生活雑感

卵殻膜は食べることで美容効果を得られるの?Ⅲ型コラーゲンって?

卵殻膜は食べることで美容効果を得られるの?
 
卵殻膜は鶏の卵に含まれている薄皮のことです。卵といえば、私たちが日常に食べるものですよね。それでは、卵を食べることによって卵殻膜による美肌ケアができるのでしょうか?

卵殻膜は食べることで効果が得られるのかどうか、調べてみました。

 
 

卵殻膜を食べるとその効果はどうなる?

卵殻膜が美容にいいの?卵なら、私毎日食べるけど…!

そう思っている女性もいるかもしれません。
私も最初は、卵を食べればいいのかな?と思いました。

でも、残念ながら、卵殻膜は口から食べても、吸収されることはないのだそうです。

卵殻膜というのはそのままの状態では、水にも油にも溶け込むことができません。このため、卵殻膜をそのまま食べても、体の中で有効的に吸収されることはないのです。

卵殻膜を食べるとその効果はどうなる?
 
 

そのまま食べるとかえって消化不良に

うまく消化されないために、むしろ消化不良を起こしてしまうこともあるといいます。ですので、ゆで卵を食べるときにはきちんと薄皮をとって食べる方がいいということですね。

なんだ、食べてもダメなのか…

と、残念がっている方もあきらめないでください。

加水分解卵殻膜が配合されたサプリメントやドリンクを利用するという方法もあります。

卵殻膜成分が体内に吸収されやすいように配合されているものですので、これらなら、卵殻膜の効果を内側から取り入れることができます。

そのまま食べるとかえって消化不良に
 
 

卵殻膜が美容にいい理由

そもそも、卵殻膜が美容にいいといわれるのはどうしてでしょうか。
理由は2つあります。

  1. 理由1:
    人の皮膚に含まれているものに近いタイプのアミノ酸を始め、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを豊富に含んでいること。
  2. 理由2:
    お肌のうるおいに欠かせないⅢ型コラーゲンの生成に関連する成分を含むこと。

このため、最近の化粧品では、卵殻膜エキス配合のものも販売されるようになりました。

しかし、お肌はやはり口から食べたもので作られるものです。できることなら、体の内側からも卵殻膜を利用したスキンケアを行いたいものですよね。

卵殻膜が美容にいい理由
 
 

卵殻膜を摂取する方法

先ほどもいいましたが、卵の薄皮をそのまま食べても、卵殻膜の効果を得ることはできません。ですが、口から卵殻膜を摂取する方法もあります。

それが、加水分解卵殻膜を含むサプリメントやドリンクを利用するという方法です。

卵殻膜は「赤ちゃんコラーゲン」ともいわれているⅢ型コラーゲンの生成に関りがあります。ですので、「卵殻膜エキス」とか「Ⅲ型コラーゲン」という成分表示があるアイテムに着目してみましょう。

現在は、卵殻膜を体に吸収しやすい形として配合したサプリメントやドリンクもいくつか販売されています。これらを毎日のスキンケアの一環として取り入れてみましょう。

卵殻膜を摂取する方法
 
 

卵殻膜はサプリメントからの摂取を

また、卵殻膜(=卵の薄皮)を生の状態で口にすることは、サルモネラ菌などの心配もあります。ですので、間違っても美容効果を得ようとして、卵殻膜をそのまま食べるという行為は行わないでくださいね。

卵殻膜を美容のために活用するには、サプリメントや化粧品という形で試すようにしましょう。
 
天使のベビーコラーゲン

  • 赤ちゃんの肌に多く含まれる「Ⅲ型コラーゲン(通称:ベビーコラーゲン)」
  • 効率良くコラーゲンを補う事が出来る「コラーゲントリペプチド」
  • 母親から最初に授かる「ベビー乳酸菌」

