生活雑感

男女の産み分け:性別と染色体の関係、排卵日の関係、産み分けゼリー成功率・副作用・口コミまとめ

赤ちゃんを授かりたいと思った時、できることなら性別も選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、授かりものの赤ちゃんの性別を選ぶことはできるのでしょうか。

男女の「産み分け」[産み分けゼリー、その成功率]について紹介します。

男女の産み分けとは?

男の子が欲しい、女の子が欲しいと希望の性別の赤ちゃんを妊娠できるよう、希望の性別のために事前に準備して子作りに臨むことを「産み分け」と言います。

実際、産み分けは100%の確率で実現するには至っていませんが、70~80%割合で成功できているとも言われています。

男女の産み分け

X染色体とY染色体

具体的にどのような準備をして臨むのかという話の前に、まずは男女の性別がどう決まるのかを知っておく必要があります。

赤ちゃんは女性の体で作られる卵子と男性の体で作られる精子が受精することで誕生します。

受精卵が子宮に着床することで妊娠となり、約10か月の間ママの子宮の中で育ちます。

この時、赤ちゃんの性別の決定を司るのは精子で、精子にはY染色体を持つY精子とX染色体を持つX精子の2種類が存在し、Y精子が卵子と受精すると男の子に、X精子が受精すると女の子が誕生するのです。

男子:Y精子の特徴

では、このY精子とX精子にはそれぞれ異なる特徴があります。

Y精子の特徴とは、

  • 寿命が短く生存しているのは1日のみ
  • 動きが速い
  • 酸性に弱くアルカリ性に強い性質
  • その数はX精子の倍量
女子:X精子の特徴

一方のX精子の特徴はとというと、

  • 寿命が長く2~3日は生存
  • 動きはゆっくり
  • 酸性に強くアルカリ性に弱い性質
  • 数はY精子に比べると半分ほどの量

酸性とアルカリ性

このY精子はアルカリ性を好み、X精子は酸性に強い性質がありますが、それが妊娠とどのようなかかわりがあるのか不思議な人もいるかもしれません。

しかし、実はこれが産み分けにはとても重要なポイントとなります。

というのは、女性の膣内は通常は酸性に保たれています。

特に膣の入口は酸性が強いため、酸性に弱いY精子の多くは死滅してしまうのです。

元々Y精子がX精子の倍量存在しているのはそのためです。

産み分け 排卵日

排卵日と産み分けの関係

産み分けにはいつ性交をするのかという点も関係してきます。

妊娠をするためには卵子が排出される排卵日周辺で性交を持つというのが鉄則ですが、男女の産み分けにチャレンジする場合にはさらに細かい配慮が必要となります。

というのは、Y精子、X精子それぞれの寿命の長さや動きの速さは異なります。

寿命の短いY精子は排卵日その日に、寿命の長いX精子は排卵日から数日ずらして性交を行うことで、それぞれの精子が受精しやすい環境となるのです。

産み分けカレンダーとは?

中国やブラジルなどには産み分けカレンダーなるものが存在し、特に中国の産み分けカレンダーは的中率が高いと言われています。

元々は中国王朝の宮中で生まれた赤ちゃんの統計を元に、科学者が作り出した計算法で、ママの数えの年齢と性交する月(厳密には受胎する月)を照らし合わせることで、どの月ならば男の子、女の子という表が作られています。

その的中率は高いと言われていますが、化学的根拠は薄く、占いのようなものとも考えられています。

産み分けカレンダー

性行為による産み分け

産み分けカレンダーを参考にすることはあるにしても、実際に現在指導されている産み分け法としては性行為による産み分けが主流です。その場合は、Y精子、X精子の特徴を踏まえ、科学的根拠に基づいた方法で行われます。

