生活雑感

肝斑(かんぱん)とは?肝斑の原因、予防法、改善方法、シミとの違いを紹介します

肝斑(かんぱん)とは?肝斑の原因、予防法、改善方法、シミとの違いを紹介します

それって肝斑かも?!

  • 35歳を超えた当たりからシミが増え始めたと悩む人いませんか?
  • 日光黒子だと考えてレーザー治療を希望したものの、一般的なレーザー治療はできないことが判明してがっかりした人いませんか?
  • 砂糖のとり過ぎで糖化を引き起こし、肌がくすんでしまったのではと悩む人いませんか?

これら3人の症状の原因は、肝斑であることを考える必要があります。

肝斑

特に35歳を超えた女性であれば、
肝斑の確率が高まってきますので、肌に目立つ色素沈着が必ずしも加齢による老化現象や日光黒子の症状、糖化が原因とは判断できないことをよく知っておかなければなりません。

頬の部分を中心にぼやけたような色素沈着があらわれているなら、自宅の場合、肝斑専用のケアを行ったり場合によっては医療機関で診断を受けてみることも大事です。

肝斑は他のシミの症状とは違う部分が目立ちますので、普段の美白ケアでは上手く改善ができないようになっています。

本気で改善を目指すためには、専用の化粧品に切り替える必要もあります。

肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)とは

肝斑とは皮膚の表面にあらわれる色素沈着のことです。

黒ずんだようなシミが頬を中心に広がる症状ですが、一般的なシミが境界線のはっきりとした丸みのある症状に比べると、肝斑は境界線がはっきりとせず、ぼやけたような色素沈着が見られるのが特徴です。

また、一般的なシミは目の周囲から頬全体にかけてまばらに色素沈着があらわれますが、肝斑は目の下の骨の出っ張り部分を中心に、左右対称に症状があらわれることが多くなっています。

しかし、必ずしも左右対称になる訳ではなく、非対称に発症する例も少なくありません。

症状が出る面積はやや広めで、額や口元に色素沈着が出ることも確認されています。

目の周囲にできることは滅多にありません。

できやすい場所のうち1箇所だけに限られたり、複数の場所に同時に症状が出る場合などがあります。

発症しやすいのは30代後半~40代の女性です。

治りにくいシミともいわれており、普通のシミと見分けが難しく、見逃されやすい特徴を持ちます。

肝斑 原因ンバランスが変化しやすい時期になります。

肝斑の原因

肝斑の原因ははっきりとしていませんが、主な原因として女性ホルモンの関係が深いとされています。

理由として、40歳前後の女性で発症しやすいこと、症状が目立つのは50代後半までということもあり、この時期がちょうど更年期に該当するからです。

更年期は閉経を迎える前後それぞれ10年くらいを指す言葉で、ホルモンバランスが変化しやすい時期になります。

閉経の平均が50歳であるため、40歳~60歳の更年期の時期と、肝斑を発症しやすい時期が重なります。

更年期だけでなく、妊娠やピルの服用がきっかけで肝斑の症状が出ることも認められています。

妊娠もピルも女性ホルモンのバランスが変化することから、普段と違ったホルモンバランスの影響で色素沈着を発生しやすくする可能性が濃厚です。

精神的なストレスが引き起こすともされています。

とはいえ、一般的なシミの原因が関係しない訳ではありません。

紫外線ダメージを受けすぎたり、皮膚をこすりすぎるのも症状を悪化させる元になります。

肝斑予防

肝斑の予防法

できてしまった肝斑には、これ以上悪化させない予防法を実践することが重要です。

紫外線の影響を受けやすいため、強い日差しが照りつける時間帯の外出はできるだけ控えたり、短時間で済ませるようにしましょう。

日焼け止めクリームをむらなく塗り、帽子を被る、日傘をさすといった工夫をしてください。

美白化粧品で日常的にケアすることも予防に繋がります。

摩擦を避けるために、洗顔の際には強く皮膚を擦らないようにしましょう。

水分を拭き取る際も同様です。これらはまだ肝斑の症状が出ていない人、改善した人にも有効な予防法です。

ストレスを受けると女性ホルモンのバランスが乱れる原因になりますから、ストレスの原因になっているものをなるべく遠ざけたり、上手く回避する方法を考えましょう。

湯船にゆったりと浸る、のんびりとくつろげる時間を作るのが有効です。

ショッピングや外食を楽しむ、旅行に出かける、定期的な運動をするといった気分転換も取り入れたいところです。

肝斑改善にプレミアムベルエタンセルがおすすめ

基本は医療機関できちんと診断を受けて治療を開始することですが、同時に市販の美白ケア製品を取り入れることで、日頃から肝斑の予防が可能になり、改善に役立てることができます。

