生活雑感

ガス給湯器の故障・修理について・故障の原因・耐用年数、ガス給湯器が凍結した時の対応法とは

ガス給湯器

ガス給湯器の基礎知識、また給湯器の選び方・業者紹介など
困ったときのための基礎知識を紹介します。

ガス給湯器の寿命って?

ガス給湯器 ノーリツガス給湯器とは、お風呂やキッチンや洗面所などで使うお湯を沸かす給湯器の事です。

現在では、ほとんどの一般家庭に備え付けられています。ではガス給湯器の寿命(耐用年数)とはどれくらいなのかというと、家族構成による使用頻度などによっても変わってきますが、平均して10~15年程度と言われています。

どのような高性能な機械もいつかは必ず壊れます。夏ならまだ良いですが、冬場にガス給湯器が故障してしまったらお風呂や食器洗いなどに支障をきたします。

なので、定期的なガス給湯器のメンテナンスや交換が必要となってきます。

ではガス給湯器の交換時期の目安となる兆候はというと、お湯の温度が勝手に設定温度より高くなったり低くなったりした時は、給湯器が正常に動作していないサインです。

また、給湯器から異常な音が聞こえてきた場合は、点火機能に異常がある可能性があります。またはリモコンにエラーコードが表示されるなどした場合も、寿命の可能性があります。

ガス給湯器を比較するときには、物件のタイプに合ったものであるのか確認するようにしましょう。

ガス給湯器と言っても、一戸建てに対応したものもあればマンションに対応しているものも存在しています。

住宅に合ったタイプのものを選ぶことは、安全に使用するうえで重要になってきますので、この点の比較を行ったうえで商品を選んでみるとよいでしょう。

また、ガス給湯器の比較ポイントとして、給湯能力についても確認する必要があります。

お風呂に入った時など家庭内で同時にお湯を使った時に、ガス給湯器の機能が落ちてしまうと、使用したいと思っても快適に使うことはできません。

特に、家族と一緒に暮らしている場合には、お風呂と家事を行うタイミングが同時になることも多くなってきますので、同じタイミングで使用したときでも、水量に問題なく使えるように給湯能力についてもチェックを行っておきましょう。

選ぶときには、住宅のタイプに合ったものや給湯能力について確認しておくと安心です。

ガス給湯器と水漏れの原因

給湯器 水漏れ
ガス給湯器での水漏れはよく起こるものです。これは給湯器内部の圧力が高まった時、「加圧防止安全装置」というものが働いて水抜きをしたためです。このような場合は故障の心ガス給湯器 水漏れ配はありません。
 しかしガス給湯器の水漏れは、内部の配管やパッキンなどの部品が劣化によって起こることもあります。しかもこの場合、水漏れによって部品の劣化はさらに加速していきますので、すぐに対処しないと危険です。賃貸の場合でしたら、すぐに大屋さんに連絡し、業者の方に点検してもらいましょう。

 内部の部品が原因で起こる水漏れは「どこか少し調整すれば治る」程度のレベルの問題では済みません。当然部品の交換が必要となってきますが、購入から7~10年経過しているガス給湯器の場合、既に部品の生産が行われていなかったり、その部品を取り寄せるためにかなり高額な修理費が発生する可能性があります。それならば、「買い替えのサイン」だと思って新しい製品を取りつけてもらった方が、はるかにコスト・パフォーマンスは高いです。

ガス給湯器とおすすめメーカーことの特徴

これから寒くなる季節に入り、ガス給湯器メーカーの比較検討を始めた方も多いのではないでしょうか。
上位ベスト4のガス給湯器のメーカーを比較してみると、その特徴をよく理解することが出来るようになります。まず、最も知名度が高く、シェアも順調に広げているのがリンナイとノーリツのガス給湯器です。
ランニングコストが従来の半分以下となっており、家計にも優しいのが魅力でもあります。
設備費用はかかりますが、それでも使い続けることによって元を簡単に取ることが出来るとあって利用者からは高い支持を集めています。
ガス給湯器で知らない人はいないと言われるのがパロマの給湯器です。
年間一万円以上のガス代を節約することが出来る、業界有数の節約型給湯器です。
現在、どのガス給湯器メーカーもエコに力を入れており、できるだけガス代を節約できるような給湯器の開発に余念がありません。
やはりトップクラスはリンナイ・ノーリツに勝るものはないのが現状であります。

