生活雑感

【落ち着きのない子供を改善する方法】集中力がないうちの子が心配!いつも学校の先生に呼び出されます・・・親の苦悩

【落ち着きのない子供を改善する方法】集中力がないうちの子が心配!いつも学校の先生に呼び出されます・・・親の苦悩

落ち着きのない子供はうちの子だけ?

集中力がないうちの子、このままで大丈夫?

子供は元気なほうがいいですが、その度を越えてしまうと心配が尽きません。

そこで、落ち着きのない子供として、親御さんが心配している事象、その原因、改善策を紹介します。

落ち着きのない子供が心配

落ち着きのない子供・集中力のない子供のために
テレビ「世界一受けたい授業」で紹介のホスファチジルセリン配合
子供サプリ コドミン
唯一の落ち着きのない子供専用サプリメント(今なら980円)

”コドミン”の口コミ詳細はこちら
URL:https://mpj.jp/

落ち着きのない子供としてよく心配される事例

集団行動が難しい

落ち着きのない子供は、集団行動をすることを苦手とする場合があります。

学校生活などでは、集団で協力しあい作業をしたり、運動をしたりと集団行動に対してさまざまなことを学ぶことができます。

ですが、落ち着きがない子供の場合には、このような集団行動になじめず、みんなで何か協力して作業しているにも関わらず、自分勝手な行動をしたり、同じ作業をせずに違う作業をしたり、集団になじめず、単独行動をしたりと周囲となじめずに孤立してしまうこともあります。

落ち着きのない子供

癇癪(かんしゃく)をおこしやすい

癇癪をおこしやすいのも落ち着きがない子供の特徴の一つといえるでしょう。

物事に対して何かしている時に、うまくいかなかった場合や集団の会話についていけず、自分の言いたいことが言えない状態など、不満など合った場合に、どのように表現していいかわからず、癇癪をおこしてしまうことがあります。

順番・ルールが守れない

順番などを守ること、ルールなどを決められた場合に、それに従うということが苦手なのも特徴の一つです。

落ち着きがないということは、何か難しく考えることが苦手な傾向もあり、待つという行動も得意ではありません。

列に並んだり、何か欲しい場合に、順番に待つということができず、列を無視して前に行ってしまったり、どこか別の場所に行ってしまうなど落ち着きのない行動をしてしまいます。

また、ルールを決めた場合でも、ルール自体を理解は示しても、守るということに我慢できず、ルールをやぶり行動してしまうこともあります。

授業中じっとしていられない

小学校に入り、問題が表面化するのが授業の態度問題です。

授業中は静かに、黒板に先生が書いたものをノートに書き写したり、先生からの指示にしたがって学習します。

ですが、落ち着きがない子供は、おとなしくいすに座っていることが苦手です。

我慢しなければならないのはわかっていても、そわそわと足を動かしたり、授業に集中できません。

我慢しきれなくなると、立ち上がったり、教室から出て行ってしまうなど、通常ならば行動しないようなことをやる可能性もあります。

授業中じっとしていられない

友達と仲良くできない・喧嘩

周囲とペースを合わせるのが苦手な傾向があるため、友人ができても一緒にうまく行動できずに仲良くできない場合があります。

時には、わがままな行動や言動をして友達と喧嘩をしてしまうこともあります。

友達が落ち着きがないという性格を理解して、そのペースに合わせてくれるならば別ですが、子供の時点でそこまで気配りできる友達というのを探すのもなかなか難しい傾向もあり、交友関係がかなり難しい場合もあります。

