生活雑感

男との子が欲しい!男女の産み分け、Y精子とは?、産み分けゼリー:グリーンゼリーの口コミを紹介します

男との子が欲しい!男女の産み分け、Y精子とは?、産み分けゼリー:グリーンゼリーの口コミを紹介します

子供を望んでいる夫婦は多いものですが、
「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」と特定の性別を望んでいる人も少なくなくはありません。

しかし、実際に特定の性別を生むことはできるのでしょうか。

男女の産み分けを望む理由、産み分け方法をまとめました。

男の子が欲しい!その所以

女の子が欲しいという親御さんも増えていますが、
家督制度が色濃く残っていた昔から今に至るまでやはり跡取りとして男の子が欲しいという人は多いものです。

跡取り息子を残すという理由以外でも、

  • 長女・次女と続いたので3人目は男の子が欲しい
  • パパと一緒に野球などのスポーツをさせたい
  • 女の子特有の人間関係のもめごとが嫌なので男の子が欲しい

など望む理由は様々ですが、男の子が欲しいと望む親御さんは今なおとても多く存在します。

男の子が欲しい

男女の産み分けは精子がポイント:男の子が欲しい時はY精子

ところで、赤ちゃんは卵子と精子が受精をすることで誕生しますが、性別はどのように決まるかご存知でしょうか。

精子にはX染色体を持つX精子とY染色体を持つY精子が存在し、卵子とX精子が受精することでXX受精卵になり、Y精子が受精するとXY受精卵となります。

XXは女子XYは男子なので、Y精子が卵子と受精すると男の子が誕生するということになります。

男性の精子の中にはX染色体を持つもの、Y染色体を持つものが共に存在するため、男の子が欲しい場合にはY染色体が卵子と受精できやすい環境を作ることが重要となります。

Y精子の特徴

X精子とY精子は異なる染色体を持つだけではなく、それぞれに特徴があります。

Y精子はというと、

  • アルカリ性に強く酸性に弱いという特徴
  • その寿命は1日だけ
  • 動きは早く
  • 数はX精子の倍存在

逆にX精子は動きがゆっくりで、Y精子の半分ほどの量しかありません。

そして酸性に強く、その寿命は2~3日と長めです。

【必見】男の子を産む時に気をつけること、その方法

男の子が欲しい場合には、Y精子が卵子と受精できるような環境作りをすることになります。

具体的には、Y精子の特徴をとらえて、いかに卵子の元へ到達させるかという環境作りをすれば良いのです。

排卵日に性行為・セックスは鉄則

まず、最も大事な日はいつセックスをするかという点です。

Y精子は寿命が1日と短いため、ずばり排卵日にセックスをしなければいけません。

X精子の場合は寿命が2~3日と長いため、女の子が欲しい場合には排卵日その日ではなく排卵日の2~3日前を狙ってセックスをすると良いとされていますが、男の子を望む場合はわかりやすく排卵日その日です。

Y精子はX精子よりもスピードが速いため、排卵日にセックスをすると卵子まで早く到着しやすくなります。

排卵日を押さえるためには、少なくとも3カ月以上前から基礎体温をつけて排卵日を熟知しておく必要があります。

基礎体温は慣れるまでは綺麗なグラフが作りづらいため、3カ月以上の長いスパンで計っていると排卵日を認識しやすくなります。

また、市販の排卵日チェッカーなどを使うのも有効です。

禁欲は必須!Y精子を増やす

Y精子はX精子に比べるとその数は2倍ほどあるので男の子の方が生まれやすいの?と考える人もいるかもしれませんが、女性の膣の入口は酸性です。

Y精子は酸性に弱いため、そこで死滅してしまうものが多いのです。

ただし、やはり精子の量が多いに越したことはなく、質の良い元気な状態の精子となるよう性交の前3~5日は禁欲することが望ましいです。

しかしながら、あまり長期間禁欲しすぎると逆に精子の受精能力が下がってしまうため、3~5日がベストと考えられています。

産み分け 男の子

女性がオルガスムスを感じるセックスを

産み分けとオルガズムが関係あるのかと不思議に思う人もいるかもしれません。

女性はオルガズムを感じると子宮頚管粘液が分泌されますが、この子宮頚管粘液はアルカリ性です。

通常は膣内は酸性に保たれていますが、子宮頚管粘液のアルカリ性により中和されるため、Y精子が生き残りやすい環境となるため、女性が気持ちいいと感じるセックスをすると男の子が生まれやすいと言われています。

