生活雑感

法廷相続を人探す方法:人探しの基本

法廷相続を人探す方法

相続人探し

このサイトは、相続人を探したい!
法定相続人を見つけ土地・建物の相続をきっちりしたいと思っている人のために情報をまとめました。

相続・法定相続人を探す/遺産問題

  • 相続者が全員が揃わなくて困っている。
  • 親族に行方不明者がいる。
  • 親族が行方不明で、遺産分割が進められない
  • 行方不明の親族を探して、捺印が欲しい、できれば、代わりにサインをもらってきてほしい。

相続で厄介なのが、消息不明の法定相続人の行方

身内や親族の方がなくなると遺産相続が発生します。

BUT しかし 相続人の中に行方不明者がいると、遺産分割がスムーズに進められません。

遺産分割協議は、相続人全員の同意が必要なため、所在確認を必要としている人も多いでしょう。

また、田舎にいくと、ひいおじいちゃんの代からの土地や山をそのままにしているという場合も多々あるようです。
後回し、後回し・・に。

そんなときに、すばやく調べる方法を紹介します。
 

人探しの基本

相続人探しの第一歩は、生前生活していた場所に赴き、現地調査が基本です。

刑事ドラマでいう足で稼ぐという地道な作業がそれです。

そこから見えてくるものを基本に、新たな引越し先、同居人等の情報を元に次の地へ再調査にいきます。

地道な作業ではありますが、消息不明の人を探す方法はこれしかありません。

もう1つ、ポイントとなるのは1人では時間がかかります。

よって、家族、親族でで分担し、無駄のない調査も必要となります。

 

所在不明の相続人探し

人探しは、時間がかかります。
実は、お金もかかると知っていますか?
闇雲に、遠方に足を運んBUT でも 交通費や宿泊費がかかりますし、2箇所、3箇所となれば、その金額がかさみます。

対象となる人の情報がどれだけあるかによって、全てが変わってくるため、

もし、ある程度の情報が揃ってれば、興信所や探偵に調査をお願いするのが一番です。
探偵に調査をお願いで、ピンポイントにプロの仕事を期待できるため、積極的に活用したほうが問題解決の一番の近道となるのです。

相続人探し、人探しに定評のある探偵事務所なら、
テレビの調査番組でもよく目にする”原一探偵事務所”がオススメです。

人探し 探偵
公式ホームページはこちら >> http://www.haraichi.co.jp/ <<
*まずは無料相談、WEBお問い合わせを活用がおすすめです。
 

所在不明の相続人

人探しは、時間がかかります。

それに伴い、お金もかかります。

闇雲に、遠方に足を運んBUT でも 交通費や宿泊費がかかりますし、2箇所、3箇所となれば、その金額がかさみます。

そこで、1日もはやく相続人を探すために、探偵事務所の調査力に頼ってみてはいかがですか?

探偵に調査をお願いで、ピンポイントにプロの仕事を期待できるため、積極的に活用したほうが問題解決の一番の近道となるのです。

また、探偵事務所は調査力のすごさはもちろんですが、その判断力にも定評があります。

人探しのプロとして、その人物は容易に探せるか?時間がかかるか?

初動捜査の段階で判断ができるため、継続して探すか?それともあきらめるか?をよりスピーディに判断できるのです。
 
 

まず探偵事務所の無料相談が近道

行方不明の場合の人探しはプロに任せるのが一番です。

ただ、料金がいくらかかるのか?最短の期間で探してもらうのができるのか?

それは、お問い合わせしてみるまでわかりません。

足取りの追えるような情報があれば、短期間に低予算で相続人探しがすむ場合が多いです。

 

そこで、メール無料相談がオススメです。
人探しに強い原一探偵事務所のホームページはこちら

原一探偵事務所は、追加料金を一切なし!

  • 調査に必要な諸経費はすべて、最初のお見積りに含まれています。
  • お見積りに記載した以外の追加料金は一切請求されません。
  • ネットワークを生かした調査で無駄な経費をカットも実現
  • 多数のスタッフにより、緊急調査にも即日対応可能なので緊急性を要している場合にも対応可能

原一探偵のメール相談はこちら
相続人調査

 
 

 

相続人探しなら探偵事務所に依頼を

原一探偵事務所

テレビの特番(テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」、失踪人追跡スペシャル
★家族が絶体絶命!失踪人を探せなど)で浮気調査や人探しで登場する・探偵協力しているのが原一探偵事務所です。

