生活雑感

へその穴が汚い!気になる!妊婦・妊娠中のへその掃除・ケア・へそのゴマの取り方

へその穴が汚い!気になる!妊婦・妊娠中のへその掃除・ケア・へそのゴマの取り方

妊娠中には不安なことがいっぱいです。

妊娠がわかるころにはつわりも始まることもあり、心も体も不安定になっていきます。

やっとつわりが落ち着いてきたと思えば、今度は体がどんどん大きく変化していく時期になりますので、ますます不安なことが増えてきま
す。

妊娠中に不安に思うことやわからないことなどは、その都度解決をしていった方が納得して過ごすことが出来ますので、気になることはどんどん解決していきましょう。

気になることはたくさんありますが、妊娠中期にもなってくるとどんなことが気になるでしょうか。

妊娠中には不安

へその穴が気になる妊娠中期

妊娠中期になると徐々にお腹が出てくるようになり、それに合わせてへそも出てくるようになります。

今までへそは引っ込んでいたというのにへそが出てくれば、このまま治るのだろうかと思うはずです。

しかし出産をすればへそはもとに戻るようになりますので心配する必要はありません。

へその穴ケア

へそのゴマ掃除してもいいの?

へそが出てくることによって、へそのゴマが目立ってきますので、掃除をしなければと気になるようになります。

しかし妊娠中はへその掃除をしてもいいのでしょうか。

あまりお腹の辺りをつつくと赤ちゃんに影響が出るのではないかと心配になってしまいます。

基本的にはへそのゴマは掃除しても問題ありませんが、強く触り過ぎないようにしなくてはなりません。

あまりにも強く触ってしまえば、お腹が痛くなるかもしれませんので、あまり強く力を入れないことです。

へその掃除方法

それではへその掃除の方法ですが、力を入れずにきれいになるでしょうか。

お風呂に入ってすぐに掃除をするのではなく、まずはゴマをお風呂でふやかすようにしましょう。

さらに取りやすくするためには、オリーブオイルを使用します。

オリーブオイルをつけて5分程度してから優しく掃除をするようにしておけば、スムーズに取りやすくうなるでしょう。

へそ周りの妊娠線も気になる

中期になりお腹が出てくると、へそだけではなく、妊娠線も気になるようになってきます。

お腹が一気に大きくなっていきますので、出来ても不思議ではありませんが、出来ない方がいいものでもあるでしょう。

出産後にある程度は薄くなり目立たなくなったとしても、完全に消えるわけではありませんのでできない方がいいからです。

妊娠線が気になる

妊娠線はいつからできる?

妊娠線が出来る時期としては、妊娠後期から出来始める人が多いですが、中には妊娠中期からできる人もいますので、早くから気にしておかなくてはならないでしょう。

ケアを一切せずに気が付いたらできていたということにならないようにしたいですので、早いうちから気にしておかなくてはなりません。

妊娠線ができるメカニズム

それではなぜ妊娠線が出来てしまうのでしょうか。

妊娠線が出来る理由としては、赤ちゃんの成長に合わせてお腹が一気に大きくなる時にお腹の大きさについていくことが出来ずに亀裂が出来るようになっています。

妊娠線メカニズム

亀裂が出来てしまえば見た目は痛そうには見えますが、実際には痛いわけではありません。

しかしかゆみを感じる場合がありますので、掻きすぎて書き壊さないようにしましょう。

出来る場所としては、お腹だけではなく、ふくらはぎや胸など見えにくい部分にもできることがあります。

妊娠線場所

自分では確認しづらい場所ですので気づきにくくはなりますが、お腹だけではなく、見えi部分にも気を配るようにしておきましょう。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線が出来ないようにするためには、妊娠線クリームを塗る方法があります。