を配合の天使のベビーコラーゲン
>>公式サイトはこちら

天使のベビーコラーゲンの口コミ

年齢とともに様々なエイジングサインが出て来ていて、とても悩んでいました。
そこで最近使い始めたのが天使のベビーコラーゲンです。III型コラーゲンやアミノ酸などの成分が配合されていて、しかも990円という価格なので始めやすかったです。
やっぱり体の内側から有効成分を摂取するのは良いのだと思います。
お肌の弾力も違ってきましたしこれなら続ける価値があると思っています。お友だちから勧められましたがとても気に入っています。
年齢とともにお肌の弾力が無くなってきて潤い不足を感じるようになりました。
化粧品もコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている物を取り入れたりと、考えてはいましたがなかなか思うような効果がありませんでした。
そこで天使のベビーコラーゲンを使ってみたところ、卵核膜という注目すべき成分が配合されていますし、シスチンやL-システインの効果もあってか飲んだ翌日も肌に違いを感じる事が出来ました。毎日続けやすい安い点も良いです。
40歳を過ぎてから、肌のたるみが気になってきました。
年齢よりも老けて見られてしまいショックを受けました。そこでコラーゲンをさがしていた所、インターネットで天使のベビーコラーゲンを見つけました。
この商品には卵核膜(らんかくまく)やベビー乳酸菌などが入っています。
なので肌の外側だけでなく、体の内側からも効果が期待出来ると思いました。
初回の値段が安く送料無料だったので購入しました。カプセルタイプで飲みやすく、飲んでいるうちに肌が潤ってきました。化粧のりも良くなったので嬉しいです。
テレビ番組で知った天使のベビーコラーゲンを使っています。
加齢によって肌の乾燥が気になっていたので、美容のためにIII型コラーゲン配合のサプリメントを飲むことにしました。
天使のベビーコラーゲンを飲むようになってから肌に潤いが戻ってきたので嬉しいです。
洗顔後に肌が乾燥して粉を吹いたようになることが多かったのですが、このサプリメントを飲むと洗顔後も肌が乾燥せずしっとりしています。
これからも美容のために活用します。
天使のベビーコラーゲンはただのコラーゲンではなく卵核膜が三型コラーゲンをサポートしてくれますし、免疫力の高いクリスパタス菌を摂取することができるので、体内からきれいになっているのを実感することができています。
雑誌やテレビでもおなじみの先生が監修していますから、安心感もありますし、苦みもないので飲みやすいです。
1日や2日では効果を実感できませんでしたが、10日ほど経った頃から肌の内側から弾力を感じるようになりました。
肌荒れの症状がひどいため、ファッション誌などで紹介されていた天使のベビーコラーゲンを使ってみました。
コラーゲンサプリを試してみるのは初めてですが、ファッション誌などで評判が良いので天使のベビーコラーゲンは安心です。
卵核膜(らんかくまく)にはアミノ酸が18種類とヒアルロン酸やコラーゲンなどが含まれているので、美容効果を期待できると考え購入しました。
初回限定で送料が無料になることも、試してみようと考えた理由です。
試してみた結果は、自分が考えているよりも効果的でした。飲むだけで手軽なので、続けて飲むようにしています。

天使のベビーコラーゲン公式サイト
天使のベビーコラーゲン公式サイトはコチラ

 

卵殻膜オールインワンジェルのメリットとデメリット

“卵殻膜といえば今話題のエイジングケア成分ですが、それを利用したオールインワンジェルが気になるところです。卵殻膜を応用した化粧品はいくつかありますが、オールインワンジェルを試してみたいという時、気になるのはそのメリットとデメリットでしょう。

卵殻膜配合オールインワンジェルのメリットとデメリットを考えてみました。

卵殻膜はサプリメントからの摂取を
 
 

話題の卵殻膜って何?