急に騒いでしまう

唐突に、大声を出してしまったり、衝動的な行動に出る場合があるのも落ち着きがない子供の特徴です。

特に何もない状態でも、我慢できずに大声を出したりするため、周囲は何事が起きたかとびっくりしてしまうこともあるでしょう。

集中力がない

基本的に落ち着きがない場合には、すぐに興味を失い、集中力がない、続かない傾向もあります。

興味を持つことはあっても長続きしないというのも、落ち着きがない子供の特徴の一つです。

集中力がない

集中力がない!落ち着きのない子供のその原因

集中力がなく、子供が落ち着きがないという場合は、病気などの原因の場合があるため、原因の種類について把握しておいたほうが良いでしょう。

発達障害

最近では大人の発達障害も良く耳にしますが、落ち着きがない子供の場合の特徴となります。

発達障害にも種類があり、まずはADHDとなります。

ADHD

ADHDの方は注意力が散漫になりやすく、授業中でも集中できないことが多いです。

集中しようとしても他のことが気になってしまうと、みんなと同じように集中ができません。

他にも、やるべきことができず、何かをやる授業などでは周りよりも遅れているか、何をやるべきかわからないという子供もいます。

ADHD

学習障害

発達障害の一つで学習障害もあり、全ての勉強ができないというわけではなく、全体的に見ると他の子供よりも頭が良いという場合もあります。

ただ、算数が苦手という場合が多く、頭の中で暗算が上手に出来なかったりします。

算数だけではありませんが、苦手な教科の授業である場合は落ち着きがなくなることもあるでしょう。

広汎性発達障害

広汎性発達障害と呼ばれるものも発達障害の一つとなります。

広汎性発達障害は、コミュニケーションが苦手となるので、友達を上手に作れなかったり、仲の良い友達がいないという子供が多いです。

自分の行動にこだわりがあり、いつも自分がしているパターンでは無くなると、嫌がってしまうことがあります。

他にも、特定された音や感覚を嫌い、音としては電子音や赤ちゃんの泣き声、感覚としては服の触り心地や強い光などになります。

アスペルガー症候群

発達障害と混同されている方が多いですが、発達障害とは違う病気となります。

アスペルガー症候群は言語や知力の遅れなどがないため、変わった人と思われることが多いです。

会話も普通にできますが、冗談が通じなかったり、支持されたこと以外できないというのが特徴となります。

相手の気持ちを理解できないため、相手を怒らせてしまうことも多いです。

アスペルガー症候群の方は集中力が高い方も多いですが、自分なりの手順が狂ってしまうと混乱することがあります。

自閉症

自閉症もコミュニケーションが苦手な病気となり、コミュニケーションの他にも強いこだわりや言葉の発達の遅れが特徴となります。

一つのことに執着し、すごい才能を発揮することもありますが、落ち着きもないため、じっとしていることが苦手な場合が多いです。

自閉症は3歳までに症状が現れることが多いため、言語の遅れなどが見受けられる方は注意が必要となります。

知的障害

授業についていけなくなる知的障害と呼ばれるものもあり、小学校になってからこちらの病気を疑うという方も多いです。

他の病気と同様に、人との関わりが苦手であったり、食事や服を着るのが遅いということもあります。

質問に上手に答えることができないことも知的障害の特徴の一つとなります。

チック症:トゥーレット症候群

チック症と呼ばれるものが一年以上続く場合はトゥーレット症候群の可能性もあります。

チック症とは、首を振ったり咳払い、鼻鳴らしなどを繰り返すものとなります。

これらの症状は本人が意識的にやっているわけではなく、意志に関係なく起こります。

チック症は体のどこにでも現れるものとなるので、手に症状が出た場合は鉛筆を持つのが難しくなったり、文字を書くのが難しくなります。

小児期崩壊性障害

非常にまれな病気として、小児期崩壊性障害と呼ばれるものがあります。

この病気は2歳から10歳の間に発症するもので、発症した後は成長で覚えていた言葉や運動能力、排泄機能なども失われてしまいます。

発症後には、自閉症と似ているような症状を示すこともあります。

ママさんたちからの心配事・悩み事

  • 落ち着きのない子供が心配!
  • うちの子だけ??
  • 育て方が悪かったのか?
  • しつけが悪かったの?

などママさんたちからの心配事・悩み事を紹介します。

落ち着きがない子供 心配

我が子の将来が心配です

年末に我が子を連れて帰省し食事をしていた時のことです。

歳の近いいとこ達も何人かいたのですが、明らかにうちの子だけ席から立ったりおしゃべりをやめなかったりと目立っていました。

元気がいいね、と親戚は言ってくれましたが、内心はよく思っていなかったでしょう。

ママのしつけが悪かったの?と、行儀よく食事をするいとこ達と我が子を見比べては落ち込みました。

日頃甘やかしているつもりはありませんが、このままでは我が子の将来が心配です。

我が子の将来が心配

じっとしてられず泣いたり甘えたりしているわが子が心配です

先日子供の入園式があったのですが、沢山いる入園児童の中でただ一人ぐずったりじっとしてられず泣いたり甘えたりしているのがわが子でした。

小さいクラスなので子供と一緒に並んでいるのですが、他の子供たちはおとなしくしているのにその差に愕然としました。

家で好き放題させていたつもりはなく、駄目なことは駄目、などとしつけはしていたつもりでしたが、育て方が悪かったの?とショックを隠せませんでした。

友人や親せきにはまだ子供がいない人が多い為人に相談できないままでした。

今ならまだ修正が効くのではと担任の先生にアドバイスを求めながら模索中です。

いつも、学校の先生に呼び出されます

先日息子の事で学校の先生に呼び出される事がありました。

どういった理由か学校の先生に聞きますと息子が落ち着きがなく授業中に立ち上がったり、話したりと邪魔をして注意しても言う事を聞かない事が多々あって家庭でどのようにされているのかを聞くために呼んだと言われました。