女の子を授かる為の性行為

では、具体的に女の子を授かりたい場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

女の子を授かりたい場合は、性行為を行うのは排卵日の2日前がベストです。

X精子は動きが遅く、寿命が長い特徴があります。

排卵日当日だと動きが速いY精子に負けてしまう可能性が高いですが、排卵日よりも前に性行為を行っていれば排卵された時にX精子が多く生き残っている確率が高いのです。

また、膣内の酸性をさらに高めるピンクゼリーを使用するのも有効です。

女性がオルガズムを感じると膣内がアルカリ性に傾くため、あっさりとした性行為を行うと良いでしょう。

>>産み分けゼリー詳細はこちら

男の子を授かる為の性行為

男の子を授かりたい場合は、性行為は排卵日当日に行います。

Y精子の寿命は1日と短いため、必ず当日に行う必要があります。

また、女性がオルガズムに達すると子宮頚管粘液が分泌されますが、子宮頚管粘液はアルカリ性のためY精子の好む環境となります。

そのため、女性が感じやすい性行為をすると男の子が生まれる確率が上がると言われています。

膣内をアルカリ性に保つグリーンゼリーを使用するのも有効です。

また、膣内は基本的には酸性なのですが、子宮内はアルカリ性です。

そのため、Y精子の膣内移動が少ないようできるだけ男性器を奥まで挿入して射精するようにします。

産み分けゼリーの働き

産み分けゼリー卵子の中にあるのはX染色体だけ。

一方、精子の中にはX染色体とY染色体のどちらかが入っており、そのどちらを持つ精子が卵子に到達するかで性別は決まります。

ただ、昔は跡取りをと男の子を望む声が多く、今は育てやすくずっと近くでいてくれる女の子を望むようになりました。

そんな中で産み分け方というのもさまざま出てきています。

中には眉唾ものの方法もありますが、そんな中で、産み分けゼリーはX精子とY精子の特徴を捉えており、科学的にも信頼できるでしょう。

産み分けゼリー:ベイビーサポートとは?

たとえ望む性別で生まれるとなっても、お母さんや赤ちゃんの体に異常があったら大問題です。

安全性にとことん追求した産み分けゼリー、それがベイビーサポートです。

開発から製造まですべてメイドインジャパンにこだわっています。

産み分けゼリー 安い

グリーンゼリーベイビーサポートで男の子が生まれやすくなる理由とは

男の子を産むためにはY精子が卵子に到達しなければなりません。

Y精子にはアルカリ性には強いけれど酸性には弱いという特徴があります。

実は、膣の入り口の方は細菌などが入ってこないように酸性に保たれているのです。

すなわち、Y精子の多くは膣付近ですぐに死滅してしまう運命にあるのです。

Y精子の方がX精子の2倍もの量あるにも関わらず世の中に男の人が2倍もの量存在しないのは、これが理由です。

ただ、子宮頚管の方に進むに連れてアルカリ性が強くなるのでとにかく中に入ってしまえば強いのです。

それに排卵日が近づくに連れてアルカリ性の粘液が子宮頚管から出てくるため排卵日に近づけば近づくほどY精子が生き易い環境は整ってきます。

そのため、排卵日当日に深く挿入してのセックスがおすすめです。

それだけでなく、膣の入り口もアルカリ性に近づけてY精子の死滅をできる限り防ぐ方法、それがグリーンのベイビーサポートゼリーというわけです。その原料となるのは重曹です。グリーンゼリー
>>グリーンゼリーの購入はコチラ

ピンクゼリー ベイビーサポートで女の子が生まれやすくなる理由とは

一方、女の子を産むためには、それとは逆の方法を取れば確率が上がります。

排卵日よりも少し前に浅く膣の入り口付近に射精するというわけです。

X精子の方が寿命が長く、2日から3日は生きていられるので、排卵日直前にセックスしなくても十分生きていられるのです。

酸性がまだ強い中を進んで行き、Y精子の寿命が付きてX精子が大部分になったころに卵子に到達。

とはいえ、その頃には子宮頚管の中の方であり、アルカリ性粘液も出てきている頃ですからせっかく近くまで行ったのにX精子が死滅してしまうという結果にならないとも限りません。

それを防ぐのがピンクのベイビーサポートゼリーなのです。

これを使うことで膣内を酸性にしてくれるのです。その原料となるのはお酢です。

まったく逆の作用を持つため、グリーンとピンク、使い間違いのないよう注意してください。
ピンクゼリー
>>ピンクゼリーの購入はコチラ

おめでた返金キャンペーン

グリーン・ピンクともに使い方は簡単です。

注射器のような容器が1本ずつ個包装されているので、そのうちの1本を開封し、先端のキャップを取り外してピストンを押して膣内に挿入するのです。

湯煎にかけたりといった手間もありません。

複数購入の方が安くなるのでぜひ2セット・3セットまとめ買いしてください。

とはいえ、見事妊娠することができればもう必要のないもの。そんなときに便利なのがおめでた返金キャンペーンです。

余ったベイビーサポートは1本1000円で買取してもらえるのです。

外箱は開封していても1本ずつの個包装さえきちんとそのままにしていれば対象となります。

回収したものは研究に使用するので再度販売することはありません。”

