生活雑感

グルテンフリーダイエットで得られる効果!ダイエット・肌トラブル・免疫力アップ(小麦粉抜き)

グルテンフリーダイエットで得られる効果!ダイエット・肌トラブル・免疫力アップ(小麦粉抜き)

グルテンフリー(小麦粉抜き)ダイエットってなに?

ここ数年で注目を集めているのが、欧米で人気のグルテンフリーダイエットです。

グルテンが含まれる食品を摂らないことで糖質の摂取が減り、自然と痩せるというものです。

グルテン (gluten) は、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です。

小麦粉に水を加えてこねると、小麦粉に含まれているたんぱく質のグリアジンとグルテニンが結びつきグルテンになります。

パンやお菓子などのモチモチした食感やうどんなどのコシは、このグルテンによるものです。

パンなどのもちもちした食感が求められるようになり、小麦の品種改良によって今の小麦粉は昔よりグルテンの量が多いと言われています。

料理を美味しくするためには非常に良いものですが、グルテンに含まれるグリアジンは食欲を増進させる作用があり、アレルゲンにもなるのです。

グルテンフリーダイエット

グルテンフリーが注目されている理由とは?

グルテンフリーは、もともとグルテンアレルギーやセリアック病の治療や予防改善のための食事療法でした。

そこに健康志向の強いハリウッドセレブ達が注目して実践したところ、体の調子がよくなったり、ダイエット効果が得られたり、美容にもいいと口コミされて一般に広まったのです。

体質により、グルテンアレルギーを持っている人がグルテンを摂取すると、小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛み、腸疾患などを引き起こしたり、さらにアレルギー反応が強い場合は、腸から栄養が吸収できなくなる病気のセリアック病にかかってしまう恐れもあるのです。

グルテンアレルギーでなくても体調が良くなる人が多いというのは、グルテンに対して過敏症や不耐性の人が多いからです。

自覚症状がない軽いアレルギーの人を含めると、グルテンに対する過敏症の人は年々増加傾向にあるようです。

グルテンフリーダイエットとは

グルテンフリーにするとなぜ痩せるの?

ダイエット効果

小麦粉はほぼでんぷんです

でんぷんは、ブドウ糖の集まりのグルコースで単糖類の一種です。

ほかに何も入っていないので消化がよく、胃からダイレクトに血液に流れるため血糖値が急上昇します。

血糖値が急上昇すると、それを下げるためのインスリンが過剰に分泌され、脂肪を溜め込むことで太りやすくなるのです。

さらにグルテンの主成分であるグリアジンは、中枢神経を刺激し、食べてもさらに食べたくなるという悪循環を生む食欲増進物質が含まれています。

パスタやラーメンなどの小麦製品を食べると、つい食べ過ぎてしまうという人は少なくありません。

グルテンを抜くことで、肥満の防止効果が期待でき、さらにインスリンの過剰な分泌も防ぐことが可能です。

小麦粉=太る食品ということで、海外ではダイエットの大敵と言われており、グルテンフリーの人気が高まっているのです。

グルテンフリーダイエット効果

肌トラブル改善

グルテンには、腸内の悪玉菌を増やす作用があり、消化不良や栄養の吸収阻害、便秘、下痢、むくみなど、身体に老廃物をため、身体の不調につながると言われています。

また、老化を早める原因のひとつと言われる糖化を促す働きがあります。

すい臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖を細胞に取り込むことで血糖値が急上昇すると、急激なスピードで細胞にブトウ糖が押し込まれるために細胞膜のダメージが繰り返し起こり、それが老化を加速させる原因になるのです。

