生活雑感



電話占い依存から抜け出す!!電話占いを脱却する方法

電話占いを脱却する方法と脱却時のNG2点

電話占いで恋人との関係を鑑定してもらい、占い師から伝えられた内容が的中したという経験がある方も多いのではないでしょうか。
占いが当たる事は良いことの様にも思えます。

しかし、当たりすぎてしまい、占い師に鑑定をしてもらわなければ気持ちが不安定になるという人も増えているのです。

電話占いに依存してしまうと、精神面だけではなく金銭面でも余裕が無くなり悪循環に陥る可能性があります。

電話占い依存症から脱却する方法や、実際に依存症から脱却した方の体験談なども見て行きましょう。

電話占い依存症から脱却する方法



最近多い「電話占い依存」ってなに?

近年、急増している「占い依存」
占いが好きな方でも、自覚症状がないケースが多い危険な依存症です。
女性に多い依存症であり、起床時に占いを確認しなければ不安になるという軽度の症状から始まります。

代表的な特徴

占いをしなければ不安になったり、占いが外れた場合を想像して不安になるといった症状が特徴です。
雑誌やアプリの占いが普及している中、占い師と電話を通して会話をしながら占ってもらう「電話占い」は依存症になりやすいといわれています。

  • 電話占いに月数万円という金額を使う
  • 1日に何度も電話をする
  • 数人の占い師に続けて電話をする
  • 借金をしてでも電話占いを利用してしまう

電話占い依存症の場合、雑誌やアプリの占い依存と比較をすると、依存症の症状が深刻化するケースも多い事が特徴。
アルコール依存症などとは異なり、彼氏との関係などプライベートな内容を相談する事で心を開き、信仰・依存しやすくなってしまうのです。

電話占い依存症

お悩みさん

それでも占いをしなければ不安になる場合は、どうすれば良いのかな・・・。

解決さん

電話占い依存症は、症状を順番に解決して行く事が大切。まずは占いに依存している事実を認めよう。

電話占い依存になってしまう2つの原因

電話占いに依存してしまう原因は、主に2つあります。
どちらも「電話」というツールを使用するからこそ起こるものです。

顔を合わせないので悩みを打ち明けやすい

電話占いは、対面式の占い方法と同様に水晶占いやタロットカード、姓名判断など、様々な種類で占ってもらう事ができるのです。

本格的な占いを自宅でできるという点も人気となっています。
これまでの占いは、占い師と1対1で顔を見ながら行う「対面式」が一般的でした。

しかし、顔を合わせると自分の悩みを上手に伝えることができない、プライベートな話をする事が恥ずかしいという方も多かったのです。
電話占いであれば、占い師と顔を合わせることはありません。

自宅で占ってもらえる

自宅など、プライベートな空間に居ながら占い師へ相談ができてしまいます。
そして、自分の希望する本格的な占いをしてもらえるという魅力もあります。

電話占いには15分前後の短時間占いもあるため、出かける前の隙間時間で占ってもらうなど、電話占いが習慣になっている方も居るのです。
もちろん長時間の利用も可能であり、簡単な相談から重い内容まで、24時間対応してくれる占い師も居ます。

お悩みさん「顔が見えないから話しやすいのよね・・・。」
解決さん「メリットにも思えることが、実は依存する原因になっているという事だよ。」

顔を合わせないので悩みを打ち明けやすい

悩みを聞いてもらえる相手として

電話占いは、当然ですが生身の人間である占い師と会話をします。
自分の悩み、プライベートな話など、占う上で必要なため話して行く内に心を開いて行くのです。

電話占いに依存してしまう方の中には、話し相手が欲しくて電話をするという方も居ます。
自分の事を知らない相手であるからこそ、悩みや辛い気持ちを吐き出せるという事もあるでしょう。

始めは些細な理由から

最初は「話し相手が欲しい」という些細な理由から、電話占いに依存するケースが多いのです。
友人が少ない、仕事の事情などで予定が合わないなど、様々な理由で悩みを話せる相手が居ないという女性も少なくはありません。

お金を支払わなければならないものの、寂しさを埋めてくれる占い師へ依存してしまうケースが多いです。

真の恐ろしさが電話占い依存の原因に

電話占いに限らず、占いには心理学のテクニックで相手を安心させる、気分を良くさせるという方法が用いられます。
もちろん、占い師の能力によって本当に当たる場合もあるでしょう。

心理学のテクニックを用いているため、当たっているように思い込む、錯覚するケースが多いといえます。

同じ電話占いをリピートする事によって、深い悩みや感情を伝えて行く事になるでしょう。
リピートするほど、占い師は心理操作が行いやすくなります。

リピートするほど、占い師は心理操作が行いやすくなります。

電話占い依存とラッキーアイテム

さらに、心理操作によって占い依存症になると、洋服やアクセサリーなど、電話占いで伝えられたラッキーアイテムを身に付けなければ外出できない心理状態に陥ります。

占いをしないで外出し、偶然起こった小さなアンラッキーも、「占いをしていればこの様なことにはならなかった」と考えてしまうのです。

お悩みさん

占い師の能力ではないっていう事?!