産み分けゼリー:グリーンゼリーを使う

子宮頚管粘液がアルカリ性なのでオルガズムを感じると良いとは言っても、そこは体質による個人差もあるため、元々子宮頚管粘液があまり分泌されづらいという人もいます。

そこで強いみかたとなるのがグリーンゼリーです。

産み分けゼリー 男

グリーンゼリーはその名の通りゼリー状の物質で、膣内をアルカリ性環境にしてくれるものとしてイギリスのポラード博士により開発されました。

セックスを行う前に付属のシリンジで膣内に挿入することで膣内がアルカリ性に保たれ、Y精子が生き残りやすくなるというものです。

産み分けゼリー:ベイビーサポートの使用方法

ベイビーサポート 使用方法ベイビーサポートは、国産の天然成分を最良の比率で配合し効果にこだわった安心の日本製産み分けゼリー:潤滑ゼリーです。

ベイビーサポートの使用方法は

  • 容器を袋から取り出す
    1本1本梱包されているので、袋から取り出します。
  • キャップから取り外す
    先端にキャップがついていますので、取り外します。
  • ベイビーサポートを注入する
    容器の半分程度を膣内に挿入し、ピストンを押しベイビーサポートを注入します。

自然妊娠の確率アップを見込める「精子活動最適成分」を含有し、1本の内容量が日本人に最も最適といわれる量4.5mlとなっています。
>>公式サイトで産み分けゼリーの口コミを確認する
http://baby-support.jp

【まとめ】男の子を授かす方法

  • 男性は3~5日間禁欲して質の良い精子量を増やす
  • 女性は基礎体温や排卵チェッカーにより排卵日を確定しておく
  • セックスを行うのは排卵日当日
  • 女性が気持ちいいと感じやすいセックスを行う
  • 事前にグリーンゼリーを注入し、膣内がアルカリ性となるような環境作る

という形で、万全と言えるでしょう。

男の子 3兄弟

2人目は女の子が欲しいということでベイビーサポートfor girlを

二人目には女の子を希望していて、産み分けする方法をさがしていたところ、産み分けゼリーというものを知りました。
利用した方の成功確率80%ということもあり、体験談も読んでみましたがやはり手軽にできて多くの方が成功しているということもあり、わたしも体験談を信じて使ってみることにしました。
for girlの方を選んで、使い方もとても簡単で誰でも使えます。
基礎体温もきちんとつけていましたし、排卵日を予測するアプリも入れて、大勢も整った中で、
この産み分けゼリーを使ってみました。すると、妊娠して検診をかさねていくと、ある日女の子だということが分かりました。
本当にうれしかったですし、産み分けゼリーのおかげだと思っています。

ベイビーサポートfor girlを使用しました

どうしても女の子が欲しくいろいろと試しましたが、費用ばかりかかって効果がありませんでした。そこで産み分けゼリーを使ってみることにして、評判の良いベイビーサポートfor girlを選びました。説明を読むとゼリーを利用することで膣内をアルカリ性と酸性のどちらかに偏らせて、男女の違いに関わってくるX精子とY精子がそれぞれ生き残りやすい環境を作り出してくれます。
最も説明書きを読んでも意味は分からず、実際に使ってみることにしました。価格的にも安いので使いやすく、返金制度があり、さらい成分から容器まで国産なので安心です。そして試したところ、7本目で妊娠が確定、さらに検査で女の子だと分かり効果の確かさを知りました。


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top