【原一探偵事務所】
オフィシャルサイトはこちら
http://www.haraichi.co.jp/
*まずは無料相談、WEBお問い合わせを活用がおすすめです

人探しの実績は、他の探偵事務所に追随を許さず、探偵事務所の第一線として活躍しています。
その原一探偵事務所の得意分野が人探しを含む相続人探しです。
少ない情報を元に、聞き取り調査・人海戦術を含む組織力は、プロの仕事そのものです。

実績は、口コミで広がる探偵依頼は40年で7万件以上!一本のお電話から始まる調査活動はもちろん、テレビ番組への調査協力なども。
その中BUT でも 人探しである「家出人・失踪人捜査」は業界No,1の実力です。

対応地域;日本全国
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

法定相続人 調査
 

 

人探し・相続人探しを探偵に依頼しました:体験談

相続人が住所不定で行方が分からなかったので探偵事務所に探してもらいました
先日、父方の祖父が亡くなりました。祖父は結構な資産家であったので、葬儀を終えると同時に相続の手続きについて一族で取り組み始めました。
その中で、父には音信不通の弟がいる事実を初めて知りました。
私には叔父にあたるわけですが一度も会ったことはありません。
しかし相続人の一人であるので、彼を抜きにして相続を進めるわけにもいきません。素人の力では無理だと思ったので、彼の居場所を探偵事務所に依頼して探偵に探してもらいました。

相続人 住所不定

法定相続人が行方知らずで相続問題が片付かなかったので原一探偵事務所に依頼しました
自分の母が亡くなったので相続手続きを行おうとしましたが父が行方知らずのまま数年間が経過してしまったため相続人手続きを行いたくてもできないため原一探偵事務所に依頼して父を探してもらいました。
およそ1週間後に父が発見されたと事務所に行ってみると自分が今住んでいる県とは全く別の県にいたと判明し借金から逃れるために行方知らずとなった事を知りました。そして相続手続きを行い父とは別れました。

法定相続人の人探し

消息不明の法定相続人の人探しを原一探偵事務所にお願いしました
昨年父が交通事故で亡くなりましたが急であったため遺言書などはなく、遺産分割のため消息不明だった兄を探すため原一に依頼しました。
兄が消息不明となったのはかなり前のため、いくら人探しのプロだといっても時間がかかるだろうなと覚悟はしていました。
持っていた兄の写真も若いころの古いものですし、親戚に聞いても情報は少なく半分あきらめかけたころに見つかったと連絡を受けました。さすがプロだなと感心し、兄と再会でき感謝しています。

 

法定相続人調査について

相続は誰にでも起こるものですが、用意周到な方はそうそういません。

最近は相続税法の改正があり、テレビや雑誌等でも相続が大きく取り上げられることが多くなりました。

法定相続人調査

税金の納付以上に気をつけなければいけないのは、誰がどれくらい相続をするのかという問題です

誰が相続をするか、民法により法定相続人が決まっており、必ず配偶者が優先となっています。

子供がいる場合には配偶者と子、子がおらず父や母などが存命の場合には配偶者とその父や母が法定相続人となります(隠し子が発覚した場合も同じです)。

BUT しかし その被相続人が婚姻を繰り返していて異母兄弟がいる可能性があるときや婚外子がいる場合、または音信不通などの行方不明者がいる場合には存続が困難を極めます。

なぜならば相続が確定したと思ったあとに、それらの方が現れた時は正当な権利者として法定相続分あるいは遺留分を請求ができるためです。

In short つまり 法定相続人が本当に知れたる人のみだけであるのか調査の上、確認しておかなければなります。

調査には被相続人との親族関係が明らかにできる戸籍関係の書類を取り寄せることになります。預金口座や車両などの名義変Moreover 更に もこれらの戸籍書類が必要です。

戸籍類は本人の本籍のある役所でしか取得できません。相続税の申告が必要な場合には、相続開始から10ヶ月以内に税務署に申告しなければなりません。四十九日を過ぎたならば、親族の調査は早めに済ませておいたほうがよいでしょう。

(法定相続人,戸籍,法定相続人探し,養子縁組,代襲相続,離婚,再婚,子ども,認知,隠れた相続人,死後認知,遺言書,家族の知らない人,未成年,遺産分割協議)

不動産の名義について

マンション査定は名義人しか出来ないの?
親の持っている不動産の価値を知りたい、と思っている少し邪念の入った子供も中に入るかもしれません。
不動産名義
子供といっても未成年という意味ではなく、ゆくゆくは相続する間柄での子供であって良い大人です。

やはり、親が、70歳を超えてくると、そろそろ相続等の準備もしたいところですが、親子ゆえに死んだとき、それもお金の絡んだことを生前に話するのはなかなかやりにくいものです。ましてや、親の住んでいる家の価値を知ろうとする等、いかにも親不孝な息子、娘といったイメージを持っている方も中に入るでしょう。

