生活雑感

面接で必ず聞かれる質問「あなたの強み」には答え方にコツがある!自慢話に聞こえない強みの伝え方と考え方

面接で必ず聞かれる質問「あなたの強み」には答え方にコツがある!自慢話に聞こえない強みの伝え方と考え方

転職面接や就活面接では「あなたの強みはなんですか」とよく聞かれます。
「強み」は、間違った伝え方をすると「自慢話」に聞こえてしまうことがあり、実は要注意な質問なのです。

今回は、しっかりと強みを伝えつつ、自慢話に聞こえない伝え方についてお話しします。
転職の経験と採用担当の立場の経験から執筆しています。

「強み」を「自慢話」にしないコツ

「強み」を「自慢話」にしないコツ

転職面接や就活面接で、自分の強みを積極的にアピールできる人は自分に自信がある人でしょう。

しかし、会社組織では自信過剰な人は避けられるかもしれません。
会社組織では、自信と協調性のバランスが大切になります。

面接で「強み」について話をするときには、自分中心の強みを話さないようにしましょう。

自分中心の強みは、自慢話にしか聞こえません。
面接や会社組織で通用する「強み」は、協調性を感じさせるものである必要があります。

例えば、「私の強みは語学力です。
ネイティブと対等に会話をすることができるだけでなく、物おじせずに自分の意見を言うことができます」と転職者が言ったとします。

語学力に自信があることはわかりますが、面接担当者の印象はさほどよくはないかもしれません。

根拠を全面に出して伝える

同じ語学力を「強み」として伝えるならば
「私は学生時代にアメリカに3年間留学していました。留学経験の中で培った語学力とコミュニケーション力は自分の強みになると思っています」
と、伝えるといいでしょう。

つまり「これができる」「あれができる」とストレートに伝えるのではなく、強みだと思っている根拠を全面に出して伝えることが自慢話にしないコツなのです。

面接で「強み」について話をするときには、自分中心の強みを話さないようにしましょう。

「小さいことが気になってしまう人」の強みは「慎重さと正確な仕事

自分の強みをみつけられない人に共通していることは「完璧な強み」でないと答えてはいけないと思っていることです。

「転職面接で答える「強み」は、誰にも絶対に負けないくらいのことでなければいけない」と思っているため、小さなことが気になり、どれも強みとして思えません。

「小さなことが気になってしまう人」「自分にも他人にも完璧さを求めてしまう人」

「小さなことが気になってしまう人」「自分にも他人にも完璧さを求めてしまう人」は、そのコンプレックスを「慎重さ」「正確な仕事を求めるハードルの高さ」を強みとしてはいかがでしょうか。

会社は組織のため、一匹狼で大胆な行動ばかりとる人は「危うい人」になってしまいます。
一方、自分の行動に慎重な人は会社に損害を与えるリスクがない人としてみられるのではないでしょうか。

また、正確な仕事や仕事に最後まで責任を持てる人は、どこの会社でも欲しい人材です。
次から次へと新しい刺激を求める若者が多い中で、与えられた仕事に責任を持てることは、大きな強みになるはずです。

「小さなことが気になってしまう人」「自分にも他人にも完璧さを求めてしまう人」

厳しさの矛先

ただ、気をつけたいこともあります。
「強み」をみつけられない人は、自分の評価にとても厳しい一面を持っています。

厳しさの矛先が自分だけならばいいのですが、会社に入ってから同僚や部下に矛先が向いてしまうと「付き合いにくい人」になってしまうかもしれません。

「優柔不断で相手の心を深読みしてしまいがちな人」の強みは「相手の気持ちを理解できること

転職して会社に入ると、即戦力として期待されます。
新入社員とは違い「育ててもらう時間」はなく、入社したその日から同僚は対等な立場としてスタートに立ちます。

気が強くて自分に自信がある人ならば、最初からハッキリと自分の意見を主張できるかもしれません。

しかし、優柔不断な一面があり、相手の気持ちを察する習慣がある人は「まず、嫌われないようにしなくては」「社内の雰囲気を察してから発言しなくては」と思ってしまい、なかなか自分らしさを発揮することができないのです。

「優柔不断で相手の心を深読みしてしまいがちな人」の強みは「相手の気持ちを理解できること

転職者へのイメージ

会社は、転職者に即戦力としての期待を込めて採用はします。
しかし一方で、転職者は社会人経験があり、良くも悪くも「世間慣れ」していることがあるのです。

転職者を受け入れる人達は、世間慣れした人が自分たちの会社に入ってくることで「今までの雰囲気をかき乱されないか」をとても心配しています。

「優柔不断」「相手に寄り添う」

就活面接では「優柔不断」「相手に寄り添う」ということは、活気が足りず、どちらかというとマイナスのイメージを持たれる傾向があるかもしれません。

しかし、転職面接では「相手に寄り添うことができる」「相手の気持ちを理解できる」ということは、どんくさいと受け取られることはなく、むしろ社会人としての貫禄としてプラスに受け取られるものなのです。

「相手の気持ちを理解できる」ということは、転職面接で最強と言っても過言ではない「強み」ではないでしょうか。

「優柔不断で相手の心を深読みしてしまいがちな人」の強みは「相手の気持ちを理解できること

「こだわりが強く人間関係が苦手な人」の強みは「粘り強い努力家」

「こだわりが強く人間関係が苦手な人」は、転職する人で一番多い性格かもしれません。
人間関係に悩みがなく、こだわりもない人は、一度就職した会社で何も不満に思わず働き続けることが多いでしょう。

一方、転職する人は「人間関係に不満がある」「もっとこの仕事を突き詰めたい」など、自分なりの考えを持っている人が多いのです。

こだわりが強いということは上昇志向が強い

「こだわりが強い」というと、頑固でわがままと誤解されることがありますが、「こだわり」とは自分のポリシーであり、こだわりが強いということは上昇志向が強いということでもあるのかもしれません。

上昇志向が強いからこそ、現状維持で満足することができず、転職を考え始めるのです。
こだわりを貫くためには、人一倍の努力が必要です。
「こだわりを貫くためには粘り強い努力ができる」ということは、特別な「強み」になります。

ただ、会社は組織です。
自分のこだわりを同僚に求め始めてしまうと、人間関係にトラブルが生じるかもしれません。
「こだわり」は自分の強みとして大切にしつつ、会社では組織を意識して「こだわりポイント」を絞ることも大切にしましょう。

「こだわり」は自分の強みとして大切にしつつ、会社では組織を意識して「こだわりポイント」を絞ることも大切にしましょう。

自分の「強み」に気がつくと、自分に自信を持てるようになります。

「強み」には正解がありません。
自分で「強み」と思えば、それは「強み」にな”るのです。

自分の弱点ばかりを意識するのではなく、弱点だと思っていたことを「強み」に置き換えることで、自分に自信を持って転職活動を進めていきましょう。

「こだわりが強く人間関係が苦手な人」の強みは「粘り強い努力家」


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top