私はしっかりと教育をしてきたつもりだったので、こんな事が学校であったのかと愕然としました。

帰ってから息子に注意をしましたが育て方が間違ってたのかと悩んでいます。

学校の先生に呼び出される

学校での行動に、今までの接し方が悪かったの?と自問自答する日々

今年、新小学1年生になった子供がいますが担任の先生から呼び出しを受けて、同級生の女の子を髪を掴んで「女は嫌いだ」と暴言を発していじめをしたと報告を受けました。

自宅ですぐに子供になぜそんな事をしたのかと問いただしたら「ママみたいな女も嫌いだ」と言って自室に閉じこもってしまいました。

突然の出来事に何をしていいのか分からないので夫と毎晩話し込んでいます。

私の今までの接し方が悪かったの?と自問自答する日々です。

参観日で目立つ息子:病院にいったほうがいいの?

幼稚園年中の息子がいます。

先日、参観日があったのですが、他の子たちは年中さんともなるとしっかり座って先生の話を聞けているのに、うちの子はうろうろ席を立ったり、工作をしていてもすぐに飽きて他のことを始めてしまいます。

できないのはうちの子だけ?病院にいったほうがいいの?という気持ちでいっぱいでした。

他のお母さんたちに相談しても、他人事だからか、気を遣っているのか、まだこの年齢なら大丈夫と優しい言葉しかもらえませんが、実際私の育て方が悪かったのかと自己嫌悪です。

集中力がない!落ち着きのない子供の改善策

興味のあるものを一つ見つける

落ち着きがない子供をどうにかして落ち着きのある行動を取らせたい、落ち着かせたいということで悩んでいる方は、子供の行動をよく観察して何に対して興味があるのかをチェックしてみましょう。

子供は基本的に好奇心が旺盛な部分があります。

そのため、何に対してもそれなりに興味を示します。

ですが、落ち着きがない子供の場合には、集中力が続かないという部分もあります。

しかし、それでも、興味のあることに関しては、それなりに関心を持ち、それを持続させることができれば、ある程度、落ち着きが出てくる場合があります。

そのため、改善策として、まず、子供がどのようなものに興味を示すのか、そしてその興味を持ったものを趣味になるように、親がサポートしてあげるというのも一つの手段です。

あいまいな指示を出さずできるだけ具体的に

落ち着きのない子供は、考えることも少し苦手な傾向もあります。

よく考えもせずに行動を起こすことも多いため、親も子供に何か頼みたい場合に、この程度は少し考えればわかるだろうと、具体的な説明をせず、子供にあいまいな表現で頼みごとをしてしまう場合もあります。

ですが、あまり考えずに行動をしてしまい、子供が失敗してしまうこともあるため、できるだけきちんとした説明をするということも大切です。

ちょっとしたことかもしれませんが、やはり頼まれたことに対して、子供も失敗をしたとなると精神的に落ち込んでしまうこともあります。

それがストレスとなることも考えられるため、子供の行動や性格などをよく考えて頼みごとをしたり、指示してみるということも大切です。

落ち着きのない子供 改善

きびしく叱らない

子供の落ち着きがないと、親としてもケガをしたりしないか不安に思うこともあります。

そのため、とにかく危ないことをしないように、強い口調できびしく言い聞かせたり、子供が何か失敗した時にきびしく叱るという方もいるでしょう。

ですが、強い口調を使ったとしても、子供の行動がすぐに治るならば苦労はしません。

むしろ、厳しく叱ることであせってしまったり、余計に落ち着きのない行動を取ることもあります。

そのため、できれば子供に対してあまりきびしい口調で叱らないということも対策の一つといえます。

親が神経質にならない

子供は親の感情などにも敏感です。

多感な時期という点もあり、親がストレスが溜まり、イライラしていると、子供も敏感にそれを感じ取ってしまうことがあり、落ち着きのない子供などもストレスが溜まりやすい生活状態になります。