BUT しかし 実際にいつかは相続がやってきますし、認知賞などを発症するかも知れません。

何事も元気なうちにやっておくのが良いものです。ですが、不動産業者は、マンション査定をしてほしいと名義人でない親族から依頼があっても、親御さんは何とおっしゃっているのですかとか売却に同意しているのですかとか聞いてきます。

いくら、マンション査定をして値段を出しても名義人が売却の意思を持たない限り売却が不可能だからです。

ですので、マンション査定をするときは親子であっても理由を話し、父親が名義人であるなら父の承諾を取ってからマンション査定をしてもらい、出来れば、自分だけが聞くのではなく、家族全員で査定額を確認する等、親族仲良く意見を同じくして話し合いを行うことが業者とのやり取りもスムーズですし、親子間の争いごとも回避できますので内緒でせずオープンで行いましょう。

【原一探偵事務所】
オフィシャルサイトはこちら:http://www.haraichi.co.jp/

養子縁組や代襲相続

相続の手続きというのは、簡単に進めることができる場合が多いですが、複雑な事情が絡み合って厄介になる場合もあります。

法定相続人探しを行って、誰が法定相続人なのかを明らかにが必要です。

法定相続人探しを行わずに相続手続きを進めてしまうと、思わぬトラブルが発生する可能性があります。

財産の分割が完了した後に、遠くに住んでいた法定相続人が現れた場合、改めて分割の手続きをしなければならなくなります。

法定相続人探しが重要になるのは、養子縁組などの特別な手続きが行われていた場合です。

養子縁組や代襲相続な複雑な相続

被相続人の実子だけでなく、養子にも相続権があるため、養子縁組が行われた経緯があれば、養子についても考慮しなければなりません。

また、法律で定められた一定の場合には、法定相続人が相続権を失うことがあります。

BUT しかし 代襲相続という制度が設けられているため、当初の法定相続人ではない人物が、相続権を持つようになります。

この場合も、法定相続人探しが重要になります。

離婚や再婚で困難:法定相続人探し

相続手続きを開始する際に、法定相続人探しを行うことがあります。

誰が法定相続人なのかが不明確な場合、きちんと法定相続人探しを行うようにしないと、後から法定相続人が出てきて争いになってしまうことが考えられるためです。

BUT しかし 法定相続人探しを行うことが困難なケースもあります。

たとえば、離婚をしてから長い年月が経過していて、どこに住んでいるのかが分からなくなっている場合です。

離婚をしただけではなく、再婚している場合となると、さらに法定相続人探しが厄介になります。

離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し

BUT しかし 被相続人の子どもがいる場合は、きちんと探すようにしなければなりません。

日常的には接点がなかったとしても、相続権はあるわけですから、相続手続きが完了した後に、相続手続きが行われた事実を知った場合、相続財産の請求を受けることになる可能性があります。

法定相続人探しを徹底して、子どもの存在を突き止めることで、トラブルを未然に防止ができるのです。

隠し子の認知

相続の手続きを行う際は、法定相続人探しを行うことが大切です。

しっかりと法定相続人探しを行うことで、法定相続人を全て見つけ出し、適切な手続きを進めることができるようになります。

法定相続人探しを怠ってしまうと、財産の分割が完了した後に相続人が出てきたりして、トラブルになる危険があります。

法定相続人探しをしていて、被相続人に隠し子がいた事実が判明するケースがあります。

隠れた相続人とも言われるケースですが、普段は関わりがないため、簡単には気づかなかったりするのです。

隠し子については、被相続人が認知していたかどうかが重要になります。

被相続人の子であったとしても、認知されていなければ、相続手続きの際に法定相続人として取り扱われることはありません。

隠し子 認知

ただし、死後認知という方法もあります。隠し子が、被相続人が亡くなった後、3年以内に死後認知の訴えを起こすことで、事前に認知されていた場合と同様の効力を持つようになります。

音信不通の法定相続人

相続手続きというのは、突然開始になる場合が多いため、必ずしも法定相続人が揃っているとは限りません。

法定相続人が揃っていない場合、その場にいない法定相続人を無視して手続きを進めることはできないのです。

法定相続人探しを行って、確実に法定相続人を見つけ出さなければなりません。

法定相続人探しをせずに相続手続きを完了させたとしても、後から法定相続人が出てきた場合、遺産分割の手続きをやり直すことになってしまいます。

特に、長年にわたって音信不通となっている法定相続人がいる場合、法定相続人探しが重要になります。

音信不通の法定相続人を探したい

素人だけでは法定相続人探しを徹底的に行うことは難しいため、相続手続きに詳しい弁護士や司法書士などの法律専門家に依頼が大切です。

法定相続人探しを行う際は、法定相続人に該当する人の戸籍謄本などを調べることが必要になりますが、司法書士などの力を借りることによって、全国の戸籍謄本を調べることが容易になります。