【よく読まれている記事】
男との子が欲しい!男女の産み分けとは?
男女の産み分け:性別と染色体の関係、排卵日の関係
【葉酸サプリメントの選び方】神経管閉鎖障害のリスク
妊活にはイソフラボンという新常識
高齢妊活にはマカ+葉酸:ホルモンバランス改善
ベイビーサポートの口コミ・体験談
3人連続女の子だったのでどうしても男の子が欲しく・・・

私は4人の子供に恵まれました。第四子の時から実は男の子が欲しいと思っていました。しかし3人連続で女の子が生まれました。そして 4人目に挑戦するときに、できる限りのことをして、男の子が生まれると努力をして、出産に挑もうと思いました。いろいろ調べて、試してみたのがベイビーサポートの産み分けゼリーのボーイの方です。
受精時に性別を決める際に、男の子になるのはY精子です。Y精子はアルカリ性の環境下で活発に運動をするので、女性の膣内をアルカリ性になるようにすれば、男の子の産み分けに有利であるということで、ベイビーサポートを使用しました。
性交渉の直前にグリーンゼリーを膣内に挿入して使用しました。結果的に、4人目に男の子を授かり、幸せいっぱいです

男の子が欲しい

2人目は女の子が欲しいということでベイビーサポートfor girlを

二人目は男の子は欲しくなかったこともあり、女の子を希望していて、産み分けする方法をさがしていたところ、産み分けゼリーというものを知りました。
利用した方の成功確率80%ということもあり、体験談も読んでみましたがやはり手軽にできて多くの方が成功しているということもあり、わたしも体験談を信じて使ってみることにしました。
for girlの方を選んで、使い方もとても簡単で誰でも使えます。
旦那にも協力してもらうのと同時に、私も基礎体温もきちんとつけていましたし、排卵日を予測するアプリも入れて、大勢も整った中で、この産み分けゼリーを使ってみました。すると、妊娠して検診をかさねていくと、ある日女の子だということが分かりました。
本当にうれしかったですし、産み分けゼリーのおかげだと思っています。

ベイビーサポートfor girlを使用しました

どうしても女の子が欲しくいろいろと試しましたが、費用ばかりかかって効果がありませんでした。
そこで産み分けゼリーを使ってみることにして、評判の良いベイビーサポートfor girlを選びました。説明を読むとゼリーを利用することで膣内をアルカリ性と酸性のどちらかに偏らせて、男女の違いに関わってくるX精子とY精子がそれぞれ生き残りやすい環境を作り出してくれます。
最も説明書きを読んでも意味は分からず、実際に使ってみることにしました。
価格的にも安いので使いやすく、返金制度があり、さらい成分から容器まで国産なので安心です。そして試したところ、7本目で妊娠が確定、さらに検査で女の子だと分かり効果の確かさを知りました。

ベイビーサポート 奇形児

妊活とともにベイビーサポート ピンクゼリーを使用しました

「女の子が欲しい」という気持ちがあったので産み分けゼリーを使用しました。
ピンクゼリーが女の子用です。
成分が国産のもので使用してもおなかの赤ちゃんへの影響は少なく「障害児の可能性ゼロ」ということで安心して使用できました。
使い方も簡単だったので、面倒なことが嫌いな私にでもすぐに使用することができました。
旦那さんに手伝ってもらうことなく、自分自身で膣内に商乳できるので、セックスの最中の雰囲気を台無しにすることもありませんでした。
「妊活している」というだけの性交渉では男性側の負担になるので避けたかったのです。
産み分けゼリーのおかげで待望のガールを出産することができました。
健康な女の子でもあったので良かったです。

3人目も男はちょっと・・・・

結婚して年子で男の子の兄弟を授かりましたが女の子もほしく、少しでも助けになるかと思い産み分けゼリーを利用してみました。私が使用したのはベイビーサポートのピンクゼリーで、レビューを読んだところかなりの確率で産み分けができると分かり、また費用もそれほど高くないので使ってみることにしました。国産の天然成分配合なので安心ですし、ゼリーだけではなく容器に至るまですべて日本産なのも嬉しいところです。
返金キャンペーンがあるということで少し多めに購入しましたが、他の商品に比べれば十分に安いです。また使いやすいところも魅力があり、実際に使用したところ、5本目で妊娠が確定して望んだ女の子を授かることができました。

>>公式サイトで産み分けゼリーの口コミを確認する
http://baby-support.jp


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top