卵殻膜という言葉をちらほら耳にするようになりましたね。数年前から美容業界では注目を浴びている成分ですが、卵殻膜はニワトリの卵から抽出するものです。

卵の殻の内側にある薄膜のことなのですが、これが美肌にいいというで、オールインワンジェルや美容液などに配合されるようになりました。
 
 

 

卵殻膜オールインワンジェルのメリット

  1. 保湿力が高い
    卵殻膜オールインワンジェルのメリットは、なんといっても、その高い保湿力にあります。

    もともと卵殻膜には、コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿力の高い成分が含まれています。

    オールインワンジェルというと、これ1本で化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地など、何役もこなしてくれる便利アイテムですよね。しかし、比較的乾燥しやすいという欠点もありました。

    乾燥肌の人にとっては、どんなに保湿成分を配合しているものでも、物足りない感があったものです。

    その点、卵殻膜配合のオールインワンジェルは、それ以外のものに比べるとはるかにしっとり感が違います。卵殻膜が関連しているというⅢ型コラーゲンは、別名「赤ちゃんコラーゲン」とも呼ばれるもので、ぷるぷる肌を目指したいという方にはぴったりです。

  2. コスパがいい
    卵殻膜成分を配合した化粧品はいろいろなものが販売されています。中には、洗顔から化粧水、美容液とラインで使えるタイプのものもあります。しかし、卵殻膜配合化粧品ですべてのアイテムをそろえようとすると、けっこうな金額になってしまうことも…。

    その点、オールインワンジェルなら、これ一つでスキンケアが完了しますので、コスパ的にもメリットがあります。

卵殻膜化粧品を使ってみたいけど、コストは安く済ませたいという人に、うれしいのがオールインワンジェルです。

卵殻膜化粧品を使ってみたいけど、コストは安く済ませたいという人に、うれしいのがオールインワンジェルです。
 
 

 

卵殻膜オールインワンジェルのデメリット

  1. 独特のニオイがある
    乾燥肌の人にとっては、とても魅力的な卵殻膜オールインワンジェルですが、デメリットもあります。まずは卵由来の独特なニオイでしょう。

    ニオイの感じ方は個人差がありますが、卵系の臭いや硫黄臭が苦手な人は、卵殻膜化粧品は使いにくいと感じる人が多いようです。卵殻膜の主成分であるたんぱく質に起因するニオイなので、それを完全に取り除くのは難しいのです。

    卵殻膜オールインワンジェルのアイテムには、そのニオイ対策として、精油などを添加しているものが多いです。ですが、無添加のものを普段使っている人にとっては、ちょっと使いにくいと感じるかもしれません。

  2. 人によってはべたつく
    先ほど、卵殻膜オールインワンジェルは保湿力が高いといいました。その反面、ややべたつきが気になるという人もいます。

    卵殻膜オールインワンジェルは、お肌にのせるとまさに膜のようにぴったりお肌に密着する感じがあります。これを、保湿してくれていると感じるか、べたべたすると感じるかは個人差があるでしょう。

    ですので、べたつくタイプの化粧品が苦手な方は、まずはお試しサイズのものから使ってみるといいかもしれませんね。

メリットとデメリットをおさえて賢く利用したい
 
 

メリットとデメリットをおさえて賢く利用したい

卵殻膜オールインワンジェルのメリットとデメリットについて、まとめてみました。卵殻膜オールインワンジェルは、とても優れた化粧品ですが、人によって合わないと感じる人もいるようです。

ただ、これまでのオールインワンを試してみて、その保湿感が物足らなかったという人にはぜひ試してもらいたいアイテムです。

お試しで始められるものや、返金保証が付いているアイテムなどを利用して、上手にスキンケアに取り入れてみてくださいね。
 
 

 天使のベビーコラーゲン公式
医師監修の安心サプリ
エイジングケアの第一人者「日比野佐和子」医師監修のもと、食事からは摂りにくい栄養を補給して内側から美をサポートします。
天使のベビーコラーゲン公式サイトへ


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top