生活雑感

今年もインフルエンザには要注意!自宅でできる対策や予防法とは?

【健康】今年もインフルエンザには要注意!自宅でできる対策や予防法とは?

毎年子どもから大人まで多くの方に猛威を振るうインフルエンザは感染力も強く、学級閉鎖の原因にもなっています。

特に小さい子供は免疫力も抵抗力も弱いため、感染するとまれに重篤な症状を引き起こしてしまうこともあり非常に危険です。

ですから、自宅でもインフルエンザを予防するための対策をとっていきたいですよね。

今回はインフルエンザについて詳しくまとめ、さらにインフルエンザを防ぐ予防法について調べてみました。

インフルエンザってどんなもの?

インフルエンザはインフルエンザウィルスが感染することで起こる症状で、A、B、Cの3種類があります。この中で、人が感染するのはAとBの2種類です。

特徴

非常に感染力が強いのがその特徴で、毎年12月~3月の間に多くの方が感染してしまいます。

症状

インフルエンザに感染すると、38度以上の高熱と全体の倦怠感、筋肉痛や関節痛、頭痛などを引き起こします。

風邪との違い

風邪の場合は咳やくしゃみ、鼻水などの症状から発熱することがありますが、インフルエンザはいきなり高い高熱が出てしまうのもその特徴です。

しかし、近年は、風邪の症状と思っていたらインフルエンザだった場合もあり、その結果気づかぬうちに感染を広めてしまっていたということもありますので注意が必要です。

インフルエンザについて詳しくまとめ、さらにインフルエンザを防ぐ予防法

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路は、主に飛沫感染と接触感染の2種類です。

飛沫感染

飛沫感染は感染者が咳やくしゃみをした場合、つばなどの飛沫と一緒にウィルスが飛びそれを吸い込んでしまい感染します。

接触感染

接触感染は感染者が咳やくしゃみをした際に手で押さえ、その手でつり革やドアノブなどを触り、それを別の人が触って、その手で口を触ることでウィルスが感染してしまいます。

インフルエンザの予防接種も受けてみよう

インフルエンザの予防接種は、完全にインフルエンザの感染を抑えることができるものではありません。

ワクチンを接種する意味

しかし、ワクチンを接種することで感染後、潜伏期間ののちに発病を一定程度抑える効果が認められています。

重症化を防ぐ

さらにインフルエンザの予防接種を打つことで、症状の重症化を防ぎ、奇特な状態になるリスクを下げることもできます。

年齢

13歳以上は1回、13歳未満は2回行います。

予防接種の時期

12月~3月ごろに感染が拡大しやすく、予防接種は摂取後2週間から4か月間効果が持続するため、できれば11月上旬には予防接種を行って抗体を作っておくことが望ましいでしょう。
インフルエンザの予防接種も受けてみよう

インフルエンザを防ぐために自宅でできることは?

1.手洗い・うがいの徹底

外からウィルスを持ち込まない、体に取り入れないために家に帰ったら必ず手洗い・うがいは行いましょう。

ウィルスは石鹸に弱いので、石鹸を良く泡立て、手の細かい部分も丁寧に洗うようにします。

また調理前や、食事前もこまめに手を洗うことで、ウィルスの感染を防いでいくことができます。

手洗い・うがいの徹底

2.日々の健康管理

日々の免疫力低下もインフルエンザにかかりやすい原因の一つです。

寝不足や偏った食事などが多い方はとくに免疫力が下がりやすいため注意が必要です。

インフルエンザが流行る時期は特に十分な睡眠をとり、食事もバランスの取れた物を心がけて栄養をしっかり取っていきましょう。

3.部屋の湿度を上げる

冬場は特に空気も乾燥しやすく、さらにエアコンを使うとますます湿度は失われて行ってしまいます。

空気が乾燥していると飛沫は水分が飛んで軽くなり、さらにあちこちに飛びやすくなってしまいます。

また、空気が乾燥することでのどや鼻の粘膜も抵抗力が弱まってウィルスに感染しやすくなってしまいます。

インフルエンザの予防のためにも、加湿器を使用して湿度をコントロールしたり、エアコンを使っていてもマメに換気を行って湿度を高めるようにしましょう。

部屋の湿度を上げる

4.玄関でウィルスをおとす

ウィルスは、外出時に体に入り込んでいなくても手や洋服についていることもあります。

そのまま部屋の中に入ってしまうと家の中にウィルスも侵入し、さらなる感染を広がてしまう恐れがあるため、一度玄関で体についたウィルスを落としていきましょう。

衣類用ブラシやアルコール消毒液を使って簡単に衣類をさっと消毒するだけでも高い効果が期待できます。

5.インフルエンザの感染ピーク時には人込みを避ける

どれだけ対策を行っていても、あまりにも人がたくさんいてはどうしても飛沫感染は防ぐことができません。

特にお年寄りや小さな子供がいる家庭では、感染力が高い時期には無理をせず、人込みを避けて過ごすこともおすすめです。

感染ピーク時には人込みを避ける

 


生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top