • ビタミンE:ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど

飛蚊症 食べ物

    ミネラル類

  • 亜鉛:牡蠣、小麦胚芽、レバーなど
  • セレン:大豆、玉ねぎ、魚介類など
飛蚊症に効くツボ・足裏

飛蚊症に効くツボですが、耳尖、印堂、合谷、合谷、風池、天柱、太衝などがあるようです。

足裏のツボとしてこちらがいいかもしれません。

飛蚊症にレーシックは?

レーザーを角膜に照射し、屈折力を調整することで近視・遠視・乱視を矯正するのがレーシックです。

簡単に説明すると、角膜を磨き(削る)、元通りすることで視力を回復される手術です。

レーシックを行えば、飛蚊症も治るのでは?っと思いますが、硝子体とは関係ありませんので、直接的にレーシックが飛蚊症の改善策とはなりません。

逆に、硝子体や網膜へ圧力がかかることで、これが原因で飛蚊症を引き起こすこともあるといわれています。

飛蚊症に効く成分

飛蚊症に限らず、目の疲れ・使い過ぎ・視力回復効果にサプリメントを使用している方もおおいでしょう。

ブルーベリー

一時期、ブルーベリーサプリが流行りました。

ブルーベリーの青紫色でもある「アントシアニン」は、フィトケミカル:植物由来の化合物のひとつで、抗酸化作用が強いとうことで摂取したい成分です。

飛蚊症 ブルーベリー

ルテイン

昨今、ルテインが注目されています。

ルテインは強い抗酸化力があり、活性酸素が目に与えるダメージを軽減してくれます。

デスクワークの方やパソコン業務の方は目の周りが疲れると眼精疲労を引き起こすことがあると思いますが、活性酸素が発生している現われです。

その活性酸素を除去する効果が高いルテインは効果ですので、飛蚊症を解消するための要素としてルテインが注目されています。

ルテインを深堀

ルテインは、600種以上知られているカロテノイドの一種です。

ルテインは、ホウレンソウやケール、ブロッコリーなどの緑葉野菜やとうもろこし、卵黄にも含まれています。

ルテインは、目の中のカメラで言うとレンズに当たる部分:水晶体と黄斑部に多く存在しています。

紫外線やブルーライト(スマートフォンやパソコン)などは、目の細胞に活性酸素という物質を増加させ、老化の原因にもなります。

ルテインは人間の体に存在し活性酸素の活動を抑え目を守ってくれる力がありますが、年齢(加齢)とともに減少していくため、食事やサプリメントで積極的に補給する必要が求められます。

ちなみに、ルテインは1日10m以上の摂取が必要だと言われています。
ほうれん草で比較すると毎日100g食べるという量(半束)になります。

飛蚊症 ルテイン

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンも最近、注目されている成分です。

ゼアキサンチンもルテインと同じくカロテノイドの一種で抗酸化作用を持っています。

ルテインと同じく人間の体に存在し、目の黄斑部(中心部)や水晶体に多く存在し、活性酸素による酸化を予防する効果がありルテインと一緒に積極的に摂取したいものです。

そのゼアキサンチンですが、ルテイン同様、ほうれん草、ケールにも含まれていますがその量は微量で、パプリカ、トウモロコシなどに多く含まれています。

特にパプリカには100gあたり12mgと多く、ゼアキサンチンを摂る1日半分程度食べるという量になります。

飛蚊症に活性酸素を抑えるサプリメントがおすすめ

飛蚊症には、上記で説明してきたとおり活性酸素が大量に発生させない成分を積極的に摂ることが大きなポイントとなります。

食事で摂るとなるとほうれん草やパプリカ、ブルーベリー(ベリー系)を摂り続ける必要があるため、毎日続けにくいのが現実です。

そこで、サプリメントで補うことで、毎日続けやすいですし、また、症状に応じて手軽に摂ることが可能となります。

そこで、飛蚊症改善に期待できるルテイン、ゼアキサンチンが手軽に摂取できるサプリメントを紹介します。

飛蚊症にめなり(ルテイン・ゼアキサンチン)

飛蚊症 めなり
ルテイン&ゼアキサンチン「めなり」
めなりはさくらの森が販売している目の健康をサポートするサプリです。
2粒で1日に必要なアントシアニン&ルテイン・ゼアキサンチンが摂れ、さらに新成分クロセチンも配合。