基本的に、リラックスできる生活状況というものが大切であり、ストレスでピリピリした状態が続くのはあまりいい生活状況とはいえません。

親も子供をなんとか落ち着かせたいと思い、あせる気持ちも理解はできますが、少し自分自身の精神面をケアしていくことも考えていきましょう。

のびのびと育てる

成長していくことで、自然と落ち着きがでる子供もいます。

小さいころは落ち着きがなくどうなることかとちょっと不安に思っていても、時が解決してくれることもあります。

子供のためを思うなら、のびのびと育てて見守るということも対策になることがあります。

発達障害について、ASD、AD/HD、LDの3つの症状・改善策

ASDについて

ASDというのは、自閉症、アスペルガー症候群のことで、他者の気持ちを理解する能力がなく、自分の意思を伝えて他者と関係を築くことも難しいというように、社会性・コミュニケーションの障害がある病気です。

ASDの症状

作業をするにあたって決められた手順以外は受け付けない、何かに集中すると他のことができなくなる、人の端を聞かずに一方的に話をするといった症状が出てきます。

ASDの対処法・対応策

何かにこだわる性質なので、他者とかかわらない1人で集中できる事に従事させることで能力を活かす事ができます。

接するときには、ASDという病気を理解して、支えてやることが大切です。

AD/HDについて

注意欠陥・多動性障害とは、何かに集中する事ができない、じっとする事ができない、先のことを考えずに行動してしまう発達障害です。

AD/HDの症状

忘れ物が多く、授業中など静かにしなければ行けない場所でもおしゃべりや徘徊をする、他人の言動を遮って自分のやりたいことをするといったことをしてしまいます。

AD/HD対処法・対応策

幼児期のような行動をするAD/HDをどうするかというと、家族だけで出来ることは限られていますから、専門機関に相談をして施設に入所させることも一つの方法です。

しかし、AD/HDだからといって仕事が出来ないわけではないので、クリエイターやスポーツ選手などを目指させれば、活躍する場が出てきます。

LDについて

読む、聞く、書く、計算する、推論するという学習能力のいずれかに障害があるもので、知能の遅れはありません。

LDの症状

本を読む時に文字を認識する事ができない、手本となる字を書き写すことが出来ない、簡単な足し算、引き算、グラフ問題も理解する事ができないと言った症状が出てきます。

LDの対処法・対応策

読み書きなど一部の能力が欠けていても、他の能力で足りない部分を補うことが出来ます。

また、文字や数字を書く時に、助けとなる記号を付け加えるといったことで理解をすることができるようになります。

落ち着きのない子供におすすめのサプリ”コドミン”

コドミンってなに?

コドミンを簡単に説明すると、じっとしていられない、落ち着きがない、騒いでしまうといった子供の集中力のためのサプリメントです。

どうしても子供だと騒ぐのは当たり前だと思うかもしれませんが周囲に迷惑がかかってしまう事があり、育て方が間違ったのではないか、将来が不安と感じてしまいストレスに感じますが、そういった親御さんの悩みを解決してくれるサプリメントでもあります。

コドミン
>>コドミン公式サイトはこちら
コドミン購入

コドミンの特徴

ホスファチジルセリンとは?

コドミンはホスファチジルセリンが主成分となっていますが、この成分は大豆に含まれている成分になりまして子供の集中力や記憶力や落着きをサポートしてくれます。

人間の細胞膜にあるリン脂質の一種であり、脳細胞を柔らかくして情報伝達をスムーズにする効果に期待されており、ADHDの子供に有効ではないかと言われています。

大豆に含まれているホスファチジルセリンはごく僅かになりますから食べ物から摂取はするのは難しくコドミンで効率よく摂取する事で子供の集中力や記憶力や落着きを効率的にサポートします。

