生活雑感

髪の毛のダメージ原因、キューティクルとは?ヘアケアについて紹介します

髪の毛のダメージ原因、キューティクルとは?ヘアケアについて紹介します

髪の毛のダメージが最も実感できるのは「髪の毛がぱさつく」症状だと言われていますが髪の毛がぱさつく原因となりやすいのがドライヤーの熱による髪の毛の乾燥です。

髪の毛は乾燥すると髪の毛の潤いを保つことが難しくなり、ぱさつく=髪の毛の表面がザラザラする状態となります。長時間ドライヤーを髪の毛にあてていると水分が失われパサツキの目立つ髪になりやすくなります。

夏場は紫外線によるダメージが顕著な時期となり紫外線によって髪の毛内部のタンパク質のバランスが崩れやすい状態となり髪の毛の水分保有率も下がる傾向が強まります。

また、秋冬など暖房機による室内の乾燥も髪の毛にはダメージを与えやすく、冬場に抜け毛が多くなる原因とも言われます。

これら原因を回避し、髪の毛へのダメージを和らげるには、まずドライヤーで長時間髪の毛を乾かさないこと。

長時間ドライヤーを使用することで髪の毛の保護する表面のキューティクルが剥がれる原因となるので使用時間を短くすることでこれを阻止します。

髪の毛の量が多くどうしてもドライヤーをあてる時間が長い人はドライヤーをマイナスイオンドライヤーに変更する、静電気の起きにくいブラシをつかうなど工夫すると良いでしょう。

髪の毛のダメージ ドライヤー

髪の毛のケアばかりに気を取られて頭皮ケアが疎かになっては本末転倒となりますから頭皮ケアも同時に行うように心がけたいものです、頭皮ケアの第一歩はまずシャンプーによって頭皮に残る余分な皮脂を洗い流すことです。

皮脂は頭皮の保護の役割もありますが、多すぎる皮脂によって汚れや毛穴塞ぎなど成長を止める原因にもなるのでシャンプーによって皮脂を洗い流し清潔な状態保つことが大事です。

頭皮に優しいシャンプーとしてアミノ酸系シャンプーや育毛専用シャンプーがあり市販されているシャンプーの中から油質の多く含む製品ではなく天然成分を含む製品を選ぶと安心です。

シャンプー

髪の毛のキューティクルとは

髪の毛の健康状態を示す目安としてよく言われるのが「髪の毛のコシ、髪の毛のハリ」等の言葉があります。実際にはどのような状態を指しているのかについて解説してみます。

髪の毛の太い・細いは髪の毛のコシとハリに関係があるのか?太い髪の毛でも白髪の多い人、細い髪の毛で毛髪量が多い人など髪の毛のタイプは千差万別ですが髪の毛のコシやハリを示す目安になるのは「キューティクル」となります。

シャンプ-、育毛剤などのCMで見られるCMタレントの綺麗な髪の毛に「天使の輪」といって黒髪の出来る光の輪をアピールするシーンを見たことはないでしょうか?

健康な髪の毛の状態とは正にこの「天使の輪」のキューティクルが整っている状態を指します。では、キューティクルとは何なのか?について解説を加えてみます。

キューティクル

キューティクルとは?

簡単に言えば「キューティクルとは、髪の毛の表面を保護する為にあるうろこ状の膜」を指した言葉です。髪の内部を守り、また内部の栄養素を漏らさない働きをします。

このキューティクルがきちんと活動している限り髪の毛は健康状態を維持することができ、髪の毛のコシとハリもキープできるわけです。ただしキューティクルは加齢と共に現象するため年齢を重ねることによって髪の毛のコシ、ハリも徐々に失われていきます。

髪の毛のコシ、ハリが失われる原因と対策

髪の毛のコシ、ハリ

髪のコシ・ハリがなくなる原因

髪のコシ、ハリが失われる原因の代表的な例として下記のようなものが挙げられます。

加齢

加齢による新陣代謝が衰え頭皮の毛母細胞の機能が低下、結果として細い産毛の髪しか生えてこない期間が長く続く。同じ加齢による原因として頭皮の毛細血管に血液が行き渡らず成長が遅れるのも原因となります。

女性ホルモンであるエストロゲンの減少

加齢による抜け毛の原因と同じく成長に必要な栄養分が行き渡ら無いことによる抜け毛・薄毛が加速する現象、女性ホルモンがうまく生成されずに女性ホルモ(エストロゲン)ンの影響を強く受ける頭部の髪の毛が薄くなってしまう。