しかもブルーベリーの量は業界でもトップクラスの170㎎。
目に優しいビタミン・ミネラルもとれる人気のビルベリー&ルテインサプリメントです。
飛蚊症だけでなく、パソコンやスマホなどで目を酷使している人、、目の健康のために持っておきたいサプリメントです。
>>めなり公式サイトはこちら
めなり飛蚊症

めなりの体験談・口コミ
パソコンとスマートフォンを使い過ぎていた事もあり、目の疲れが気になっていました。目が乾くドライアイの症状もありました。
40才を過ぎてから、虫の様な黒い物が見える様になってきました。
とても気になってインターネットで調べてみたら、飛蚊症という症状という事が分かりました。慌てて目に良いサプリを探して、めなりを見つけ早速購入しました。
即効性はなかったですが、飲み始めて1か月頃から黒い物が見えなくなりました。
普段、仕事で常にパソコンの画面を見続けているのですが、小さい文字がだんだん見えなくなっていったり、目が疲れやすくなったりして困っていました。
飛蚊症の症状も出てきて、眼科に行かなければ、と思っていました。
そこで、友人に勧められた、ルテインが多く含まれているというめなりを買ってみました。
めなりを飲み続けてみると、視界がなんとなくスッキリしてきて、飛蚊症の症状も治ってきました。
小さい文字もしっかり見えるようになったので、車を運転している時も標識や看板などが見やすくて助かっています。急いで眼科に行かなくても、めなりを飲んでいれば大丈夫だと感じました。
若い頃から強度近視と飛蚊症に悩まされていました。
眼科で診てもらっても不快な症状は我慢するしかないと言われ続けて悩んでいた時に友人から「めなり」が効果敵的だと教わって飲むようになりました。
視力回復に効果があるビルベリーと症状を進行させない効果のゼアキサンチンが含まれていて飲みだして1ヶ月ほどで視界が綺麗になったのを実感します。
1日2粒眠る前に飲んでおり、1回につき98円の負担なので家計にも優しいです。
小学4年生の子供が、学校の健康診断で視力検査で視力の低下を指摘されました。
眼科で検査してもらった結果、眼鏡が必要ということになりました。
周りでも多くの子が眼鏡を掛けているとはいえ、9歳ということで今後を考えて、少しでも回復して欲しいと思い”めなり”を定期購買することにしました。
めなりを選んだ理由としては、ネットの口コミで子供に飲ませて実際に効果が出たということや目の健康のために必要なルテインやゼアキサンチンも配合されているということでした。
飲ませ始めて2ヶ月経ち、眼科で再び検査しましたが少し視力が回復し、彼女も目が疲れにくくなったといっているので安心してます。
仕事がパソコン使うことが多いので夕方になると目の疲れがすごく困っていました。
以前ブルーベリーサプリを使ったことがあるのですが、飲み続けても効果をあまり感じられなかったので、サプリに頼るつもりはありませんでした。
そんな時、通販番組でめなりを知りました。
最初は見過ごしていましたが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンの量をかなり多く含むと、飛蚊症にも利くといわれているルテイン・ゼアキサンチンも入っているということで試しに購入してみました。
【めなり】を使った人たちの体験談をみると、朝起きた時から視界がクリアで生まれ変わった気分など書かれていましたが、私も同じような効果や目の疲れがなくなったので嬉しかったです。
年齢を重ね、次第に目がシバシバしたり疲れに悩んでいました。
コンタクトを使用しているため、夕方になると目がしょぼしょぼし、最近では偏頭痛も起きるくらいでした。
そこで、多くのメーカーの中からサプリメントを購入しようと思い、初回限定(907円)のお試しコースというお得なプランということでめなりを購入しました。
めなりは口コミでも評判が良く期待して飲み始めています。
今は、仕事でパソコン、スマホも常習なので、このサプリメントにも頼っていくつもりです。

めなり公式サイトで口コミを確認する

糖尿病・網膜裂孔等による飛蚊症

ただ、生理的飛蚊症ではなく、
糖尿病が原因での飛蚊症の場合は、
失明する理由として上位に入るのが糖尿病ですので、飛蚊症のリスク以上に、糖尿病自体を治療することが必要と考えます。
糖尿病の場合、硝子体が出血してしまうことがあるので、これを取り除かなければなりません。

網膜裂孔等の場合は、
硝子体手術を行う必要があります。


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top