飲みやすいラムネ味

子供に向けたサプリメントになりますが毎日摂取しないといけませんので飲みやすいラムネ味となっています。

まだ小学校にも行っていない段階のお子さんに苦い薬を定期的に与えるのは難しく嫌がる場合がありますがラムネ味ですから心配はいりません。

また国内で生産されているサプリメントになりまして品質にも問題はありませんので安心して与える事ができます。

コドミンの口コミ・体験談

同じ悩みを持つ親御さんには是非おすすめしたいです

うちには小学生になったばかりの子供が1人います。

しかし幼稚園児の頃から多動性を指摘されることが多く、このまま小学校生活をまともに送れるのか親としては不安しかありませんでした。

そんなときコドミンの存在を知り飲ませるようになったところ、見事に子供に落ち着きが出てきたのです。

これには驚きました。本当に段々と目に見える形で効果を実感でき、自宅にいるときもじっとイスに座っていられる時間が増えました。

味もラムネ味なので子供は喜んで飲んでいます。

感情のコントロールも上手になって、本人も楽に生活できているようで安心しました。

もっと早くコドミンと出会いたかったです。同じ悩みを持つ親御さんには是非おすすめです。
続きはこちら

落ち着きのない子供 改善

小児科医が監修なので安心です

幼稚園に入園した5歳の子供の母です。

他のお子さんはバスが来るまで並んで大人しく待っているのに、私の子だけが走り回ったり大きな声を出して落ち着きがなく不安を抱いていました。

ママ友から「ADHDなんじゃないか?」と言われたのが気になりコドミンを購入して飲ませています。

このサプリは小児科医が監修したもので通常の食物に含まれる必須栄養を凝縮しているだけなので副作用の心配がないのが良いです。

飲ませて1ヶ月になりますが、今では他のお子さんと同じように落ち着きを持った行動が出来ています。
コドミンの購入はこちらから

自分の育て方に失望仕掛けていましたが・・・

保育園に子供を預けているのですが、どうしても落ち着きがないと報告されていますのでコドミンを利用する事にしました。

サプリメントのコドミンを与えてから集団行動も問題なく行動できて友達とも仲良くやっていると保育園の方からも言われたのでホッとしました。

どうしても落ち着きがないと言われると将来が心配になってしまったので病院に相談に行こうかなとも思っていたので良かったです。

自分の育て方が間違っていたのかなとストレスに感じる事もありましたからコドミンのおかげで無事に解決しました。

しっかりと椅子に座って授業を受けているようです

小学生の息子を持っていますが、授業中に勝手に走り回ったり別室に行くなど問題行動ばかり起こして悩んでいました。

先輩ママから、コドミンを服用したらどうかと提案されたので購入して2ヶ月間ずっと飲ませました。

お薬ではなくサプリでラムネ味をするから子供も嫌がらずにおやつとして食べてくれていたのが良かったです。

2ヶ月経った今は授業に集中力が出たと担任の先生もおっしゃり、しっかりと椅子に座って授業を受けてくれています。
口コミの続きはこちら

落ち着きが出てきた

先生から授業中に落ち着きが出てきたと言われました

幼稚園の頃から息子の落ち着きのなさが気になっていたので、コドミンのサプリメントを購入してためしてみることにしました。

息子は小学2年生になりますが、コドミンを試し続けてから授業中に落ち着きが出てきたと言われました。

落ち着きが出てきたと言っても、静かになるわけではなく、休憩時間になると友達とも積極的に話しもするようです。

息子のほうからも、友達が増えたと言われ、今でもコドミンのサプリメントを購入して飲ませています。
コドミン公式サイトへ

多動性障害の息子が保育園で友達におもちゃを譲ってあげる姿をみました

子供に落ち着きがなく、多動性障害だと言われ保育園でも何かと問題があったため、悩んでいた時にはコドミンを知り試してみる事にしました。
極力、薬に頼るのは嫌だったのでサプリメントで改善できたらなあと思いコドミンを調べていると集中力をサポートしてくれる成分のホスファチジルセリンが含まれているとの事だったので改善されなくてもサプリなら安心と思い選びました。

コドミンはラムネ味で子供もお菓子感覚で食べられ、摂取し出してから保育園で友達におもちゃを譲ってあげたりする事ができ嬉しく思っています。

ADHDの疑いのある娘のためにコドミンをはじめました

5歳の娘は小児定期健診でADHDの疑いがあると診断されました。

話をしていてもキョロキョロと周りを見回し、椅子に座ってじっとしている事も出来ませんでした。

義母が心配をして「コドミン」がADHDの症状に効くサプリだと購入してくれたので飲ませています。

お薬だと副作用等が心配ですが、食物から摂取できる栄養を凝縮しただけのサプリなので安心して服用させられています。

飲みだして1ヶ月が経ちますが今は集中して好きなテレビ番組を見られるようになり効果が出ていると感じます。

コドミン口コミ
>>コドミン公式サイトはこちら
コドミン購入

参照;落ち着きのない子は栄養補給で治る!注目のホスファチジルセリン
落ち着きのない子供に朗報!「世界一受けたい授業」で紹介のホスファチジルセリンとは
https://kodomo-sp.com/


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top