解決さん

そうとも言い切れないけれど・・・心理テクニックを用いているケースは、とっても多いよ。

電話占い依存のしてはいけない2つのNGなこと

電話占いによって経済的に困窮してしまい生活苦になっている、精神的に不安定になっているという場合、電話占いから脱却しなければなりません。
脱却する前に、確認をしておくべき2つのNG行動があります。

クレジットカード明細を確認しない

電話占いは、主にクレジットカードで支払いをします。
クレジットカードはweb明細などが普及し、毎月の利用金額を確認しないのはNGです。

毎月、電話占いにいくらのお金を使ったのか、しっかりと認識する必要があるでしょう。
自分の給料以上の金額である場合は、明細を確認した瞬間に電話占い依存症から脱却できるケースもあります。

電話占いを行うとしても、毎月使用する金額の上限を決めて利用する事が大切です。

クレジットカード明細を確認しない

携帯依存も脱却する

スマートフォンで楽しむSNSなどが好きな方は、電話占いにも依存しやすい傾向があります。
電話で占ってもらえなければ、自分では何も決めることができない状態となるのです。

着て行く洋服など、些細な迷いが生じた時にスマートフォンを手に取ることは止めましょう。

電話占いで決めることが「癖」になっている状態です。
日ごろからスマートフォンを操作する癖を無くし、電話占い以外にもSNSを見るなどといった癖も改善します。

お悩みさん

いくら使っているのか分からなくて、クレジットカードが止められるまで電話占いを続けた事もあるわ

解決さん

脱却するためには、自分の経済状況を把握する事も大切だよ。

電話占い依存を脱却した人の体験談

実際に電話占い依存症になり、見事に脱却できたという女性達の体験談を見て行きましょう。

電話占いに500万円
「約10年電話占いに依存し、およそ500万円使いました。

500万円のうち、50万円はカードでリボ払いです。 つまり借金ですね。 その請求が来た時に、我に返りました。

境遇や環境が一般の方とは異なるなど、電話占いにでも頼らなければ耐えられないほどでしたが、後悔しか残っていないです。

クレジットカードでの支払いは、お金を使っているという感覚が麻痺する方法でもあります。
また、クレジットカードのリボ払いは実質借金であるという認識を持つことも、非常に重要なポイントです。

電話占い 大金

電話占いを楽しむようになった
電話占いに1か月で10万円ほど使ってしまいました。
これではいけないと脱却しましたが、やはり電話占い自体は止められません。

でも、占い師を見極めることができるようになりました。
個人的な意見ですが、いつ電話しても電話に出る、長話をする占い師は金儲け主義です。
本当に能力のある占い師は、当たるから忙しく、話も短い。

私は占い師を3人にしぼり、今では適度に電話占いを楽しんでいます。

そもそも、電話占い自体が悪いものではありません。
自分でコントロールができるようになると、脱却成功であるともいえるでしょう。

電話占い依存を脱却した人の体験談

母からの借金で我に返る
10年ほど前から電話占いに依存し、月50万円ほどつぎ込んでいました。
仕事から帰ってすぐに電話占い、寝る前にも電話占いが日課になっていました。

仕事をやめることになり、定期預金を切りくずしてでも電話占いをしていたのです。 ついに母親から150万円の借金をしたところで、我に返りました。

自分の年齢も考えると、コレクトコールを待っている時間、電話占いをしている時間、それらすべての時間が勿体ないと思うようにもなりました。

占い師に対して、友情を期待してしまっていた自分も情けないです。」

お悩みさん

電話占い依存症になって一番困る事は、経済的に追い詰められること。でも占わないと落ち着かないのよね。

解決さん

脱却した方の多くは、高額な金額を使ったことを自覚した瞬間に脱却したみたいだね。

電話占い依存を脱却する方法

電話占いに電話をする事を止めるだけで脱却成功です。
しかし、「電話をしないという行為」ができるのであれば、苦労はしません。

電話占いを脱却するための方法を紹介します。

電話占いを退会

電話占いのサイトを退会し、電話をしたくてもできないという状況を作りましょう。

ポイントが残っていても

ポイントが残っている場合でも、勿体無いと思わずに退会します。
ここで、ポイント消費の為に電話をする事は止めましょう。
追加でポイントを購入してしまい、脱却できなくなります。
それまで沢山のポイントを消費して来た分、残りのポイントなどは使わずに退会しても良いのです。

お金を払わずに相談できる誰かを

電話占いを退会したばかりの段階では、彼氏の相談や日々の些細なことも相談する相手がおらず、不安に感じることもあります。

次は電話占いではなく、お金を支払わなくても悩みを聞いてもらえる別の誰かに相談をしましょう。

見渡してみると、近くに相談できる相手が居る可能性もあります。

お金を払わずに相談できる誰かを

電話の回数を減らす

いきなり電話占いを止めることが難しいという場合は、徐々に電話占いの回数を減らして行きます。

1週間に5回以上電話をしていた方は1回~2回程度に、1週間に2回電話をしていた方は2週間に1回など、電話をする回数を減らしましょう。

それでも占いをしたい場合

徐々に減らして行く中で、本当に電話占いは必要であったかを考えてみてください。
それでも電話占いをしたい場合、回数を減らす努力をしながら利用しましょう。
必要ないと感じた場合、退会してしまえば脱却成功です。

