生活雑感

転職で内定を勝ち取った人がやっていたことはこれ!今すぐ真似できる「言われてみると簡単」な技

【一般転職】内定を勝ち取った人がやっていたことはこれ!今すぐ真似できる「言われてみると簡単」な技

転職活動や就活で内定を取れる人は、1社だけではなくいくつかの会社から内定をもらっているものです。
つまり、内定を取れる人にはどの会社からも「この人は魅力がある」と思わせる何かがあるのではないでしょうか。

今回は、内定を複数社から勝ち取った人たちの実際の体験談もとに「これが内定をとったポイントだ」と思えることを挙げてお話しします。
今すぐできることばかりなので、ぜひ真似してみてください。

内定をとったポイント

内定をもらった人は、写真をうまく利用している

エントリーシートや職務経歴書には、今までの自分の経歴を採用担当者に伝えるために作成する書類です。
ほとんどの人は、市販されている対策本を参考にして作成するでしょう。

対策本の通りのエントリーシート

対策本に書かれているエントリーシートや職務経歴書はとても一般的であり、優等生な印象を与えるように作られています。
対策本の通りに作成すれば失敗はありませんが、その他大勢のエントリーシートや職務経歴書に交じり、存在感のない書類になるでしょう。

「読む書類」よりも「みる書類」

現代は「読む書類」よりも「みる書類」のほうが強いインパクトを与えます。
ラインやメールよりもインスタのほうに力を入れている人も多いのではないでしょうか。

採用担当者は、たくさんの書類を見なければなりません。
就活の場合は、1枚当たり数秒程度しか見てもらえない可能性もあるのです。

就活の場合は「エントリーシート」、転職活動の場合は「職務経歴書」に写真を多用

スナップ写真でアピール

転職の場合は、就活生よりはじっくりと読んでもらえる可能性はありますが、模範解答のような文章をいくら長く書いたとしても、採用担当者の心にはなにも残らないでしょう。
読む書類ではなく、みる書類を作るときには、多少カジュアルな印象を与えたとしてもスナップ写真をたくさん使ってます。

アルバイト経験をアピールしたいならば、アルバイト中に仲間と撮影した写真や働いている姿が写っている写真をコラージュして貼るといいでしょう。
スナップ写真は、直線にきれいに並べる必要はありません。
自分らしさをアピールできるように、そして短時間でインパクトを与えることができるようにデザインを考えてコラージュしてみるのです。

エントリーシートや職務経歴書の書式が決まっていたり、自由に加工することが難しい場合は、別紙でプレゼンテーション用シートを作ってもいいのではないでしょうか。

短時間で言いたいことが伝えられる書類作り

書類選考は、突破しなければ面接に進めません。
どんなに魅力的な人でも決められた書式に決められた内容だけを書いたのでは、魅力は伝わらないかもしれないのです。
自分の魅力をしっかりと伝えていくためにも「短時間で言いたいことが伝えられる書類作り」を真似してみましょう。

就活の場合は「エントリーシート」、転職活動の場合は「職務経歴書」に写真を多用

内定をもらった人は「一人反省会」している

面接が終わるとどっと疲れが出て、一刻も早く帰宅したくなるものです。
しかし内定をたくさんもらっている人は、面接直後に帰宅してはいません。

記憶が新しいうちに記録を残す

面接が終わったら、できるだけ会社に近い喫茶店やコーヒショップに入り、面接で聞かれた質問や面接担当者の表情、自分が答えた内容を一気にノートに書き出すのです。
記憶は時間と共に消えていきます。
帰宅してから思い出してノートに書くことと、面接直後に片っ端からノートに書くこととでは、ボリュームに大きな差が出てくるはずです。

ノートに書き出すことは、なんでもいいのです。
「面接担当者が入室してきたとき、自分の靴に視線がいった」「面接中にすすめられる前にコーヒーを飲んでしまった」など、些細なことでも書いてみます。

「一人反省会」開始

そして、全部かき出したら「一人反省会」を開始します。

「面接担当者が入室してきたとき、自分の靴に視線がいった」ということは、靴に違和感があったからではないでしょうか。
靴を磨かずに面接に来てしまった場合は、靴の汚れが気になったのかもしれません。

汚れた靴は、その人のだらしなさがあらわれるものです。
靴は汚れやすいものだからこそ、面接前はしっかりと磨く必要があります。
自宅を出る前に靴を磨くことは当たり前ですが、出先でも靴が磨けるように携帯できるシートをもっておくと便利です。

「面接中にすすめられる前にコーヒーを飲んでしまった」ということは、落ち着きが足りなかったのかもしれません。
または、面接担当者がコーヒーをすすめることを忘れてしまっていた可能性もありません。

一人反省会では、最初から「自分がいけない」と決めつけず、面接担当者を評価してみてもいいでしょう。

面接が終わったら「一人反省会」をやっていた人多し!

一人反省会を続けていくと、自分の弱みがわかってくる

一人反省会を続けていくと、自分の弱みがわかってくるようです。
グループ面接では気になることが少ないのに、個人面接になると反省点が続出する人は自己分析が不十分なのかもしれません。

もっと自分を掘り下げてみることで、突っ込んだ質問をされても物おじせずに答えられるようになるでしょう。
一人反省会は、反省して終わってはいけません。

反省したら、反省点を次回の面接にいかせるように対策を練ることが大切です。

内定をもらった人の就活中のスケジュール帳

転職活動中や就活中はスケジュール調整を頻繁に行います。
そのため、プライベートなスケジュールと転職活動中のスケジュールを同じ手帳に書いてしまうとゴチャゴチャしてしまい、読み取りにくくなってしまうのです。
読み取りにくい手帳をつかっていると、スケジュール管理に間違いを引き起こしてしまいます。

スマートフォンではなく 手帳がいい

また、最近はスケジュールをスマートフォンで一括管理している人も多いのですが、スマートフォンだけで管理することはとても心配です。
なぜならば、スマートフォンは充電不足になるとスケジュールをみることすらできなくなってしまいます。
活動スケジュールはなにもなくてもいつでも見られる「手帳」を活用したほうがいいでしょう。

市販の就活用の手帳を活用

最近は、就活用の手帳が市販されています。
転職者が使っても参考になる内容になっています。

スマートフォンではなく 手帳がいい

小さなことまで

内定を多くもらえている人は「そこまで気を使ったの!」と思うような小さなことまで気を回していました。
ちょっとした違いが大きな違いを生むことに気がつき、油断しない活動を心がけてみましょう。


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top