生活雑感

骨盤歪みの原因・骨盤歪みからくる便秘・生理痛:骨盤歪みを治すストレッチ方法

骨盤歪みの原因・骨盤歪みからくる便秘・生理痛:骨盤歪みを治すストレッチ方法

骨盤のゆがみはあらゆるトラブルの原因につながっています。

新陳代謝の低下からダイエットの妨げになったり、便秘や肩こり、むくみなど様々な症状が現れます。

さらに内蔵機能の低下にもつながり、ホルモンバランスの乱れの原因にもなっているのです。

今回はそんな骨盤のゆがみの原因について調べてみました。

 

生活習慣による日々の骨盤歪み

何気ない生活習慣が、実は骨盤の歪みにつながっている可能性もあります。

例えば高いヒールのある靴を履いてばかりいたり、デスクワークが続いているのも原因になります。

さらに体の片側に負担がかかってしまうのもよくありません。

同じ方の方にばかりカバンを下げている、同じ向きを向いて寝てばかりいる、同じ足を組んでいるなどのゆがみの原因の一つです。

咀嚼の方法でも、同じ側で噛んでばかりいると、骨盤の歪みにつながってしまいます。

運動不足気味の人はさらに歪みやすくなるので、体を適度に動かして、日々の体の使い方を改めていきましょう。

何気ない生活習慣が、実は骨盤の歪みにつながっている可能性もあります。

 

女性ホルモンバランスの乱れで骨盤は歪むことも

骨盤は妊娠や出産など女性ホルモンバランスの変化によっても歪んでしまいますが、それ以上に
何気ない日常生活でも気づかぬうちに歪んでしまいます。

同じ足を組んでいたり、ヒールの高い靴を履いていたり、姿勢が悪いことも骨盤のゆがみの原因になっています。

姿勢が悪いことも骨盤のゆがみの原因

 

姿勢の悪さによる骨盤歪み

姿勢の悪さも思っている以上に体に負担をかけています。

猫背や反り腰、ふらふら歩き、ずり足など今一度自分の姿勢も再確認してみましょう。

体に痛みが生じていれば、それをかばうため、さらに体のゆがみは悪化していってしまいます。

気が付いたときに自分の立ち姿や歩き姿をチェックして、美しい姿勢をキープできるようにしていきましょう。

骨盤のゆがみ 猫背や反り腰、ふらふら歩き、ずり足

 

妊娠・出産による骨盤歪み

妊娠や出産は骨盤の歪みに大きな影響を与えます。>

女性は妊娠するとホルモンが急激に分泌され、出産に備えて骨盤が緩くなっていきます。

さらにおなかの中の赤ちゃんが大きく育つにつれ、体系も変化し、体への負担もさらに大きくなっていきます。

出産時には骨盤が開き、歪みが生じてしまうことがあるのです。

産後もすぐには骨盤は元の位置には戻らず、しばらくはホルモンの影響で骨盤はゆるみやすい影響にあります。

そのため産後無理な運動をしたり、悪い姿勢をとっているとさらに骨盤は歪んでしまいます。

産後は1か月ほどしっかりと体を休め、徐々に産褥体操などを取り入れながら歪んでしまったり開いてしまった骨盤を元に戻していきましょう。

骨盤ベルトなどを取り入れることもおすすめですが、あまりに痛みがひどい場合は無理に自分で対応せず、病院に行ってきちんと診療を受けましょう。

骨盤のゆがみ 

 
 

骨盤歪みが便秘の原因になっているって本当?

骨盤のゆがみは、ダイエットの妨げや肩こり、腰痛、冷え性など様々なトラブルの原因になっています。

そして実は多くの女性が悩む便秘も、骨盤のゆがみが影響していることをご存知でしょうか?

思うように便秘が解消されないと悩む方も、実は骨盤のゆがみが原因かもしれません。

今回は、骨盤のゆがみと便秘の関係について調べてみました。

骨盤のゆがみと便秘の関係

 

便秘が起こす様々な影響

便秘が続くと体に不要な老廃物や毒素がたまった状態になり、肌荒れやニキビの原因にもなります。

さらに腸内に不要なものがあることで、腸は栄養を吸収しずらくなり、不要なカロリーまでどんどん吸収していってしまい、ダイエットも思うように進みません。

また腸内環境が悪くなれば免疫力も低下し、風邪をひきやすくなるだけでなく、習慣化するとガンなどの大きな病気にもかかりやすくなってしまうのです。

食生活改善や運動を取り入れても思うように改善しないという方は、一度骨盤をケアして便秘を解消してみてはいかがでしょうか?