電話占い以外の趣味を探す

電話占いではなく、別の趣味を持ちましょう。
買い物、映画、グルメ、旅行、スポーツなど、大人になってからでも新しく始められる、楽しめる趣味は沢山あります。

特に身体を動かす趣味であれば、趣味を楽しんだ後は疲れており、電話をする気力がないという状態を作り出すこともできます。

電話占い以外の趣味を探す

ストレスが発散される

また、身体を動かすことでストレス発散にも繋がるでしょう。
ストレスや不安などが蓄積し、精神が不安定であるために起こる電話占い依存を脱却できる可能性が高いです。

趣味に没頭している間は電話占いの事を忘れるでしょう。
徐々に電話をする回数も減って行き、気付くと数日電話をしていないということもあります。

趣味を持つと仲間もできるから、プライベートな相談もできるようになる点も大きなメリットです。

お悩みさん

引きこもり気味だし、趣味を持てる気がしないわ。

解決さん

まずはテレビや雑誌、インターネットで趣味を探してみて。世の中にはこんな趣味があるの?っていう新しい発見もあるはずだよ。

占いを信じすぎない

自分の事を言い当てられた、アドバイス通りに行動をしたら良いことが起こったなど、占い師を信仰したくなることもあるでしょう。

占い師に対して依存

占いを信じすぎてしまうと、電話占いではなく占い師に対して依存をする事に繋がります。

占いは生活の中心ではない

占い師も人間であり、能力のある占い師でも外すことはあるのです。
占いの結果を全て信じず、占いは生活の中心ではないという事をしっかりと認識しましょう。

占いは生活の中心ではない

電話占い依存の元になる恋愛など終わらせる

彼氏との関係が上手くいかず、電話占いを利用してしまうという女性は非常に多いです。
しかし、電話占いに頼らなければ上手くいかない恋愛など、良い恋愛ではないでしょう。

占いが必要な恋愛ってどうなの?

そもそも彼氏が運命の相手なのであれば、何度も上手くいかないという状況にはなりません。
運命の相手であったとしたら、電話占いを利用せずに解決できるはずです。

何度でも恋愛はできる

恋愛は楽しいことばかりではなく、辛いことも沢山あります。
これは、年齢を重ね、何度恋愛をしていても慣れる事はありません。

新しい恋を見つけるのも

しかし、電話占いに依存するほど彼氏との関係が上手くいかないのであれば、その恋愛自体を終わりにするという方法もあります。
電話占いに依存しなくても関係を築けるような男性を探しましょう。

電話占いに依存しなくても関係を築けるような男性を探しましょう。

専門家に相談する

趣味が見つからない、電話占いが趣味であるという方は、電話占い師に「電話占い依存症である」という事を相談してみましょう。

お金儲けのことだけを考えている占い師であれば、我に返してくれるような反応をするかもしれません。

心療内科などでカウンセラーに相談してみても

また、依存症であるという自覚がある場合、心療内科などでカウンセラーに相談してみることもおすすめです。

心療内科は医療機関であるため、薬も処方してくれます。
電話占いをしなければ不安になるという方は、薬の効果によって電話占いに依存する気持ちも薄れて行き、電話占いから脱却する可能性に期待ができます。

お悩みさん

心療内科にいくのはハードルが高いなぁ。

解決さん

電話占いに使うお金や、依存症を脱却できる可能性を考えると、全然ハードルが高い行動ではないよ。

  • 電話占いを退会
  • 電話の回数を減らす
  • 電話占い以外の趣味を探す
  • 占いを信じすぎない
  • 占わなければいけない恋愛など終わらせる
  • 専門家に相談する

自分が実行できると感じる方法から試してみると良いでしょう
  • 電話占いを利用しなければ精神が不安定になるのであれば
    「電話の回数を減らす」「専門家に相談する」などが有効です。
  • 電話占いを疑う気持ちがある場合は、
    「電話占いを退会」「占いを信じすぎない」を実行します。
  • 同時に恋愛の悩みを抱えている場合、
    「占わなければいけない恋愛など終わらせる」を実行する事も検討しましょう。

電話占い依存にならない程度に楽しむならOK

電話占いは、スマートフォンの普及により急速に人気を集めました。
同時に依存症になる方も増え、症状は軽度から重度まで様々です。

電話占い依存症になった場合、最も重要になる部分はお金の問題
依存症を脱却した後も尾を引くためです。

テレビの星座占いや雑誌に掲載されている占いなど、占いは本来気軽に楽しむためのものです。

電話占いも、気に入った占い師1人だけ、数週間に1回など軽い気持ちで利用しましょう。




生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top