生活雑感

意外と知られていないセラミドの種類!セラミド配合化粧水の特徴と選び方

美容成分セラミドとは?

セラミドは、実はもともとお肌の中にある成分の一つ。

角質層の中の細胞間脂質の成分です。

角質細胞と角質細胞の間を埋めていて、水分と油分、どちらの性質も持っています。
角質細胞の間に入ることによって、肌の弾力性や潤いを保ちます。

お肌の潤いを助けてくれるセラミドですが、加齢とともに減少し、乾燥や肌荒れが起こりやすくなります。
とくに食生活、睡眠時間が乱れた生活をしている人は要注意です。

セラミドの働き

セラミドは、肌の潤いを保つ働きがあります。

お肌にセラミドが十分にある状態だと、乾燥などの刺激を受けにくくなります。

刺激を受けにくい肌は、ニキビや炎症などの肌荒れトラブルを引き起こしにくい肌です。

セラミドはお肌のキメも細かく整うサポートをするので、美肌を目指す人にとって必須とも言える成分です。

バリア機能が低下している皮膚
バリア機能が低下している皮膚
正常な皮膚
正常な皮膚

セラミドの種類4つ

セラミドの主な4種類を紹介します。

天然セラミド

動物由来でできているセラミドで、馬などからつくられます。
ヒトの成分に近く、角質層まで浸透しやすいという特徴があります。
使い続けることによって、セラミドがつくられる量を増やしてくれることも期待できます。
セラミドの中では高価です。

植物性のセラミド

大豆、小麦、米、こんにゃくから抽出されたセラミドです。
お手頃価格で低刺激なのが特徴です。
セラミドとしての働きは弱く、ヒトの肌とはなじみにくいという欠点もあります。
小麦アレルギーの心配のある人は使うのを控えた方がいいです。

疑似セラミド(合成セラミド)

セラミドによく似た成分を、石油原料から合成したものです。
安く大量生産ができるので、いろいろな化粧品に使われています。

ヒト型セラミド

酵母からつくられたセラミドです。
ヒトの皮膚のセラミドと構造が近く、高保湿なのが特徴です。
肌にも優しく低刺激です。
ヒト型セラミドは11種類もあると言われていますが、まだ解明されていない成分も多いです。
現在研究が進み、注目されているセラミドの種類です。
現在は4種類のセラミドが使われています。

【よく読まれている記事】
赤ら顔の治し方・原因(肌トラブル・酒さ・アトピー)
40代・50代におすすめの基礎化粧品:シミ・くすみ・毛穴ケア
さらばイチゴ鼻!鼻の角栓・毛穴の黒ずみならマナラホットクレンジングゲル
無添加ニキビ化粧水の選び方

植物性のセラミド 疑似セラミド(合成セラミド) ヒト型セラミド

セラミド化粧水の選び方3つのポイント

一口にセラミド化粧水と言ってもセラミドの種類も多く、どれがいいのか選ぶのが大変です。
そこで、セラミド化粧水を選ぶポイントを3つまとめました。

ヒト型セラミド配合

セラミドの種類でご紹介した中で、ヒト型セラミドが一番肌馴染みが良く保湿力があるセラミドです。
肌本来のセラミドを作る力を高めてくれるとも言われているので、継続して使う化粧水だからこそヒト型セラミドを配合したものがおすすめです。

最先端の研究で解明されるセラミドは、これまでのセラミドとは一味違う保湿力があると注目されています。

とろみのあるテクスチャー

セラミド成分は脂溶性です。
水に溶けにくいですが、油には溶けやすい性質を持っているため、セラミド高配合の化粧水はとろっとしたテクスチャーなのが特徴です。

さらっとしたテクスチャーの化粧水や、さっぱりタイプのものは、セラミドが少ししか含まれていない可能性があります。
できるだけ濃厚なとろみのあるテクスチャーの化粧水を選ぶのがポイントです。

濃厚なとろみのあるテクスチャーの化粧水を選ぶのがポイント

ヒアルロン酸やビタミンcなどの成分配合

セラミドだけでなく、他にも保湿成分が入っている化粧水だと、総合的な肌ケアが期待できます。
ヒアルロン酸もセラミドと同様に、肌の潤いをサポートしてくれる成分なので、セラミドと一緒に配合されていればよりお肌に嬉しい化粧水と言えます。
ビタミンc、ビタミンc誘導体はエイジングケアにも役立ちます。

セラミドと一口に言っても、いろいろな種類があります。
セラミド配合だから期待できる、と鵜呑みにはせずどんなセラミドが使われているのか内容までチェックするのが大切です。

ヒアルロン酸やビタミンcなどの成分配合


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top