 

骨盤後傾による便秘への影響

骨盤が後ろに傾いた状態を指す骨盤後傾ですが、実はこの状態が一番排便の妨げにあるといわれています。

骨盤が後ろに傾いてしまうと、大腸や直腸は押しつぶされるような状態にあり、本来の動きを行うことができず、排便もスムーズにできません。

骨盤後傾かどうかの簡単なチェック方法は、まず壁に背中をくっつけた状態でまっすぐ立ち、背中と壁にどれだけ隙間が空いているかを見るだけです。

この時壁と背中の隙間が手のひらを広げた状態でまっすぐ入ったなら問題ありませんが、入らないくらい隙間がなければ骨盤後傾の可能性が高いでしょう。

逆にこぶしが入るほど隙間が空いているのも骨盤前傾といって骨盤のゆがみが生じています。

骨盤後傾による便秘への影響

 

内蔵の位置がずれてしまっている

骨盤が歪み、開いてしまうと、骨盤によって支えられていた内蔵がどんどん本来の位置から下がってきてしまいます。

すると内蔵機能はどんどん低下してしまい消化機能や排せつ機能も悪くなってしまい便秘につながってしまうのです。

さらに見た目にもポッコリおなかの原因につながっています。

骨盤の歪み ポッコリおなか

 

血行不良

骨盤の歪みは血行不良の原因にもなります。

血行が悪くなると内蔵機能も低下し、退社も悪くなり、老廃物はどんどんたまっていってしまいます。

さらに血行不良を改善することで、むくみや冷え性な女性に多いトラブルも同時に解消することが可能です。

 

骨盤歪みを改善してスッキリ体質へ

骨盤のゆがみと便秘の関連性について説明しました。

どんな方法を試してもなかなか便秘が改善されないという方は、一度骨盤のゆがみを本格的に矯正することを検討してもいいかもしれません。

骨盤の歪みは便秘だけでなくダイエットの妨げにもなります。

特に女性には多く表れることですので、骨盤歪みをチェックすると同時に、骨盤ストレッチなどを取り入れてみてください。

→骨盤ストレッチ

 
骨盤の中心 仙骨 女性ホルモンの分泌
 
 

骨盤歪みが生理痛の悪化を招くって本当?

骨盤の歪みは、体のあちこちにトラブルを引き起こします。

代表的なものは腰痛や便秘、ダイエットの妨げなどがあげられますが、実は生理痛の悪化にも影響しているといわれています。

最近生理痛がひどくて悩んでいるのであれば、実は骨盤のゆがみが関係しているかもしれません。

今回は、そんな生理痛と骨盤の歪みの関係について調べてみました。一度自分の骨盤の歪みと向き合い、生理痛の改善を目指しましょう。

 

骨盤の歪みにより神経が過剰に反応している

骨盤の中心に位置する「仙骨」には、女性ホルモンの分泌をうながすツボがあります。

骨盤のゆがみにより神経が圧迫されると、過剰に反応してしまい、女性ホルモンのバランスが乱れ生理痛の原因につながってしまうのです。

 

内蔵の機能低下が起こってしまう

骨盤が歪むと骨盤は開き、骨盤によって支えられていた内蔵も本来の位置からどんどん下がっていってしまいます。

すると内蔵は本来の機能を果たすことができず様々な支障が出てきてしまいます。

女性ホルモンの分泌を担っている子宮や卵巣も、同じように正常に働かなくなってしまうため、生理不順や生理痛の悪化が起こりやすくなります。

また、この内蔵機能の低下により便秘が起こりやすくなることも、生理痛の悪化には大きな影響を及ぼすといわれています。

 

血行不良で体が冷えやすくなる

骨盤が歪むと、体のバランスが悪くなり血行やリンパの流れが悪くなります。そのため、むくみや冷え性が起こりやすくなります。

血行不良になり手先が冷えてしまうと、生理の際思うように血液が集められなくなるため無理が生じてさらに痛みが起こりやすくなってしまうのです。

 

生理周期に合わせた骨盤の開閉がうまくいかなくなる

本来女性の体は生理周期に合わせて女性ホルモンが分泌され、骨盤が開閉していくものです。しかし、骨盤が歪んでいると骨盤がスムーズに開閉することができず、痛みを伴ってしまいます。

 

生理痛を緩和するために行う骨盤ケアとは?