おすすめの製品であるプレミアムベルエタンセルとは、医薬部外品に該当する美白化粧品です。

医薬部外品の化粧品には指定の専用成分が配合されているのが特徴です。

プレミアムベルエタンセル

プレミアムベルエタンセルの専用成分として、アルピニア・カツマダイ種子エキスがあります。

ショウガ科の植物の種子から抽出されたエキスで、カルダモニンという成分が色素沈着の原因になるメラニンの活性化を防いでくれます。

また、アミノ酸の一種である、トラネキサム酸も代表的な専用成分です。

肝斑の色素沈着を発症させるメラニンを作る細胞がメラノサイトですが、メラノサイトを活発にするのがプラスミンという物質です。

プラスミンを抑える作用をトラネキサム酸が持ちますので、深い部分から肝斑の症状を予防できる効果が期待できます。

プレミアムベルエタンセル
プレミアムベルエタンセル公式サイトはこちら
http://ambixious-shop.com/

プレミアムベルエタンセルの口コミ

保湿すれば治るわけではありませんでした

夏に海に行って紫外線を浴びて、日焼け止めを塗らないで放置していたら肝斑ができてしまいました。
年齢的に化粧水をして保湿すれば治るとケアしないで置くと改善することなくやや悪化してきました。
プレミアムベルエタンセルのインターネットでの口コミが良かったので早速試してみました。
毎日さぼらずに肝斑にすりこみました、
すると数か月すると徐々に薄くなってきたような感覚がありました。
プレミアムベルエタンセルは顔全体に薄く塗ると肌がワントーン明るくなり肌が綺麗になってきました。

顔色が明るくなりました

最近仕事を変えて、ストレスのせいかか全体がくすんでいます。
肝斑などもあり、明るい顔にしたいと思ってプレミアムベルエタンセルを購入しました。
美白のスキンケアは今までに試したことがあるのですが、そこまで効果を感じませんでした。
しかし、プレミアムベルエタンセルは伸びがよく、お肌になじむ使いやすいクリームです。
毎日使っているうちに、顔色が明るくなっていき、気になっていた肝斑がだんだん薄くなっていくのを実感できました。
口コミの続きはこちら

シミが薄くなってきた感じ

日光黒子や肝斑が加齢とともに増えてきたので、プレミアムベルエタンセルに興味を持ちました。
プレミアムベルエタンセルは継続して肌に塗るだけで、日光黒子や肝斑が改善すると紹介されていたので、実際に購入して使いはじめました。
すると徐々に日光黒子や肝斑の症状が改善してきて、プレミアムベルエタンセルを使う前に比べて、シミが薄くなってきたので本当に嬉しかったです。
ずっと悩んでいたのでプレミアムベルエタンセルには感謝しかないです。

四十代の悩みの1つ肝斑

四十代近くになり、シミや頰の肝斑が肌にちらほら見えるようになりました。
もともと色白な肌のためとても目立ち、老けて見えがちなので悩んだ末にトラネキサム酸の配合されているプレミアムベルエタンセルのホワイトクリームを使うようになりました
。とてもしっとりしていて保湿にもなる上に、3ヶ月ほど続けていたら明らかにシミが薄くなり始めています。
ファンデーションやコンシーラーの厚塗りもしなくて済むようになりました。
これからも続けて様子を見ようと思います。
私の購入したのはコレ

美白効果もあるかも

年齢的なものもあるけれど顔のシミが気になっていたので消す方法はないか探していたところ、通販でプレミアムベルエタンセルという医薬部外品の美白化粧品を見つけました。
口コミの中にはなかなか消えなかったシミが解消できた、色白になれたなどの声が多かったので購入を決めました。
医薬部外品のプレミアムベルエタンセルはトラネキサム酸を含むことで、美白に導く効果があると言われます。
初回限定の980円で試せるところもいいですね。

プレミアムベルエタンセル
プレミアムベルエタンセル公式サイトはこちら
http://ambixious-shop.com/


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top