妊娠線クリームを塗ることによって、ある程度予防をしていくことが出来ますので、出来そうな場所には塗るようにしておかなくてはなりません。

妊娠中期になったころからは塗り始めておいた方がいいですので、早い時期から塗るようにしましょう。

妊娠線クリームの選び方としては、肌に優しい低刺激のものを選ぶようにしなくてはなりません。

肌が敏感な人は刺激が強ければ荒れてしまうこともありますので、低刺激のものを選んでおくことです。

そして、保湿効果が高いものを選ばなくてはなりません。

保湿がしっかりとできなければ妊娠線が出来やすくなってしまいますので、保湿効果にはこだわる必要があります。

そしてコストパフォーマンスがいいものを選ぶようにしましょう。

高ければいいというものでもなく、あまりにも高いものを選んでしまえば、たっぷりと使うことが出来なくなってしまいます。

たっぷり使えないことによって、結局しっかり保湿が出来ずに妊娠線が出来てしまえば元も子もありません。

値段を気にすることなくたっぷりと使えるものにしておかなければ、せっかく高いものを購入しても意味がなくなりますので、しっかりと塗ることが出来るお手頃価格のものを購入するようにしましょう。

妊娠中に不安なことはすべて解決するようにし、無駄に悩むことがないようにしなくてはなりません。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線クリームならベルタマザークリームがおすすめ

妊娠線に悩む妊娠中の女性は非常に多く、又産後もっとケアをしておけばよかったと感じる女性が多い傾向にあります。

妊娠線は、妊娠中にお腹が大きくなるとともに皮膚が伸びるため、肉割れを起こす現象で、縦に筋が出てくるのが特徴です。

殆ど症状が出ない方もいますが、何本も線が入ってしまうと産後は元に戻らないため、なるべく妊娠中のケアをして、妊娠線が出るのを防ぐことが推奨されています。

妊娠線の症状を防ぎたいと考えている方に人気のコスメにベルタマザークリームがあります。
ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームは、妊娠中の敏感になりがちな肌の女性にも使いやすい処方で、乾燥しやすい妊娠中のお肌をしっとりと保ち、肌を柔らかくすることによって妊娠線を防ぐ効果が期待できます

ベルタマザークリームには妊娠線を防ぐことが期待できる有効成分がふんだんに配合されています。

出来てしまってからでは線を消すことはできませんので、症状が出る前からのケアが効果的です。

毎日使うことによって、肌に潤いを与え、肉割れが起きるのを防ぐことができます。

まだ症状が出ていない方も、これ以上増やしたくないという方もベルタマザークリームで妊娠線ができるのを防いでみてはいかがでしょうか。

■ 人気の妊娠線クリーム BELTA(ベルタマザークリーム)
URL:https://belta-shop.jp/

ベルタマザークリームの口コミ・体験談
ベルタマザークリームで痒みも改善しました

妊娠してからお腹周りが急激に太ってしまったので、妊娠線が出るようになりました。
そこでベルタマザークリームを気になる部分に毎日のようにぬってマッサージをしたところ、少しずつ妊娠線が消えました。
冬は特に肌が乾燥して痒みに悩まされていましたが、ベルタマザークリームを塗ることによって潤いが補給されて痒みが改善されました。
妊娠中は匂いに敏感になりましたが、ベルタマザークリームは匂いがないので安心して使えました。

使ってよかったベルタマザークリーム

妊娠がわかってから三ヶ月が過ぎたあたりに、何気なく下腹を触ったらザラザラしていることに気がつきました。
このまま放置していると、赤ちゃんを産んでも跡が残ってしまうかもと友人に言われ、慌てて雑誌などを読み漁ったところ、ベルタマザークリームのことを知ったのでした。
早速使用してみたのですが、私の肌との相性が良かったようで、すぐにツルツルになっただけでなく、かゆみなども感じなくなったので、今ではもう手放せなくなりました。

ベルタマザークリームで肌が乾燥トラブルも

敏感肌の私にとって肌に塗るものには特に気にしています。
そんな時に敏感肌でも大丈夫だというベルタマザークリームに出会いました。
これは私の肌にとても合っていて肌トラブルになることはありませんでした。
保湿もとてもいい感じになるのでもうこれがなければ私の生活は成り立たないほどです。
これをわすれると肌がかさかさするので手放せないクリームです。
妊娠時にもお世話になったのですが、肌が乾燥しやすいといわれるけど私は乾燥知らずで過ごすことができました。

■ 人気の妊娠線クリーム BELTA(ベルタマザークリーム)
URL:https://belta-shop.jp/


注目美容・ダイエット・女性の悩み:効果や口コミ・体験談


生活に役立つ情報マガジン

Return Top