応急処置として、生理痛を緩和するための骨盤ケアを紹介します。

まずは仰向けに寝て骨盤の下に手のひらを上に向けて置きます。

次に足を上げ、膝を曲げながら15秒キープし、さらに首を曲げて15秒キープします。

これを1セットとして3セット繰り返します。

ただし、骨盤ケアは日ごろから行うことが大切です。骨盤枕を使った体操やストレッチなどを取り入れて骨盤のゆがみをケアし、生理痛の改善を目指しましょう。

骨盤歪みをチェックすると同時に、骨盤ストレッチなどを取り入れてみて

 
 

骨盤歪みを治すストレッチおすすめ方法

骨盤のゆがみは、体のあちこちにトラブルを引き起こします。

ですので、こまめにケアをして骨盤を正しい位置へ戻すだけで、

  • ダイエット効果
  • むくみ
  • 冷え性改善
  • ホルモンバランスの乱れの改善

などうれしい効果もたくさんです。
そんな骨盤の歪みを治すには、

  • 整体・骨盤矯正(骨盤調整)のカラダファクトリーに通ったり、
  • 自宅で簡単に行うことができるストレッチ
  • 膣トレーニング

などがあります。

運動嫌いの方でもすぐに行うことができ、血行を促進して快適な睡眠を手に入れることもできますよ!

ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

カラダファクトリー

カラダファクトリー
全国260店舗以上!
整体×骨盤【カ・ラ・ダ ファクトリー】です。

初めてご利用の方限定!
目・肩・腰に!60分全身整体3,980円(税込)

公式サイトはこちら

 

寝たままできるストレッチ

めんどくさがりの方でもすぐに実践することができる、とても簡単なストレッチ方法です。

まず仰向けに横になり、手は頭の下に置きます。

足は伸ばしてつま先をくっつけ八の字の形を作ります。

この状態のまま2回深呼吸をしたら一度息を吸い、かかとを軽く上げましょう。

息を吸い終わったらかかとを下ろします。

このストレッチを毎朝2回行うだけです。

毎朝の習慣にすれば5分もかからないのでおすすめです。

 

膝抱えストレッチ

仰向けになり膝を曲げて両手で抱えます。

膝とおでこがくっつく距離が理想ですが、初めてで体が硬い場合は無理をしないようにしましょう。

体が丸まったら今度は背骨を刺激するようにゴロゴロと床の上で背中を転がします。

背骨が刺激されることで、歪んだ位置を戻すことができます。

20回を目安に行いましょう。

膝抱えストレッチ

 

骨盤ねじりストレッチ

仰向けになり膝を立てます。

左右のくるぶしをくっつけ膝を右側にゆっくりと倒していきます。

この時できるだけ肩が浮かないように注意しましょう。

反対側も同じように行います。

骨盤ねじりストレッチ
 

 

膝よせストレッチ

仰向けに横になり足を伸ばします。

右ひざを立て、両手で抱えながら胸に引き寄せていきます。

膝や腰が浮かないように注意しながら30秒キープします。

反対側も同じように繰り返します。

骨盤ストレッチ 膝よせストレッチ

 

 

開脚

有名なストレッチ方法ですが骨盤のゆがみには効果的です。

足を左右に開き、つま先を上にあげます。

背筋を伸ばしながら、いた気持ちいと感じるところまで体を倒していきます。

30秒キープし、3回ほど繰り返します。

骨盤ストレッチ 開脚

 

膣トレもいいかも

膣トレとは、膣や骨盤底筋の筋力を鍛えること、

つまり、骨盤まわりの筋肉を鍛えるトレーニングです。

 

毎日のストレッチとして実践してみて

以上、骨盤のゆがみにおすすめなストレッチの方法を紹介しました。

無理をせず自分がやりやすい方法から挑戦してみてください。コツは、少しずつでよいので、毎日継続することです。

ぜひ、毎日の習慣として、骨盤ストレッチを取り入れてみてくださいね。


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top