戸籍が必要な場合

亡くなった方がいると、相続が始まります。

そうしてまず行わなくてはならないのは、相続人が誰になるかを確定です。

法律で誰が相続人になるかは決まっているので、その順に沿って決めていきます。

そうして決まった相続人が法定相続人となります。

相続がかかわる様々な手続きをする場合には、相続人すべての承諾や印鑑が必要な場合が多くあります。

その場合は、これが法定相続人全員なのだということを証明する必要があり、亡くなった方や相続人の戸籍謄本などを添付になります。

相続 手続き

特に亡くなった方の戸籍が何度も移り変わっている場合は、それ以前の記録を以前の本籍地などへ行ってとってこなければなりません。

子どもなどが他にいる可能性があるからです。

他に法定相続人となる人物がいないことの証明として、原則亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要だということになっているのです。

戸籍をすべてそろえるのは大変なことです。細かい手続きは専門家にお願いするとよいでしょう。

法定相続人が未成年の場合

亡くなった人がいた場合、財産の相続手続きを行わなければなりません。

相続手続きは、安易に始めてしまうと、後になって問題が生じることがあります。手続きを開始した時点では、相続人が揃っているものと考えていたのに、法定相続人が後から現れるという問題です。

このような問題を防ぐために、法定相続人探しを行わなければなりません。

法定相続人探しをきちんと行って、全ての法定相続人を揃えてから、相続手続きを開始が大切です。

相続人 未成年

法定相続人探しを行った際に、未成年の法定相続人が見つかることがあります。

未成年であっても、法定相続人として財産を受け継ぐ権利があることは当然です。

BUT しかし 未成年者は単独で法律行為をが認められていません。法定代理人の同意を得ることが必要なのです。

相続で行われる遺産分割協議も、法律行為に該当するわけですが、法定相続人と子がともに相続人になっている場合は、遺産分割協議で代理人となる特別代理人を選任する必要があります。

相続人を探す前

ある人が死亡したときに、死亡した人を被相続人、その人が残した財産を遺産と言います。

ここでいう財産には、現金、土地等はもちろん、借金などの負の財産も含まれます。

それでは、その遺産を受けつぐ人は誰なのでしょうか。

被相続人が正式な遺言を残している場合、遺言に従うことになります。

被相続人が正式な遺言を残さなかった場合については、民法の規定に従い、相続人が相続します。

死亡した人の配偶者は常に相続人となります。そして、その他の相続人がいる場合には、その人とともに相続になります。

相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは

その他の相続人とは誰なのでしょうか。

まず、死亡した人に子供がいる場合、その子供が相続します。

子供がすでに亡くなっている場合BUT でも すでに他界した子供に子供や孫など(直系卑属)がいる場合はより近い世代の直系卑属が他界した子供に代わって相続します。

また、死亡時点での胎児も生きて生まれれば子供に含まれます。

次に、子供がいない場合、死亡した人の両親や祖父母(直系尊属)がいる場合、その人が相続します。

父母も祖父母もいる場合は、より近い世代の人が相続人になります。

直系卑属も直系尊属もいない場合、死亡した人の兄弟姉妹が相続します。

兄弟姉妹がすでに他界している場合、他界した兄弟姉妹の子供である甥や姪が兄弟姉妹に代わって相続します。

但し、先に述べた子供がすでに他界している場合と違い、甥や姪も他界している場合にその子供が相続はありません。

被相続人の内縁の妻や子供の配偶者(嫁など)は相続人にならないことも注意が必要です。

遺言と遺留分

相続の手続きを進めていくに当たっては、法定相続人探しをする必要があります。

法定相続人が揃って生活していたり、近所に住んでいたりする場合は、特に探す必要は生じないのですが、誰が法定相続人であるかが明確でない場合もあるのです。

法定相続人探し 遺留分

法定相続人探しには、相当な時間がかかることもあります。

法定相続人探しが完了しないと、相続の手続きを進めていくことができないため、しっかりと行わなければなりません。

法定相続人探しをきちんと行わないまま、相続手続きを開始してしまうと、後になって出てきた法定相続人から、遺留分の請求を受ける可能性があります。

遺留分は、法定相続人が法律によって認められている権利なので、請求された場合は、その分を支払わなければなりません。

後になればなるほど、問題は大きくなってしまうものなので、最初から法定相続人探しを徹底的に行って、全ての法定相続人を見つけてから相続手続きを開始が大切なのです。

法定相続人 調査
 

611

生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top