値段から考えるガス給湯器の選び方

ガス給湯器 横浜・川崎ス給湯器と一口に言っても値段もさまざまです。これは多くの家電製品と同様に高額であればさまざまな優れた機能があるなど、機種によって違いがあるからです。使用用途や、使用量なども含めてじっくりと考えたいところではあります。なぜならガス給湯器は場合によっては朝から晩まで毎日使用するものです。価格だけを検討して不便な生活をするというは賢い選択とはいえません。

ガス給湯器の値段は安いほうだと6万円前後からあります。さらに高額になるといろいろな追加価値が付随しますが、最近の流れで言うと、ガスの使用量を抑えたエコシステムにどのメーカーも力を注いでいます。エコシステムは便利な機能というよりも、その後のガスの料金に直結するものです。機器の値段は効果でもガス給湯器の一般的な寿命が10年前後といわれているので、結果としてどちらが経済的かというのも含めて検討することが必要になります。長期的に暮らす予定の住居であればこういったエコシステムが備わった機器の方がよりよい選択と言えるでしょう。

ガス給湯器の修理のタイミング

ガス給湯器が故障した場合には、生活に大きな支障があります。家庭ではお湯を使う場面が多くあり、とても不便になります。ガス給湯器が故障してしまった際には業者へ修理を依頼することが必要になります。そして、自分で修理をすることは決して行ってはいけません。事故の元になります。
ガス給湯器の寿命は約10年以上と言われています。購入してから10年を経過した給湯器が故障してしまった場合には買い替えも視野に入れておきましょう。修理代も平均3~5万円ほどで、決して安くはありません。買い替えたほうが得である場合が多いようです。
メーカーの保証期間内である場合には、修理費用はかからないため、すぐに業者に依頼をして点検や修理をしてもらうことができます。しかし、この期間を過ぎてしまうと費用がかかるため、自分でしっかりと確認をする必要があります。
お湯が出なくなってしまったときの他、異音や異臭があったときにも、まずどこに不具合があるかを把握してから修理の依頼をしましょう。

ガス給湯器と修理の費用について

ガス給湯器ですが、使用年数によって費用や修理の仕方が変わります。
1年以内であればメーカーの保証対象で、7年以上は1度は修理対応可能(コントロール基盤等で高額の費用がかかる場合あり)、10年以上であれば、ガス給湯器の耐久年数が10年程度なので買い替えが良く、修理にした場合は部品代が高くつく場合があります。
機器制御用電子コントロール基盤修理代の参考価格目安は給湯器専用は2万円〜・風呂給湯器は3万円〜となっています。
エラー表示のタイプによっては、修理に出さずに自分で調べてみて治す事も可能です。
ガス給湯器の修理の相場は種類によって、多少差はあるもののおおよその相場は3万円〜4万円前後といった所で、別途工事が必要な場合はこの料金に上乗せという形になります。
工事の実施日は基本は受注後2〜3日後で、取り替え工事の場合は3〜4時間程度で取り替え可能(現場の状況によっては多少工事が長引く場合あり)。
アフターメンテナンスとして保証期間を延長する事も可能です。

ガス給湯器と修理の費用

ガス給湯器 仕組み

ガス給湯器とその仕組みとは
ガス給湯器とは、ガスを燃焼させた熱によって水を加熱してお湯へと変える機器のことをいいます。
ガス給湯器は「瞬間式」「貯湯式」の2種類に大別され、これらはガスによって水を加熱する仕組みは共通していますが、構造はそれぞれ異なっています。
瞬間式は瞬間湯沸器とも呼ばれるガス給湯器で、このタイプでは内部の金属製のパイプに継続的に水を流し、そのパイプを内部のガスバーナーで加熱することにより、水をお湯へと変える仕組みとなっています。
これに対し、貯湯式は内部にお湯をためるタンクが搭載されているのが特徴で、このタイプではタンク内に100~300リットルの水を貯蔵することができ、タンクごとガスバーナーで加熱することにより、一定量のお湯を内部へ保つことが可能な仕組みとなっています。
なお、近年ではこれらのタイプのほかに、加熱時に発生した余分な熱を再利用して水を加熱するタイプの製品も登場しており、このタイプの製品では従来のガス給湯器に比べて高い熱効率が実現されています。