グルテンフリーは、抗糖化対策になり、肌荒れの予防効果も期待できます。

グルテンをとらないことで、ニキビがなくなったり、便秘が解消される効果が期待できます。

グルテンフリー 肌トラブル

免疫力アップ

普通の小麦粉は、精製過程で表皮と胚芽を取り除かれているので、小麦にあるビタミンやミネラルは失われています。

小麦食品の摂取で、身体は何とか代謝しようと体にある大事なミネラル、ビタミンなどを使ってしまいます。

もともと自然にある食べ物でも、加工されればされるほど人体にとってうまく栄養として取り入れにくい食品になり、からだに負担がかかるのです。

グルテンフリーによってカルシウムなどミネラルの吸収がよくなったり、免疫力のアップ、大腸がんの予防などが期待できると言われています。

またグルテンを摂取すると摂取した直後は元気になりますが、その後は疲れを感じやすくなります。

グルテンフリーを実践すると血糖値が急に上がらないので、体力や集中力も向上します。

そのためスポーツ選手はグルテンフリーを心がけている選手が少なくありません。

美容と健康を意識する方には、腸内環境を整える、美肌、ダイエットのサポートとしても人気が高いのです。

グルテン 免疫力アップ

米にはグルテンが含まれていませんので、主食を米にすることです。

食事をする時にはパンや麺類ではなく、ご飯や餅を選ぶようにしましょう。

グルテン 食事

グルテンは、私たちが普段食べているものの中にたくさん含まれています。

パン、ラーメン、うどん、そうめん、パスタ、餃子、お好み焼き、焼きそば、タコ焼き、チヂミ、ケーキ、クッキー、クレープ、肉まん、どら焼き、たい焼きなど

また、蕎麦にも小麦を混ぜている場合もありますし、カレールウやホワイトソースなどの加工食品料理のつなぎや揚げ物の衣として使われていたり、ビール、麦焼酎、ウィスキーなども麦を原料としています。

また、一般に売られている調味料のしょうゆや味噌、酒、みりんにも小麦が含まれている物もありますが、グルテンフリーの無添加調味料にすることでグルテン摂取をカットすることができます。

グルテンフリーのもの

穀類(米・キヌア;スーパーフード・とうもろこし)、米粉・米粉製品、大豆・大豆製品(大豆粉を含む)、十割蕎麦(そば100%のそば粉)、ナッツ類・ナッツ類の粉末(アーモンドプードルなど)、こんにゃく麺、ビーフン、春雨、片栗粉、肉、魚介類、野菜、果物、卵、乳製品、日本酒、ワイン、シードル、ブランデー、芋焼酎、テキーラ、ラム酒 など

菓子類で小麦を含まないものは、ゼリー、プリン、大福、団子、ようかん、あんみつ、おしるこ、大豆バー、チョコレート、マカロン、マシュマロ、ナッツ、ドライフルーツ など

最近では、米粉を使ったパンやドーナツなどでも小麦を添加して食感を良くしている場合もありますが、小麦を使わず、米粉や玄米粉を使ったパンや大豆粉と米粉を使ったパンケーキミックスやパスタなども販売されています。

グルテンゼロにするのはなかなか難しいですが、なるべく控えるよう心がけることはできるでしょう。

炭水化物であるお米は食べても大丈夫というのがこのダイエットの特徴です。

同じような方法として糖質制限ダイエットという炭水化物など、糖質を多く含む食品を控えるという方法がありますが、特に日本人にとっては主食であるお米が食べられるという点で、糖質制限ダイエットに比べ実践しやすいダイエットと言えるでしょう。

グルテン 糖質制限

グルテンフリーダイエットで成功したセレブは?

このグルテンフリーダイエットを実践して成功したセレブといえば、

人気女優の ジェシカ・アルバさん

日本でも大活躍のモデルである ミランダ・カーさんなどがあげられます。

また、スポーツ界ではテニスで世界ナンバーワンのプレーヤーであるジョコビッチ選手がグルテンフリーの食生活を取り入れたことで体質改善が成功し、劇的に成績が向上したことが知られています。

グルテンフリーダイエット体験談

グルテンフリーダイエットで5kgの減量に成功!

40代になってメリハリのない体になってしまい、夫からは「そのままだったらブタになるぞ」と言われたのがショックでダイエットをしようと決心しました。
大好きなアメリカの有名歌手も夢中になっていると聞いていたグルテンフリーダイエットこそ今の私に向いていると感じて実践を開始。
小麦粉などに含まれているグルテンを食べない事が第一条件なので大好きだったケーキなど甘いものを4ヶ月我慢しました。
初めて2週間ほどで肌に透明感も出てきて体重も減り、半年で5kgの減量に成功しました。
ただパンやケーキを食べないだけでこんなに痩せられてビックリです。

グルテンフリーダイエットをやった感想

もともと胃腸が弱く、小麦粉を使った重い食べ物や甘いものを食べると体調が優れなくなることもあり、思い切ってこのグルテンフリーダイエットに挑戦してみることにしました。
調べてみると、意外と自分がグルテンを摂取していることも分かって、食べ物に気を付けるようになったこともあり、すぐに体重の効果が現れましたし、野菜を摂取することを心がけた影響で、肌も綺麗になり、便秘なども解消され、顔がすっきりするようになりました。おすすめです。


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top