いずれも年齢を重ねることで起きる現象ですが、女性ホルモンの分泌量は個人差があり年齢を重ねても若い頃と変わらず若々しい髪の毛を維持できる女性も稀に存在します。

年齢による髪の毛の薄毛が気になる人は髪の毛の成長に繋がる栄養素=食べ物を摂取バランスを考えなおす必要があります。

同じ意味で従来使っていたシャンプーの見直し、頭皮ダメージを極力避けるために炎天下での活動を自粛するなどスグに実行できる対策を取る必要があります。

関連記事
女性ホルモンを整えたい!エストロゲン、プロゲステロン、自律神経など

抜け毛・薄毛

紫外線による髪の毛のダメージについて

夏の紫外線対策について

夏は太陽の光が最も強く肌にあたり肌の紫外線対策が必要な時期と言われます、日焼けによる火傷など代表的な夏の紫外線被害の症状ですが、髪の毛にも紫外線によるダメージはあります。

紫外線は太陽光線の一部の略称でポピュラーな呼び方にはUVとも呼ばれています、化粧品や日焼け止めの効果に謳われている「UV対策」とは日焼け対策と同義語と考えて良いでしょう。

女性にとって紫外線が大敵なのは日焼けによりシミ、シワなど増える原因ともなるからです。そして大量に紫外線を浴びていると最悪な場合は皮膚がんになることもあります。

紫外線 髪のダメージ

紫外線が髪の毛に大敵な理由として、髪の毛の成分がタンパク質という点です。タンパク質=アミノ酸であり、紫外線を受けることで髪の毛の成分であるアミノ酸が分解され髪の毛を保護するキューティクルが剥がれやすくなり髪の毛の水分が少なくなる原因となるのです。

また、紫外線とメラニンの関係も重要であり髪の毛の内部にあるメラニンが紫外線を浴びることで変化し赤茶けた色へと変化します。この現象を「光老化」と呼び光老化の進行具合は紫外線を浴びる時間や量によって変化していきます。

紫外線が強い時期として日照時間が伸びる5月から9月が特に注意が必要な時期であり、日差しが強くなる時間帯は午前11時から午後2時ぐらいまでとなります。

髪の毛を守るためには帽子で紫外線を防ぐ

野外で仕事する場合は日焼け止めを露出する肌に、髪の毛を守るためには帽子で紫外線を防ぐとよいでしょう、ただし帽子も風通しの良い物を選ぶようにしてください。ヘルメットのような風通しが悪い被り物は頭皮が蒸れて毛穴に汚れが詰まる原因となります。

ヘルメットを被る仕事に従事している場合、頭部の汗をこまめに拭く休憩時間はヘルメットを取り蒸れている頭皮をリフレシュさせることも大事です。

海水浴で遊んだあと海水にぬれたまま髪の毛を放置するもの髪の毛とってはダメージを与えることに繋がります。海水には塩が含まれており塩によって髪の毛の水分が外に出やすくなります。海水浴で遊んだあとはシャワーで髪の毛を洗うことで塩によるダメージを抑えることができます。

【関連記事】
紫外線・日焼け対策は気合を入れて!!飲む日焼け止めサプリ

冬の乾燥がもたらす髪へのダメージ

夏場は紫外線による髪の毛へのダメージについて説明しましたが、冬場も髪の毛へダメージを与えるケースがあります、冬に髪の毛へダメージを与えるのは乾燥です。

乾燥による髪の毛へのダメージ

冬は湿度が20%から30%まで下がる時期であり、室内では暖房を使う季節でもあります、湿度の低下と暖房によって起きるのが乾燥ですが、空気が乾燥することで髪の毛にもダメージを与えることになります。

髪の毛には10%以上もの水分が含まれており、空気の乾燥によって7%を下回ると髪の表面を保護するキューティクルが剥がれてしまいます、キューティクルが失われることで髪の毛もダメージを受けるのですが表面を保護するキューティクルがないまま外出すると更に髪の毛が痛む結果に繋がります。

頭皮が乾燥するとダメージを受けやすくなる

髪の毛と同様に頭皮も乾燥によるダメージを受けます、頭皮に含まれる水分が失われると乾燥した頭皮となり、痒み、疼き、フケの大量発生、炎症などに悩まされることになります。

理由は頭皮の角質層にある水分は頭皮を守る役割も果たしており、一度ぬけた水分はなかなか回復せず放置しておくとダメージが広がり髪の毛を生む毛根まで損傷することになります。

毛根にダメージが重なると育成される髪の毛が細く頼りない軟毛に変化し、薄毛、脱毛へと繋がります。

頭皮 乾燥への対策

乾燥への対策

まずは室内の乾燥を抑えること、手軽な方法は加湿器を使用すること。また、乾燥している環境でのブラッシングを避けること、乾燥時にブラッシングをすると静電気が発生しやすく髪の毛にダメージを与えてしまいます。

シャンプーの頻度を毎日から2日に一度くらいに落とす、乾燥時期に毎日シャンプーすると頭皮を保護する皮脂まで落とすことになるのでシャンプー頻度を下げて最低限の皮脂は頭皮に残すようにしましょう。

【おすすめ記事】
フルボ酸シャンプーおすすめ商品比較:オーガニックシャンプーの選び方


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top