ガス給湯器と設置基準とは
ガス給湯器を設置するときには、設置基準が決まっています。
屋外用温水器については、可燃物(不燃材のときも同じ)との離隔距離が機器上方は排気口よりも300mm以上離す必要があります。
また、ガス給湯器の前方は600mm以上離す必要があります。
不燃材では、300mm以上になりますがメンテナンススペースに600mm以上の確保が必要です。
更に600mm以上前方でも排気熱が直接触れる部分で、熱に弱い物(プラスチックなど)や変色しやすいもの(塗装など)には不燃断熱材で保護する必要があります。

ガス給湯器の後ろは、10mm以上離し、側方は150mm以上離さなければなりません。
不燃材の場合は、45mm以上ですがメンテナンススペースに150mm以上のスペースが必用です。
また、下方は150mm以上になります。

もし、給湯器と周囲との離隔距離が設置基準とおりに設置されていないと、不完全燃焼などがもとになって機器排気口から火の粉が出る恐れもあります。
大変危険なので、もし設置基準どおりにされてない場合は点検などを受けて確認した方がよいでしょう。

ガス給湯器 交換方法

ガス給湯器の交換方法について
ガス給湯器もいずれはガタがきます。寿命があるのです。壊れるまで使おうと思われている方が多いようですが、壊れてからでは大変です。お湯が出ないということは、お風呂やシャワーが使えないということです。近くに銭湯があるならいいかもしれませんが、壊れるのは冬場が多いもの。銭湯の往復で凍えてしまいますし、また食器洗いも真冬に冷たい水では大変です。やはり、寿命と言われる7年後くらいには、点検をして交換するのがベストなのです。
ガス給湯器の交換はプロに任せるのが一番です。ガス給湯器交換と入力すると、非常に多くの業者がヒットします。中でも検索上位にあがっているところに依頼をすれば間違いはないでしょう。ただ、先にも述べたように壊れてからでは大変です。今日依頼してすぐに来てもらえるとも限らないからです。ガス給湯器を使い始めてから7年経ったら、素人目には問題なくても、点検をしましょう。それによって交換か修理か、もしくはまだ大丈夫かわかりますよ。

ガス給湯器 交換方法

ガス給湯器 交換と費用

ガス給湯器の交換と費用について
ガス給湯器を設置すると必要なときにお湯がいつでも使えるようになります。
キッチンからお風呂場まで住まいでお湯を使う場所すべてに関連するタイプがあったりと、家庭によっては暮らしていくのに必要不可欠なものです。故障してお湯が沸かせなくなったら生活に支障をきたします。
故障してからでは、遅いので交換する時は早め早めの準備が必要です。
給湯器の交換する場合の費用は取り付けるガス給湯器のタイプや各家庭によって異なります。
戸建に住んでいる場合とマンションの場合では費用が違うのです。また取り付け場所が屋内か屋外でも費用は変わってきます。
ガス給湯器を購入すると、工事費込みの値段となっていることが多いです。
それを踏まえての平均的なガス給湯器交換費用は3万円から15万円代となります。
初期費用が安くてもガス給湯器は使うほど光熱費がかかります。家庭でお湯を使う頻度、取り付け場所を考えて交換すると後々の光熱費が安くなります。

ガス給湯器 価格

ガス給湯器の一般的な価格について
ガス給湯器は、今住んでいる自宅に適合し、ライフスタイルにも合った商品を選んで設置をするのが良いです。
ガス給湯器の一般的な価格は、今の自宅が、一戸建てか集合住宅かで設置箇所が違い、機種も違いますし、家族の人数によって一度に必要なお湯の量が違いますので、それによってガス給湯器の号数が違って来ますので給湯器の価格も違います。
また浴室でお湯をひねって設定の湯量に達するとキッチンにあるリモコンがブザーでお知らせするタイプの物から、キッチンのリモコンの自動スイッチを押すだけで、設定した湯量と温度でお風呂が自動で沸かしてくれ、保温し、また浴槽の湯温が下がった場合は、設定温度まで自動で追い焚きを行うタイプの物まで、給湯の自動調節機能を選ぶ事が出来ますのでそれによっても値段は変わって来ます。
そして給湯器には従来からあるベーシックタイプと、年間のガスや水道料金を大きく削減する事が出来るエコジョーズの2つのタイプがあります。
ガス給湯器を選ぶ際には実際に、住居タイプから、号数、機能、エコ性能を考えて、それに合った価格の商品を購入されると良いです。

