生活雑感

下腹ポッコリは骨盤のせい!?骨盤が歪む3つの原因と改善策

下腹ポッコリは骨盤のせい!?骨盤が歪む3つの原因と改善策
 
スリムなのに下腹だけ出ている、年齢とともに体重が増え下腹が目立つようになった、産後なかなか下腹が戻らない・・・。

このすべてに共通しているのが骨盤の歪みです。

特に妊娠出産を経験した女性は、要注意。骨盤が歪んでいる可能性大です。

骨盤のゆがみ別に対策をまとめましたので、下腹ポッコリ解消にお役立てください。

下腹ポッコリ解消

O脚に下半身太りまで!?骨盤が歪む3つのリスク

骨盤が歪むと、体のあらゆるところにトラブルが起こります。

ただし挙げだすときりがないので、ここではボディラインに絞ったリスクを3つにまとめました。

リスク1.O脚

骨盤が左右に開いてしまうときに起こりやすいトラブルです。

出産後に体型が変わってしまう原因の1つが、骨盤の開き。

妊娠出産を経験した人に多くみられます。

骨盤が横に広がってしまうのでお尻の形が四角く崩れ、脚がO脚に歪んでしまうのが特徴です。

広がった骨盤の中に内臓がスッポリ入ると、下腹ポッコリの原因にもなります。

このケースに効果的なのは、骨盤ベルトや骨盤ショーツ。

外側から広がった骨盤を押さえてあげることで、少しずつ改善していきます。

特に産後は骨盤が柔らかいので、なるべく早い段階からケアしてあげるのが元の体系に早く戻る秘訣です。

リスク2.下半身太り

骨盤が上下・前後にズレてしまったケースです。

くびれの位置が左右で違っていたり、お尻の形が悪い、太ももが太いといった悩みを抱え安いのが特徴です。

骨盤の高さがずれることで左右の足の長さが1~2cm変わることもあり、下半身に余計な脂肪が付きやすくなってしまいます。

上半身は細いのに太ももが太い、お尻が垂れているという方に多い骨盤のゆがみです。

この場合は骨盤ベルトやショーツだけではケアしきれないので、ストレッチなどをプラスして左右のゆがみを取るのが効果的。

歪みがひどい場合は、接骨院でプロの手を借りるのも1つの手です。

ただし体型キープのための骨盤矯正は治療目的にはならないので、全額自己負担のことがほとんど。

1回3000円~10000円が相場のようですが、しばらく通い続けなければいけないので予算と相談しつつ決めると良いでしょう。

お尻が垂れている
 
 

リスク3.下腹ポッコリ

骨盤が後ろに反っていることが原因で起こる骨盤の歪みです。

いつも通り立って、背中とお腹に手を添えてみてください。

背中側が固く、お腹側が柔らかいなら骨盤が反っている可能性大。

お腹側が柔らかいのは、骨盤がうしろに反っているせいで腹筋を全然使えていない証拠です。

背中がグッと伸びているので一見すると姿勢が良く見えるのですが、出っ尻・下腹ポッコリといったトラブルが目立ちます。

この場合はストレッチで骨盤の歪みを取るのが効果的。

さらに毎日の姿勢もゆがみに影響するので、骨盤ショーツなどを使って姿勢を意識するのもオススメです。
 

 
下腹ポッコリ改善におすすめ!骨盤まわりの筋肉を鍛える膣トレーニング
>> 膣トレーニングで嬉しい6つの効果! <<
 

骨盤の歪み

 

まとめ

骨盤は、骨と骨の集まり。

骨と骨のつなぎ目がズレたり、広がったりすることで骨盤が歪みます。

たった1㎜ズレるだけでも体型が変わってしまうというのですから、いかに日々の心掛けが大事なのか分かりますね。

骨盤ベルトやショーツ、ストレッチ。

歪みに合わせた骨盤ケアを組み合わせて、下腹ポッコリを卒業しちゃいましょう。
 
 


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top