ガス給湯器 故障 原因

ガス給湯器の故障とその一般的な原因について
一般的にガス給湯器は、設置して10年くらい経過すると故障が発生しやすいと言われています。

ガス給湯器の故障原因には、寒さによる凍結、お湯にならない、温度が安定しない、煙が出たり臭いがする、異音がするなどがあります。

ガス給湯器の故障の原因は色々ありますが、一般的には給水フィルターが詰まっていることや給水栓が十分に開いていないこと、または水栓金具の不具合などが挙げられます。

フィルターの清掃や水栓金具の修理や交換が必要です。

ガス給湯器のトラブルは壊れるなどの不具合のせいばかりではありません。

特に原因がない単純な接触不良の場合もあります。ガス給湯器の寿命を延ばすためには定期的なお手入れやメンテナンスを行った方がよいでしょう。

しかし、機器周辺がガス臭い場合は、窓や戸を大きく開け、ガス栓を閉め、ガス会社へ大至急電話するといった対応が必要です。

その場合は火気は絶対使用してはいけません。そしてどんな場合でも機器本体に触らないようにしましょう。

ガス給湯器 故障 原因

ガス給湯器 耐用年数

ガス給湯器の耐用年数について
ガス給湯器はお風呂やキッチンなどでお湯を供給するもので、生活の中でも地味な部分ですが、ほぼ毎日必ず必要になるような非常に重要な機器になります。ガス給湯器にも耐用年数というものがあり、長年使用していれば、いつかは必ず交換の必要が生じるものです。さて、ガス給湯器の耐用年数というのはいったいどのくらいなのでしょうか。

一般的にはガス給湯器の耐用年数は10年前後といわれています。この寿命の意味するものはガス給湯器内部の配管などの消耗品の劣化によるものです。日々の使用で、酸化や摩擦が生じ、故障、もしくはお湯の出が悪いといった新品時に比べて機能的に問題が生じるのです。

しかし、耐用年数は使用頻度によるものも大きいです。たとえば、男性の一人暮らしの場合と4人家族の場合を想定すれば使用用途や頻度に大きな違いが生じるのは想像に難しくありません。自炊をせずにシャワーだけ使用するような状況などでも耐用年数が違ってくるでしょう。

ガス給湯器 凍結

ガス給湯器が凍結した時の対応法とは
ガス給湯器が凍結してしまった場合一番良いのは、スイッチをオフにしておいて気温の上昇と共に自然に氷が溶けるのを待つ方法です。スイッチを入れたままにしておくと燃焼する場合があるので、必ずスイッチはオフにします。
すぐにお湯が使いたいときにはスイッチをオフにしておいて給湯栓を少しあけておき、ガスの元栓を閉めてから給湯元栓を開けてみます。すると内部に凍っていない水がある場合流れるため、氷を溶かして早く使えるようになります。
給湯元栓も凍結していて回らない場合には、タオルを給湯元栓に巻いてその上から30度程度のぬるま湯をかけてみます。この時熱いお湯をかけると管が破裂してしまう事があるので注意します。お湯をかけた後は再び凍る事がないよう水気を良く拭いておきます。
気温が低くなる土地や天気予報などで気温が下がって凍結の危険がある場合には、ガス給湯器を凍結させないためあらかじめガス給湯器の給湯元栓のまわりに断熱材などを巻いておく事が大切です。

ガス給湯器 凍結

ガス給湯器 交換工事

ガス給湯器と交換工事の内容
ガス給湯器は毎日の基本的な生活を支える機器で、いざ故障してみるとその重要性に気づき、一日でも早く修理や交換工事をする必要に迫られるでしょう。ガス給湯器の交換工事は場合によっては非常に高額になる場合もあるので、その内容を少しでも把握しておいたほうが賢明かもしれません。

ガス給湯器を交換する場合、基本的な工事内容としては給水やガスの配管の交換と給湯器自体の交換になりますが、そのほかの工事が追加される場合もあります。たとえば、今まで追い焚き機能が無かったものを追い焚き機能つきに変更をするといった場合や、給湯器の大きさなどの違いから設置場所を大幅に変えるといった場合、そしてメーカーや時期の違いから以前の状態と規格が違い、総体的な工事をする必要がある場合などです。このように工事内容が場合によってはプロにしか分からない事柄も含まれることもあるので、ガス給湯器の交換は信頼のおける業者に依頼をしないと、工事費用に大幅な差異が生じる場合もあります。

参考サイト;ガス給湯器センター

290

生活に役立つ情報マガジン:注目美容・健康ワード:口コミ・体験談(膣トレ・ダイエットなど)


生活に役立つ情報マガジン

Return Top